ニュース
» 2016年09月23日 09時00分 UPDATE

自然エネルギー:アマゾンが同社最大の253MWの風力発電所を建設、米国テキサス州に

アマゾンは新たに同社として最大となる253MWの風力発電所を建設することを発表した。2017年後半の稼働を目指しているという。

[三島一孝,スマートジャパン]

 ICT(情報通信技術)大手企業のエネルギー投資が加速している。米国Amazon(アマゾン)は新たに米国テキサス州西部に同社としては最大となる253MWの風力発電所を建設することを発表した。稼働は2017年後半としている(図1)。

photo 図1 風力発電所のイメージ 出典:アマゾン

 地球温暖化対策としてグローバル企業に対する投資家などからの要求が強まる中、ICT大手企業の再生可能エネルギーへの投資が加速している(関連記事)。アップルなども自社事業所の使用電力を全て再生可能エネルギーにするなどの宣言をしており、太陽光発電所など自然エネルギーを活用した発電所の建設などを進めている(関連記事)。

 こうした流れの中、アマゾンでは新たな風力発電所「アマゾンウィンドファームテキサス」を建設する。新たな発電所は米国テキサス州西部のスカリー郡に建設し、253MWの出力で年間100万MWh(メガワット時)の発電量を実現する。これは米国の9万世帯の年間電力に相当する。アマゾンウィンドファームテキサスは、航空機のボーイング747の回転翼の2倍以上の翼長を持つ巨大な風力タービン100基以上で構成される。

 アマゾンの新しい風力発電所の運営は、米国リンカーンクリーンエネルギー(LCE)と契約したという。ここで生み出される電力のうち、90%相当をアマゾンが購入し自社施設で活用するとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.