ニュース
» 2015年02月27日 15時03分 公開

ファン急増「ヤマー チャン」 美形キャラで理解促進 伊藤忠商事の「Office 365」活用術 (2/2)

[ふじいりょう,ITmedia]
前のページへ 1|2       

効果と成果:Yammerの社内連携に期待 美形キャラ「ヤマー チャン」で認知促進

 まず運用をはじめたOffice 365の3サービスから。「Lync Onlineは、会議中、離席中など、相手の状態(プレゼンス)を見ながら、状況に応じてさまざまなツールでコンタクトできる。つまりコミュニケーションのムダがなくなるのがすぐ分かります。特にインスタントメッセージは、襟を正さずとも、個人スマホのLINEのように気軽に会話できる点が好評です」(伊藤忠商事の渡辺氏/同上)。

 社内向けSNSであるYammerは、特に社内連携での期待が大きい。2014年12月には社員の理解をさらに深める「Yammer 10 days」という社内トレーニングイベントを開催。二次利用フリーとなっている某漫画作品の登場人物を活用し、伊藤忠商事独自のキャラクター設定を行った美形女性キャラクター「ヤマー チャン(Yammer Chang)」さんが答えてくれる質問箱を用意し、Yammerのアカウントも開設した。「彼女はマドンナ的存在。ファンになっている社員も少なからずいるようです」(伊藤忠商事 IT企画部技術統括室の福田祐也氏/同上)。

photo Yammerの利用促進のため、社内で認知イベントも実施
photo Yammerに関するさまざまな質問を、ヤマー チャンさんが親切ていねいに回答してくれる

 2014年12月時点でのYammer利用者は、全社員の4分の1ほどまで増えた。導入する部署では特にコミュニケーション面で貢献しているようだ。伊藤忠商事のIT企画部は業務報告にYammerを使うようにしたことで、部長へ直接もの申すといった機会も生まれるなど、結果として組織全体がフラットかつガラス張りになったという。

 「投稿した報告には部長がすべて“いいね”とコメントを付けてくれるので、以前にも増して報告に張り合いが出ています」(福田氏/同上)

 Yammerのトピック機能により、過去の報告内容の参照も簡単になる。投稿を検索すれば報告書の一覧が表示される。それを示せば、新メンバーへの引き継ぎも用意であり、会議での議事進行の効率化も期待できる。このほか、産休育休中の女性社員に向けた情報発信や社員同士の交流の場としても活用されている。

photo 産休および育休中の社員を支援する産休・育休コミュニティ「Women's network」も用意。働く女性が情報交換を行う場として積極的に活用されている

 「伊藤忠商事は2010年に社員用託児所“I-Kids(アイキッズ)”を開園しました。託児所にいる子どもたちの様子をYammerに投稿するといったことも行われています。今後は部内だけではなく、他の組織との連携もYammerで強化するとともに、多様な働き方の支援はさらに拡大していきたいと考えています」 (渡辺氏/同上)

 今後は他の業務システムとも連携できる整備とともに、社内でのさらなる利活用を推進するほか、グループ内企業への横展開も進めていく予定。SharePointの活用知識を深める目的で「シェアポ マスター」という社内認定制度の展開なども計画している。

 「このような一連の活動を積極的に行うことで、社外でも社内と同じように働けるワークスタイルを定着させたいと考えています。伊藤忠商事は、情報武装ナンバーワン商社を目指していきます」(伊藤忠商事の渡辺氏/同上)


関連キーワード

伊藤忠商事 | Yammer | Office 365 | 育休・産休


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ