ITmedia NEWS >
ニュース
» 2012年08月17日 13時46分 公開

「3本目」のレンズを選ぶ:ダブルズームキットからのステップアップ(1)――高倍率ズームと単焦点のススメ (2/2)

[野村シンヤ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

明るい単焦点レンズは撮影シーンが広がる

 次は「単焦点」レンズをご紹介します。単焦点レンズはレンズ構成をシンプルにできるがゆえの「高画質」「軽量」「レンズの明るさ」が特徴です。とくにレンズの明るさは最大のメリットで、ダブルズーム(ダブルレンズ)キットに含まれる、いわゆる標準ズームレンズなら開放(もっとも光を多く取り込む状態)でF3.5程度ですが、単焦点レンズではF2.8や明るいものだとF1.8、高級レンズですとF1.2といったものもあります。レンズが明るいと撮影シーンが大幅に広がります。次に明るさについてのメリットをご説明しましょう。

 撮影モード設定ダイヤルを「S」(キヤノンの場合はTv)にセットして、「シャッター速度優先AE」にして屋内でフラッシュなしで撮っていると、時々F値を表示している部分が点滅し、撮影した写真は暗く仕上がる。そういった経験はありませんか? それは光量が足りず、そのシーンにおいてはそれ以上シャッター速度を速くすることができないのです。

 フラッシュを使わずに光量不足を解決する方法は2つ。ISO感度を上げるか、レンズを明るくするかです。ISO感度はご存じのとおり数値を上げていくと、シャッターを速く切ることができます。ですが、カメラ内部で電気的に光量を増幅しているので、感度を上げすぎるとどうしてもノイズが乗って、写真がザラザラした感じになります。かと言って、シャッター速度が遅いと被写体ブレを起こしてしまうので、なんとも悩ましい限りです。

 そこで出番となるのが明るい単焦点レンズ。レンズが明るくシャッター速度を速くできるので、室内で動き回る子供やペットを撮る際には大活躍すること請け合いです。そのほかでは、ガラス越しの水族館で泳いでいる魚を撮る場合などにも役立ちます。

 もうひとつ、明るいレンズならではの特徴として、ピントを合わせた部分以外がボケやすいというのもあります。被写体以外をボケさせることにより、主役を引き立たせることができるので、とくに人物などを写すポートレート撮影では威力を発揮します。

photophotophoto
photophotophoto
photophoto 単焦点レンズはボケも表現しやすい。E-PL3でレンズに「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」を組み合わせ、右上からF1.8、2.8、3.5、5.6、8.0、11、16、22でそれぞれ撮影。キットレンズとして同梱されている標準ズームはF3.5からになるので、明るい単焦点レンズならば、その分だけボケを使っての表現幅が広がる

 このように表現の自由度がよりいっそう増す単焦点レンズですが、デメリットとしてはその名が示すとおり、「単焦点」つまり焦点距離が変えられないで、アングルを決める際に撮影者自身が動いて調整しなけれならないことです。また、ボケを入れやすいというのも裏を返せばピント合わせを慎重にしないといけないということですので、AFを上手く使う、ときにはMFでキッチリ合わせるといったテクニックを駆使する必要があります。その分だけレンズを使いこなせばそれに応えてくれる描写性能を持つので、よりいっそうカメラの腕を上達させようと思わせるレンズでもあります。

 価格もプロ用を除けば3万円〜5万円前後で購入できる製品も多いので、ダブルズームキットの次に、レンズ交換でステップアップするレンズとしてはこちらもイチオシです。

 次回はキヤノン「EOS Kiss X5」とシグマ「DC 18-250mm F3.5-6.3 MACRO OS HSM EO」、キヤノン「EF40mm F2.8 STM」の組み合わせ、オリンパス「PEN Lite E-PL3」に「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」、「M.ZUIKO DIGITAL 45mm F1.8」について紹介します。さまざまなラインアップの中から選んだ理由や、それぞれの特徴について解説いたしますのでお楽しみに。

photo 「EOS Kiss X5」に単焦点レンズ「EF40mm F2.8 STM」の組み合わせ。屋内で動く被写体も、明るいレンズがあれば、それほどISO感度を上げずに済む
photo 単焦点レンズは描写能力も高い。ピントの合っているレタス部分はみずみずしく、それ以外はとろけるようなボケで表現されている

iconicon
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.