連載
» 2016年06月14日 13時00分 UPDATE

エネルギー市場最前線:LED照明で攻め続けるアイリスオーヤマ、直販営業強化で3年で売上高2.5倍 (1/3)

節電意識の広がりから市場を大きく拡大したLED照明だが、主力の直管型LEDの置き換え需要が一段落し、曲がり角に立ちつつある。撤退企業が増加する中で、攻勢をかけ続けているのがアイリスオーヤマである。LED事業本部 取締役本部長 石田敬氏に話を聞いた。

[長町基,スマートジャパン]

≫連載:「エネルギー市場最前線」バックナンバーはこちら

 2011年の東日本大震災に伴う原発事故以降、電力の供給不足に対処するため、国内で節電意識が広がった。照明でも蛍光ランプなどの従来光源よりも消費電力の少ないLEDへの注目度が高まり、将来の市場拡大を見込んで電気、電子部品、素材、事務機など、他業界からのLED照明事業への参入が相次いだ。しかし、あれから数年が過ぎ、新規参入企業の照明事業は苦戦が続いており、規模の縮小や事業そのものからの撤退を決めたところも多い。

 そうした企業の中で、堅調に実績を伸ばしているのが生活用品メーカーのアイリスオーヤマだ。2012年度に100億円を突破した売上高は2015年度245億円に達した。2016年度は地域に密着した自前の販売体制を整えて、直販営業を積極的に進める方針を立てている。また、米国での販売拠点を新規に設けるなど海外市場での売り上げ拡大にも取り組む構えだ。アイリスオーヤマ LED事業本部 取締役本部長 石田敬氏に聞いた。

照明事業の売上高は2015年度は245億円に

スマートジャパン LED照明事業の現状を教えてください。

石田氏 2015年度で本格的に照明事業を始めて5年が過ぎた。売り上げは2012年度に100億円を突破して、2015年度には245億円に達している。アイリスオーヤマグループ全体の売上高(約3000億円)でもLED照明事業の構成比が最も大きくなっている。

photo アイリスオーヤマ LED事業本部 取締役本部長 石田敬氏

スマートジャパン 商品別で売れ行きが好調なのは、特に何でしょうか。

石田氏 ボリュームが大きいのは直管LEDランプだ。ただピークでは年間500万本までいった販売本数は前年度が400万本となるなど徐々に数量は落ちてきている。逆に伸びているのはオフィスのグリッド天井用照明や屋外の防犯灯などだ。防犯灯は市場的にはあまり大きいとはいえないが、2015年に発売した高品質タイプの製品が売れており、特に自治体向けにメンテナンス付きで10年リースというパターンでの納入するケースが多い。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.