連載
» 2021年05月13日 07時00分 公開

大ブームから大凋落の“シェア自転車”伏兵が米上場〜日本進出のモバイク、ofoは消える浦上早苗「中国式ニューエコノミー」(1/5 ページ)

数年前に日本に上陸した中国発のシェア自転車。中国の道路を短期間で埋め尽くしたが、崩れ落ちるのもあっという間で、日本からもいつの間にか撤退していた。4月下旬、当時は伏兵扱いだったハローバイク(哈囉出行)が、米ナスダックに上場申請し、話題になっている。そこで、中国シェア自転車の歴史と現状を紹介する。

[浦上早苗,ITmedia]

 数年前に日本に上陸し、「中国ITすごい」の代名詞になったシェア自転車をご記憶だろうか。

 短期間で中国の道路を埋め尽くしたが、崩れ落ちるのもあっという間で、日本からもいつの間にか撤退していた。

 その後、日本のニュースでシェア自転車が報じられることはほとんどなくなったが、当時は伏兵扱いだったハローバイク(哈囉出行)が4月下旬、米ナスダックに上場申請し、話題になっている。

シェア自転車ブームでは“伏兵”とされていたハローバイク(哈囉出行)が、米ナスダックへ上場申請。中国シェア自転車の歴史と現状を紹介する。(写真は、中国の街中に並ぶハローバイク、19年筆者撮影)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -