連載
» 2010年04月29日 11時30分 公開

“どこでも一緒”でいいのかな?ドジっ娘リーダー奮闘記(2/2 ページ)

[小俣光之,ITmedia]
前のページへ 1|2       
輩田さんの今日の「喝!」

 チームの和は業務時間内だけでできるものとは限らない。業務外で行うイベントなどもうまく活用して、チームの団結力を高めよう。オフタイムでも盛り上がれるチームは、いざというときに強いぞ!

オフタイムイベント開催のコツ

  • 全員参加にこだわらない。参加できる人たちから始めよう
  • 特定のイベントで決め打ちしない。いろいろなイベントを企画して、興味のあるものに参加できるようにしよう
  • 参加を強制するよりも、参加したくなる雰囲気作りを心掛けよう
  • リーダーが主導権を握らない。メンバーが自発的に企画・開催するようにしよう
  • イベント参加を楽しもう

輩田さん 気軽に参加できるイベントということで、手始めにわが家でホームパーティーでも開催しようか。確か門田君は食べ歩きが趣味だったよね。わたしが手料理でもてなすよ。

しんこちゃん あ、えっと。お気持ちはありがたいのですが、そのアイデアは遠慮します。だって、門田君はグルメなんですよ。

輩田さん どういう意味だ! 味はもちろんのこと、みんなの健康にも気を使った栄養たっぷりのオリジナル料理で歓待するんだぞ。モロヘイヤの炊き込みご飯とか、ゴーヤ生キャラメルとか……。

しんこちゃん 無理です、無理です、無理でーす。

著者プロフィール:小俣光之

小俣光之

 日本シー・エー・ディー株式会社代表取締役社長・現役プログラマー。
多趣味で話し好きで説教臭い。
ITmedia オルタナティブ・ブログの「プログラマー社長のブログ」執筆中。
著書に、「プログラミングでメシが食えるか!?」、「プログラミングでメシを食わせろ!!」など。



(構成:鈴木麻紀)

関連ホワイトペーパー

コミュニケーション


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ