ニュース
» 2016年06月21日 07時00分 UPDATE

電気自動車:燃料電池でベンツが走る、2017年にプラグイン型を発売 (1/2)

ダイムラーは2017年に燃料電池車を発売する。SUVタイプの「GLC」をベースとし、プラグイン型での製品化を目指す。

[三島一孝,スマートジャパン]

 ドイツの自動車メーカーであるDaimler(ダイムラー)は、2017年に世界で初となるプラグインタイプの燃料電池自動車をリリースすることを発表した(図1)。

photo 図1 ダイムラーが開発したプラグイン型の燃料電池自動車「GLC F-CELL」のプロトタイプ 出典:ダイムラー

 燃料電池技術の利点についてダイムラーは、長い駆動距離と短い給油時間に加え、乗用車から都市バスに至るまで利用可能である点を挙げている。新たに2017年に製品化を予定するのは、SUV(スポーツユーティリティービークル)型の「Mercedes-Benz GLC」をベースとした燃料電池車である。

 燃料電池車「GLC F-CELL」には、新たに開発したコンパクトな燃料電池システムを搭載。従来よりも約30%の小型化に成功し、一般的なエンジンルームへの燃料電池システムの完全な搭載を可能とした。また燃料電池システムの技術開発を革新したことで、燃料電池スタックで触媒として使用されコストを引き上げる要因となっていた白金の使用量を90%削減することに成功したともいう。

 さらに、GLC F-CELLの特徴が、9kWh(キロワット時)のリチウムイオン電池を搭載していることだ。スペース効率からこの蓄電池はSUVの後部に収納している(図2)。

photo 図2 「GLC F-CELL」の内部構造イメージ。コンパクトな燃料電池システムを搭載した他、リチウムイオン蓄電池を搭載していることが特徴(クリックで拡大)出典:ダイムラー
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.