メディア
ヒトオシ
インタビュー
» 2019年03月11日 06時45分 公開

世のために生きたい トップ営業マンの地位を捨てて起業するも3度の倒産危機、そこから漂着した世界とは?フルカイテン・瀬川直寛社長(6/6 ページ)

[伏見学,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

 世の中の役に立つ。この思いはもちろん事業が変わった今も変わらない。商品在庫の問題は日本中の多くの企業が昔から頭を悩ませている。それに対して根本的な原因を究明し、理屈で解決しようとするシステムを開発した。これを広めていくことに瀬川さんは使命感を持っている。

 では、在庫問題の解決は消費者にとってどのようなメリットがあるのか。瀬川さんは「不要なものを作らなくていい社会になるでしょう。それが廃棄問題の解消だったり、森林保全につながったりします。結果、子どもたちや孫たちの時代に、より良い地球を残せるはずです。リスクを負って起業し、毎日大変な思いで働いているので、目先のビジネスがうまくいった、いかなかったというような小さな話にはしたくありません。地球の将来に何か貢献できることを信じて活動しています」と意気込む。

瀬川さんの卒論 瀬川さんの卒論

 インタビューの最後、瀬川さんはふと「本当に人生は不思議なものですね」とつぶやいた。

 「大学時代の研究室で、ある日教授に呼ばれて『明日から天然ガスの分析・予測をコンピュータでやれ』と言われたんです。授業でC言語を少しかじった程度で、本格的にプログラミングをしたことがなかったので『マジかよ……』と思いました。けれども、そのときに勉強していなかったらFULL KAITENは生まれてなかった。あのとき、何の役に立つんだろうと思っていた天然ガスの研究が、世の中のためになったわけです」

前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -