ニュース
» 2015年11月20日 16時00分 UPDATE

電力供給サービス:東京ガスが小売電気事業者に登録、中国電力・住友商事・リコーもグループ会社で (1/2)

家庭向けの電力市場に新規参入する中で最有力の東京ガスが小売電気事業者の登録審査を通過した。関東を中心に電力と都市ガスのセット販売を2016年4月に開始する予定だ。このほかに中国電力、住友商事、リコーのグループ会社が審査を通過して広域で電力を販売する。

[石田雅也,スマートジャパン]

 電力取引監視等委員会が小売電気事業者の第4回目の登録審査を11月20日に実施して、新たに10社を適格と判断した(図1)。すでに登録が完了した56社を加えて登録事業者数は66社になる。事前登録が不要な電力会社10社を含めると、合計76社が2016年4月から家庭向けに電力を販売することができる。

kouri_touroku1120_sj.jpg 図1 小売電気事業者の審査を通過した10社(2015年11月20日)。出典:電力取引監視等委員会

 審査を通過した10社の中で注目度が高いのは東京ガスである。関東圏を中心に家庭を対象にした電力と都市ガスのセット販売に乗り出すことを表明している。従来の電気料金とガス料金よりも割安に提供する方針で、電気とガスの両方を使う家庭に向けて攻勢をかける。

 東京ガスは首都圏で4カ所のガス火力発電所を運転しているほか、神戸製鋼所が栃木県に建設する発電能力120万kW(キロワット)のガス火力発電所から電力の買い取りを決めて供給力を増強中だ(図2)。さらに東北電力と共同で新会社を設立して、企業向けにも電力とガスの小売事業を展開していく。

kouri_touroku_togas_sj.jpg 図2 東京ガスの火力発電所と発電事業の拡大計画。出典:東京ガス
       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.