ニュース
» 2006年08月02日 05時19分 公開

IntelとAMDが繰り広げる省電力競争の盲点とは?(3/3 ページ)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

 追い上げるHewlett-Packardを抑え、IBMがブレードサーバ市場で2003年第3四半期以来、11四半期連続で首位を維持している背景には、BladeCenterにおけるイノベーションがあるとダガティー氏は話す。AC-DC変換の効率を高めたり、電力を消費する部品の数を減らしたり、地味だがそれがライバルたちと大きな差別化につながっている。

 ダガティー氏は、「BladeCenter HS20が2基のホットスワップ可能なファンを共有するのに対して、HPのBladeSystem BL20pではサーバ当たり8基、全体では112基のファンが必要だ」と主張する。

 こうした省電力化に向けたイノベーションが効き、Xeonを72CPU搭載したシステム構成では、BladeCenter HS20の方がBladeSystem BL20p G3よりも25%消費電力が少なく、Opteronの72CPU構成ではさらにその差が拡大し、BladeCenter LS20の方がBladeSystem BL25pより44%も少なくなるという。

 しかも、2002年秋にリリースした最初のBladeCenter以来、IBMはブレードの互換性は一貫して維持している。

 ダガティー氏は、「HPのBladeSystemでは新しいシャーシー向けにパートナーらも作り直しになってしまう。Dellに存在感はないし、Sunもブレードに力を入れたり入れなかったりだ」と話し、IBMのブレード市場における優位は動かないとした。

IDCの調査によるシェアの推移。IBMの40%、HPの35%が激しく首位を争う。11%のDellにはブレード市場における存在感はない
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ