ニュース
» 2016年01月08日 15時00分 UPDATE

太陽光:東北の3カ所で合計14MWのメガソーラーが稼働、年間5億円以上の売電額へ

日本アジア投資が、太陽光発電事業のデベロッパーのリニューアブル・ジャパンとの協業により建設を進めていた東北地域のメガソーラー発電所3カ所が完成した。

[長町基,スマートジャパン]

 日本アジア投資は「インカムゲイン志向型投資」を新たな収益の柱の一つとするため、長期的に安定した収益が見込まれるメガソーラー発電事業への投資を積極的に手掛けている。2015年12月末時点では、企画中の案件も含めて、合計85.9MW(メガワット)のプロジェクトを推進中だ。プロジェクトの事業化を実現するとともに、ファンド組成も含めたさらなる事業規模拡大を進め、3年以内に100MW規模のメガソーラープロジェクトで売電を開始する計画。年間5億5千万円程度の利益を獲得することを目指している(図1)。

photo 図1 日本アジア投資の売電計画推移(クリックで拡大)出典:日本アジア投資

 今回、完成した3カ所のメガソーラー発電所もこれらの計画の一環のものだ。気仙沼市本吉町太陽光発電所は、最大予想出力が約1.02MW。年間予想発電量約110万kWh(キロワット時、一般家庭約330世帯分相当の年間電力消費量)で総工費約3.6億円(うち約80%をプロジェクトファイナンスにより調達)となっている。

 一関市藤沢町太陽光発電所は、同約2.27MW。約229万kWh(一般家庭約680世帯分相当の年間電力消費量)、総工費は約7.3億円(うち約85%をプロジェクトファイナンスにより調達)となっている。

 3つの発電所の内で最大規模となる一関市金沢太陽光発電所は、同約10.8MW。約1147万kWh(一般家庭約3300世帯分相当の年間電力消費量)で総工費は約33億円(うち約85%をプロジェクトファイナンスにより調達)となっている。

 いずれも売電価格36円/kWh(消費税含まず)で東北電力に売電する。一関市藤沢町太陽光発電所は2016年5月から売電を開始する予定だ(図2)。

photo 図2 完成したメガソーラー発電所の様子 出典:日本アジア投資

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.