ニュース
» 2009年10月20日 12時11分 公開

データマートの統合で難局に立ち向かう米先進企業、Teradataはクラウド戦略も明らかにTeradata PARTNERS 2009 Report(3/3 ページ)

[浅井英二,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
Teradata Extreme Performance Appliance 4555

 Teradataはこの日、そんなアクティブ・データウェアハウスのパフォーマンスを劇的に高めるためのアプライアンス、「Teradata Extreme Performance Appliance 4555」も発表している。

 9月半ば、OracleがフラッシュメモリベースのSSD(Solid State Drive)をキャッシュとして搭載し、OLTPの処理性能を飛躍的に高めたSun Oracle Exadata V2を発表して話題となったばかりだが、こちらもSSDを採用した初のアナリティクス(分析)アプライアンスという触れ込みだ。現行の約10倍もの分析性能を発揮し、現場のユーザーの日常業務をリアルタイムで支援できるようになるという。

 Extreme Performance Appliance 4555の価格は未定、出荷は2010年第1四半期を予定している。

狂想曲? Teradataもクラウド戦略を明らかに

 クラウドコンピューティングのバンドワゴンに乗り遅れまいと、Teradataもクラウド戦略を初めて明らかにした。「クラウド狂想曲」で騒がしい業界だが、Teradataが新たにPARTNERSで発表した「Teradata Enterprise Analytics Cloud」構想は、既存のビジネスユーザーや開発者らに意義あるものとなりそうだ。

 同構想の下で今回発表された具体的なオファリングは、いわゆるプライベートクラウドとパブリッククラウドに大別できる。

 プライベートクラウド向けの「Teradata Agile Analytics Cloud」は、ビジネスユーザーがTeradataシステム内にデータマートを簡単に構築できるものだ。本番システムのデータを直接共有するため、データを移動して別のコピーを持つ必要もない。Teradata Agile Analytics Cloudを実現する具体的なツールである「Teradata Elastic Mart Builder」が、Teradata Developer Exchangeを介して無償提供されるという。

 一方、「Teradata Express on Amazon EC2」は、いわゆるパブリッククラウドのためのオファリングだ。同社が開発者向けや評価用に用意している無償ライセンス、Teradata Expressを、パブリッククラウドサービスとして人気のAmazon Elastic Compute Cloud(EC2)の上で利用できるようにしたもの。プロセッサが4コア、ストレージも1Tバイトまでであれば、Teradataのライセンスは無償だ。

 Teradataで開発を統括するスコット・ナウ氏は、「クラウドへの参入は、すべての分析ニーズに応えるためだ。新たな選択肢の提供であり、われわれのプラットフォームファミリーの拡張でもある」としている。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ