ニュース
» 2006年03月02日 13時12分 公開

10種のアプリケーション導入ソリューションを日本オラクルが提供

日本オラクルは大企業が抱える課題を解決する10種のアプリケーション導入ソリューションを、「Oracle EO」のラインアップとして提供すると発表した。

[ITmedia]

 日本オラクルは3月2日、大企業が抱える課題を解決する10種のアプリケーション導入ソリューションを、「Oracle EO」のラインアップとして同日から提供すると発表した。

 Oracle EOは、オラクルの持つデータベース、ミドルウェアおよび業務、業種に適合した標準業務フローを最大限に活用することで、「Oracle E-Business Suite」の導入やセットアップを省力化し、短期間、低コスト、低リスクなシステム導入や運用を実現するもの。

 提供を開始するOracle EOの10種類のうち、4種類は「Oracle Data Hubs」を基盤に、6種類は標準業務フローを基盤に構築されている。10種類のOracle EOでは、ハイテク/製造業、自動車、化学、金融、クレジットカードなど各業界向けのソリューションが提供される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -