メディア

松尾順

松尾順がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

プロセスマイニング入門〜マニュアルのない業務の真実を「発見」する技術(2):

60日分の業務をたった5日に圧縮した実績もあるプロセスマイニング。実際に使う場合はどういう手順でどんな分析を行うのでしょうか。具体例と6つの分析アプローチを紹介します。

()

プロセスマイニング入門〜マニュアルのない業務の真実を「発見」する技術(1):

生産性向上の切り札、業務標準化。標準化は将来的な自動化の第一歩でもあるが、多くの企業が失敗を経験する。その理由は「業務の真実」を発見できないことにある。いま、この課題を解決する手法として「プロセスマイニング」に注目が集まっている。本稿ではまず概要を見ていく。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(最終回):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(14):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(13):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(12):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(11):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(10):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(9):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(8):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(7):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(6):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(5):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(4):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(3):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(2):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

エンジニアも知っておきたいキャリア理論入門(1):

本連載は、さまざまなキャリア理論を紹介する。何のため? もちろんあなたのエンジニア人生を豊かにするために。キャリア理論には、現在のところすべての理論を統一するような大統一理論は存在しない。あなたに適した、納得できる理論を適用して、人生を設計してみようではないか。

()

刑務作業で作られる家具や革靴といった製品。しかし、昨今の不景気やグローバル化などで売れ行きが低迷していることから、人気キャラクターを採用したり、ブランディングに取り組む刑務所が登場しているのです。

()

会議室にこもって長時間ブレストしても、あるいはPCの前でうんうんうなり続けたところで、なかなか良いアイデアは出ません。仕事以外の時間の生活を充実させてこそ、ちょっとしたきっかけからすばらしいひらめきが得られるのです。

()

既存の「ありかた」や「ルール」をまるで見知らぬことのように認識することを社会調査では「異化」と呼びます。「異化」の視点によってものごとを見ることで、常識を打ち破る新しい発想が生まれます。

()

企業もSNSなどを通じて、顧客と“会話”する機会が増えています。そんな時、会話の4つの機能を認識していると、スムーズな交流をすることができるでしょう。

()

「インサイト」とは、「ありそうでなかったもの」の開発につながるヒントです。ただ、そのヒントは、当初は平凡な発見にしか思えないことも多いです。そのヒントについて深く、ディープに掘り下げ、具体的な商品コンセプトに役立つディープインサイトへと仕立て上げる必要があります。

()

人は、商品が実現してくれるかもしれない「理想」(to be)を夢見て購入するのであり、「現実」(as is)を提示されてもワクワクできないものです。

()

仕事現場で今のスキルを使って仕事を回すのに精一杯な私たち。しかし、スキルが必要とされなくなる事態に直面したとしても、新たな仕事を見つけキャリアを継続するために「普遍的な学び」を行っておくべきだと人材・キャリア論の第一人者、高橋俊介氏は言います。

()

これまで私たちは「人を信じること」が生き残りに有利であったことから、基本的に「人を信じたい」という強い欲求を持っています。しかし、多くの数の人々とつながるようになった今、適度な「懐疑の精神」を意識的に養うことが、生き残りにますます必要になっています。

()

限られた予算を効果的に活用して、顧客との関係性を向上するためには、「平均的顧客」ではなく、成功の鍵を握る顧客セグメントにターゲットを絞り込み、そのターゲット顧客が求めていること、問題と考えていることを的確に洞察し、彼らにとって最適な施策・提案を行う必要があります。

()

「インサイト(洞察)」と聞くと、びっくりするような「ビッグアイデア」を着想する「素」のように感じますが、どちらかと言えば「コロンブスの卵」、すなわち、「言われてみればそうだな!」と腹落ちするような当たり前の気付きのことも多いのです。

()

私たち人類を含め、集団(群れ)で生活する動物たちは、お互いに相手の動きなどを真似し、「同調」することを喜んで行います。そうすることが、生き残りに有効であるからです。また、同調は、運命共同体としての集団を維持する上で不可欠であるだけでなく、お互いの「絆」を深める効果があります。

()

どんなに優れたウイルス対策ソフトがあったとしても、現場の人間の意識が低いと、簡単にセキュリティが破られてしまう。最大のセキュリティホールは「人の弱さ」にあると言えるのかもしれません。

()