3分Biz.
ニュース
» 2020年03月11日 19時40分 公開

アイリスオーヤマがマスク40万枚を政府「マスクチーム」に寄付

アイリスオーヤマは3月9日発足の政府「マスクチーム」に40万枚のマスクを寄付する。寄付するマスクは、厚生労働省を通じて、感染者が増加している地域の医療機関を中心に配布される予定だ。今回は政府への売り渡しではなく、同社が自主的に寄付をする。

[ITmedia]

 アイリスオーヤマは新型コロナウイルスの感染拡大でマスクが手に入りにくい状況が続いていることから、3月9日発足の政府「マスクチーム」に40万枚のマスクを寄付する。寄付するマスクは、厚生労働省を通じて、感染者が増加している地域の医療機関を中心に配布される予定だ。

phot アイリスオーヤマは政府「マスクチーム」に40万枚のマスクを寄付する(写真提供:ゲッティイメージズ)

 同社は、3月4日にも100万枚のマスクを政府に売り渡すことを発表している(関連記事「アイリスオーヤマが「100万枚のマスク提供」 新型コロナ感染者拡大の北海道に」を参照)。マスクの需要が急増し、メーカーによる生産が供給に追いつかず品薄な状況が続いていることから、政府は国民生活安定緊急措置法に基づきマスクを生産、販売するメーカーに売り渡しを指示していた。

 今回は政府への売り渡しではなく、同社が自主的に寄付をする。

phot アイリスオーヤマのマスク(写真はイメージで、同商品が寄付されるわけではない)
phot アイリスオーヤマのマスクの箱

 同社のマスクは中国の大連と蘇州で生産。順次国内に輸入してきて、準備が整い次第、政府の指示があった場所に発送していく。具体的な地域は未定だ。

phot フル稼働を続ける中国・大連工場のマスク生産ライン

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間