ITmedia NEWS >
連載
» 2011年06月24日 08時30分 公開

今日から始めるデジカメ撮影術:第141回 野球とシャッターチャンスの関係 (2/3)

[荻窪圭,ITmedia]

バッター編

 バッターはピッチャーより難易度が高い。何しろ、見逃したり空振りしたり打ち損じたりするからだ。でもまあ、それは当たり前なので、そういう写真は不採用にしたり、帰宅してから消しちゃえばOK。

 バッターはピッチャーより近い位置から撮れるので、300ミリ程度(35ミリ換算450ミリ相当)あればこのくらいまで寄れる。もちろんグラウンド次第だけど。これはベンチのちょっと後ろから撮ったもの。

photo

photophoto

 バッターは後ろから撮っても面白くないので横から。背中から撮ると、顔が見えないんだけれど、スイングしたあとを狙うとなかなかいい感じになる。連写してみた。

photophotophoto

 思い切り空振りしてここまで腰がまわるとまたいい感じに。

photo

 でもやはり基本は顔が見える側だろう。右打ちの場合は一塁側のベンチ後ろから狙える。広い範囲が写るように狙うとボールもキャッチャーも一緒に収められる。

photo

 バッターだけを収めたいときは、縦位置で狙うのがいい。

photo

 ではどのくらいのシャッタースピードで狙うのがいいかというと、まずは1/500秒で。身体の動きは止まり、バットの先がいい感じにブレてくれた。偶然、ボールをミートした瞬間をとらえた1枚。

photo

 もうちょっと速くしてもいいかなあ。次は1/800秒で。とんでもない高めのボール球をひっぱたいてヒットにした瞬間のカット。バックネット越しだったので、もやっと緑のネットが見えているのは勘弁。

photo

 残念ながらこれ以上シャッタースピードを速くした写真にミートの瞬間を捉えたものがなかったので、ちょっとタイミングは違うがこんな感じ。

photophoto 左が1/1250秒、右が1/2000秒

 これ以上シャッタースピードを上げるとなると、ISO感度もかなりあげなきゃいけないのだけれど、いっそのこと目いっぱい速くしてみようということで、1/8000秒。

photo 1/8000秒までシャッタースピードを上げて撮影

 ここまで上げると動きがきれいに止まってくれるが、ISO1000を超えてしまう。快晴ならいいが、曇ってたりするともっと明るい(つまり高価かつデカくて重い)レンズが必要になる。20万円以上のレンズを買う予算がある人は、という感じだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.