連載
» 2015年05月14日 17時00分 UPDATE

電子ブックレット/和田憲一郎が語るエネルギーの近未来(10):壮大な夢「CO2フリー水素チェーン構想」、未利用資源と液化水素を組み合わせる

何百年分もの膨大な未利用資源を生かして水素を製造し、大陸間を輸送する、貯蔵して需要先まで運ぶ。燃料電池車(FCV)向けの水素ステーションよりも大きな構想「ビッグピクチャー」を描いている企業がある。どのような構想なのか。どのようにして実現への道を付けるのか。今回、海外で水素を製造し、液化して日本に運び、利用するという「CO2フリー水素チェーン構想」を掲げる企業の担当者に聞いた。

[スマートジャパン]

 ウェブサイトに掲載した特集記事を、印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」に編集しました。会員の皆様に無料でダウンロードしていただけます。

電子ブックレット→壮大な夢「CO2フリー水素チェーン構想」、未利用資源と液化水素を組み合わせる


連載第1回「なぜスマートハウスが必要なのか、独自の開発を続けるプロジェクトから学ぶ」→電子ブックレット
連載第2回「エネルギー不要の技術あり、環境から少しずつ回収して使う」→電子ブックレット
連載第3回「本当に一体化する? 自宅と電気自動車」→電子ブックレット
連載第4回「未来がある『水素』、課題も多い」→電子ブックレット
連載第5回「可搬型エネルギーの時代、電動工具の進化に潮目を見る」→電子ブックレット
連載第6回「なぜ高い水素の設備、現場の努力を生かすには」→電子ブックレット
連載第7回「水素とクルマをつなぐ鍵、『ディスペンサー」の課題は何か』→電子ブックレット
連載第8回「水素を常温の液体に加工、大量輸送問題の解決へ」→電子ブックレット
連載第9回「水素ステーションのコスト低減策、『見えない条件』があった」→電子ブックレット

・電子ブックレットはPDFファイルで作成されています。
・電子ブックレットは無償でのご提供となりますが、アイティメディアIDへの登録が必要となります。登録ユーザーではない場合や、登録済みのプロファイルに一部不足がある場合などは、ダウンロードリンクをクリックすると登録画面へジャンプします。
・電子ブックレット内の記事は、基本的に記事掲載時点の情報で記述されています。そのため一部時制や固有名詞などが現状にそぐわない可能性がございますので、ご了承ください。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.