ニュース
» 2020年10月27日 05時00分 公開

小説は累計100万部突破:「ラーメン山岡家」の次は『ホテルローヤル』の部屋! 札幌エクセルホテル東急の試みがユニーク (1/2)

札幌市の札幌エクセルホテル東急が11月1日から販売する映画とコラボした宿泊プラン「ホテルローヤルルーム」。同ホテルは7月にも「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋(やまおかやべや)」を販売。担当者に狙いを聞いた。

[今野大一,ITmedia]

 2013年の第149回直木賞を受賞した桜木紫乃氏『ホテルローヤル』(集英社)が単行本・文庫・デジタル版の累計発行部数で100万部を突破した。11月13日に同作の映画「ホテルローヤル」公開が予定され、ビジネスの現場でも工夫を凝らしたコラボが続々と登場している。

phot 桜木紫乃氏『ホテルローヤル』(集英社)が単行本・文庫・デジタル版の累計発行部数で100万部を突破。映画「ホテルローヤル」公開が予定されている(リリースより)

 その1つが、札幌市の札幌エクセルホテル東急が11月1日〜22日の期間に販売する同映画とコラボレーションした宿泊プラン「ホテルローヤルルーム」だ。

phot 「ホテルローヤル」のロゴ

 この企画は映画「ホテルローヤル」の公開に合わせた「コラボルーム」。同ホテルが映画の撮影協力を行ったことや、舞台が北海道のホテルであることをきっかけに、映画の世界観を詰め込んだプランを考案した。料金は16階のデラックスツインルームで、1人だと1万1550円(朝食付き、税込)、2人だと1万6500円(1人8250円)だ。

phot 札幌エクセルホテル東急のデラックスツインルーム

 部屋の中には桜木紫乃氏が書いた限定メッセージカードを置いたり、ベッドサイドには撮影で使用した絵コンテも展示したりするという。窓際にも主演の波瑠氏が演じる主人公〈雅代〉が描いた絵画を展示する。映画で使用した実際の作品を間近に見ることができるのが特典だ。このプランには「ホテルローヤル」の映画観賞券も付く。

phot 札幌エクセルホテル東急の入り口

 同社広報の山田玉季氏に今回の経緯を聞いたところ「映画製作のスタッフの方が当ホテルに宿泊いただいたことをきっかけにして今回のコラボが実現しました」と教えてくれた。

 経営的なメリットについては「先方としても映画の宣伝になりますし、当社としても、もともと空室だった部屋を映画ファンの方々にお泊りいただけます。また内装に関しては自分たちで内製しておりますので、経費的な部分もほとんどかかっておりません」と話す。

phot 札幌エクセルホテル東急の外観
phot 「ホテルローヤルルーム」の概要

7月には「山岡家部屋」を販売

 同社は7月にも全国チェーンのラーメン店「ラーメン山岡家」とコラボした宿泊プラン「山岡家部屋(やまおかやべや)」を販売(札幌東急REIホテル、ラーメン山岡家を再現した異色の宿泊プラン「山岡家部屋」を販売を参照)し、SNS上で話題を集めた。

phot 記者が宿泊した「山岡家部屋」(以下アイティメディア撮影)

 今まで何かとコラボした部屋の稼働率は、通常20〜30%ほど。コロナ禍にもかかわらず、「山岡家部屋」は40%台を記録したという。「山岡家部屋」を企画した山田氏は「リリースしてすぐに反響がありました。今までにはなかったことです」と胸を張る。

phot 札幌エクセルホテル東急で広報を務める山田玉季氏(左)と、山岡家部屋に携わった曳田なつみ氏

 この時も室内にはラーメン山岡家の店内をイメージした壁紙やのれん、実際に店内で掲示しているメニューポスターなどをA1サイズで設置。驚いたのはホテルローヤルルーム同様、全ての内装がホテルのスタッフによる手作業で作られていたことだ。経費を掛けずに何か面白いことを仕掛けようとする同社の姿勢がうかがえる。

phot ラーメン山岡家店内をイメージしたのれん。マスキングテープでとめられていた
phot ラーメン山岡家の袋麺やノベルティーなど
phot ラーメン山岡家店内をイメージした壁紙。こちらも札幌エクセルホテル東急の山田玉季氏などの手作りだ
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -