ニュース
» 2016年04月20日 13時00分 UPDATE

太陽光:空からしか見えない「隠れミッキー」、4万8000枚のソーラーパネルで

米国のエネルギー関連企業であるDuke Energyは、フロリダ州に新たなメガソーラーを建設した。その特徴は空から見ることで分かる。

[三島一孝,スマートジャパン]

 ディズニーランドをはじめとする各ディズニーパークでは、ミッキーマウスを模したマークがパーク内のさまざまな場所に隠されており「隠れミッキー」として人気を呼んでいる。

 米国のエネルギー関連会社であるDuke Energyが新たに建設したメガソーラーは、この「隠れミッキー」としては最大クラスとなるかもしれない。空から見なければ分からない規模だからだ。

 同社は、米国ディズニーワールドリゾートの4つのテーマパークの1つであるエプコットのすぐ近くの約9万平方メートルの土地に約5MW(メガワット)の発電量のメガソーラーを建設した。同メガソーラーはソーラーパネル4万8000枚で作成されており、ウォルトディズニーリゾートへの電力供給を行う。同メガソーラーの最大の特徴がその形状である。ミッキーマウスの形状に並べられているからだ(図1)。

photo 図1 新たに建設されたミッキーマウス形状のメガソーラー(クリックで拡大)出典:Duke Energy

 Duke Energyは米国最大クラスの電力持ち株会社の1つで、ウォルトディズニーワールドにおける新施設は開発中のプロジェクトの1つとなる。同社はフロリダにおいて新たな太陽光発電設備を500MW増やす予定としている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.