ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「伊藤忠商事」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「伊藤忠商事」に関する情報が集まったページです。

投資家ウケする人的資本開示:
東京海上、伊藤忠、日立、味の素──人的資本「すごい開示」に共通する2つの要点
人的資本開示に関する情報はあふれているが、その多くは、ルールや基本の「型」を示すにとどまっている。「とりあえず、型通りに開示しておこう」という姿勢では投資家からの期待は得られない。(2024/2/14)

伊藤忠商事、クラウド型統合人材管理プラットフォームを構築 サブシステムを生かすシステム構成とは
伊藤忠商事はクラウド型の統合人材管理プラットフォーム「SAP SuccessFactors」を導入した。サブシステムに分散していた人事データをどのように収集したのだろうか。(2024/2/2)

伊藤忠グループから生成AIを学ぶ教育サービス 1人当たり7万1500円
伊藤忠グループのCTCテクノロジーが、生成AIを活用したアプリ開発の教育サービスを始めると発表した。料金は1人当たり7万1500円(税込)。(2023/11/22)

CTC、rinnaと協業 企業専用生成AIの構築支援を拡充
伊藤忠テクノソリューションズは、コミュニケーションAI「りんな」を提供するrinnaと協業すると発表した。(2023/10/13)

「旧帝大・早慶」就職人気ランキング 2位「伊藤忠」、1位は?
旧帝大と早慶の学生は、どの会社で働きたいと思っているのだろうか。2025年卒予定の学生に聞いた。(2023/9/28)

メルカリでスマホが売れたら端末のデータを消去 中古業者のサービスと連携
メルカリが、伊藤忠グループのBelongが提供する「あんしんデータ消去」サービスと連携。フリマアプリ「メルカリ」でスマートフォンを取引する際、専門業者へ端末のデータ消去を依頼できるオプションを提供開始する。(2023/9/7)

あの話題は今:
「朝食無料」から10年、伊藤忠の社員は何を食べているのか 働き方改革の今
伊藤忠商事は2013年、朝食を社員に無料で提供し始めた。働き方改革の一環で、朝型勤務を推奨することが狙い。実際にどんなものが提供されているのか。(2023/7/31)

ノーコードツールでITスキルを向上し、デジタル化の遅れを挽回:
PR:伴走型SI企業との連携で業務アプリ内製と社員スキル向上に成功 伊藤忠丸紅鉄鋼が取り組むBPR
DXの一環でシステムの内製化に取り組む企業が増えている。中でもノーコード/ローコードツール「kintone」を活用して業務改善と社員のスキル向上を両立しているのが伊藤忠丸紅鉄鋼だ。伴走型SI企業との連携で成果を挙げている同社の道のりを通じて、組織へのデジタルツール浸透のポイントを学ぶ。(2023/7/25)

伊藤忠テクノと日本マイクロソフトが連携 生成AIによる分析サービスを開発
CTCは日本マイクロソフトと連携し、生成AIを活用したセキュリティ分析サービスを開発すると発表した。脅威の収集や分析、初動対応の検討、顧客への通知などを生成AIが支援し、セキュリティ脅威対策の高度化を図る。(2023/7/11)

蓄電・発電機器:
電力系統に容量23MWhの大型蓄電池を導入、伊藤忠・大阪ガスらが新事業
伊藤忠商事、大阪ガス、東京センチュリーは2023年6月7日、共同出資で設立する新会社を通じて系統用蓄電池事業を開始すると発表した。(2023/6/8)

ブレインパッドと伊藤忠が生成AI研究ラボを共同設立 現場の生産性向上を支援
ブレインパッドと伊藤忠商事は生成AIを活用したビジネス開発と業務改革支援のための「生成AI研究ラボ」を共同設立した。生成AIの技術検証と実証実験を実施する。(2023/5/17)

NTT comらが温室効果ガス(GHG)排出量をクラウドで可視化、業界ソリューション開発へ
伊藤忠丸紅鉄鋼とNTT Comは、温室効果ガス排出量を可視化するクラウドサービスの実証実験を開始した。サプライチェーン上の企業が排出量に関する実データを提供し、伊藤忠丸紅鉄鋼の鉄鋼業界に関する知見と、NTT ComのICT技術を組み合わせて推進する。(2023/2/15)

月間6000件以上の注文を効率的に発注
帳票の紙運用を切り替えDXを促進、伊藤忠テクノソリューションズの解決策
紙に依存した発注処理を続けていたことが原因で、業務効率化やBCP対策、テレワーク対応が進んでいなかった伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)。電子帳簿保存法への対応も求められる中、同社はこれらの課題をどう解決したのか。(2023/2/10)

2万人にアンケート:
24卒が選ぶ人気の就職企業TOP20 文系1位は「伊藤忠」、理系1位は?
企業採用支援会社のワークス・ジャパン(東京都千代田区)は、2024年3月卒業・修了予定の大学生・大学院生2万人超を対象に「就職希望先調査」を実施した。文系の学生に最も人気な企業は「伊藤忠商事」、理系の学生に最も人気な企業は「NTTデータ」だった。(2023/1/26)

学情が調査:
3年前の就職人気TOP3は「伊藤忠・JTB・味の素」 コロナ禍でどう変化した?
学情は「就職人気企業ランキング」の結果に関して、コロナ前とコロナ禍を比較した。コロナ前ではJTBグループやエイチ・アイ・エスなど「旅行」「レジャー」が上位を占めていた一方、コロナ禍では任天堂や集英社など「デジタルコンテンツを提供する企業」が人気を集めている傾向が分かった。(2022/12/26)

“ハイスペPC”じゃなくても安定したライブ配信ができるクラウドサービス「easylive.io」
イスラエルに拠点を持つLiveU社の「easylive.io」は、スポーツ中継などさまざまな用途で利用できるクラウド型ライブ配信サービスだ。11月に開催された「Inter BEE 2022」の会場で、販売代理を手掛ける伊藤忠ケーブルシステムの担当者に話を聞いた。(2022/12/6)

製造ITニュース:
画像解析エッジAIのPoCを手軽に、スターターパックを提供開始
伊藤忠テクノソリューションズは、製造業やリテール向けに、画像解析エッジAIソリューションのPoCを容易に実施できるスターターパックの提供を開始した。(2022/11/25)

製造ITニュース:
AIを活用したマテリアルズインフォマティクス環境構築支援サービスを提供
伊藤忠テクノソリューションズは、AIのデータ分析技術を活用した、マテリアルズインフォマティクスの環境構築を支援するサービス「MI Success Lab」の提供を開始した。(2022/9/21)

第1回 ロボデックス 秋:
レイアウト変更容易なモノレール式搬送、より人の腕に近い動きの7軸協働ロボット
伊藤忠マシンテクノスでは、「第1回 ロボデックス 秋」(2022年8月31日〜9月2日、幕張メッセ)において、工場内搬送向けのモノレール式搬送システム「Montrac」や7軸を持つ協働ロボットなどを展示している。(2022/9/2)

約1万人にアンケート:
缶詰を「非常食として備蓄」4割強に 人気の缶詰は?
伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコム(東京都千代田区)は、4回目となる「缶詰の利用」に関する調査を実施。缶詰を月1回以上購入する人は5割強に上り、直近1年間に利用した缶詰は「魚介類の素材缶詰」が最も多いことが分かった。(2022/5/25)

去年に続き:
23卒学生の就職希望企業ランキング 伊藤忠・三菱UFJを抑えた1位は?
ディスコは、23年卒業予定の学生を対象に調査した「キャリタス就活2023就職希望企業ランキング」を発表。国内総合ランキング1位は昨年に続き「損害保険ジャパン」だった。(2022/4/22)

パブリックもプライベートも、クラウドはもっと「楽」に運用できる:
PR:ビッグデータ・先進技術の活用でDXを実現 今考えるべき「攻めのクラウド運用」のカギ
経済産業省が2018年に発表したDXレポートで「2025年の崖」として解説された、日本企業の課題。レガシーシステムを刷新し、時代に適応するにはクラウドネイティブな企業へと進化し、ハイブリッドクラウド環境を使いこなすことが求められる。そのために必要なキーワードやビジョンを、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいITRの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、解説していく。(2022/4/18)

ITR甲元氏が語る「守りのクラウド活用」のポイント:
PR:複雑化するクラウド環境 増大する「コスト」「セキュリティリスク」「管理負荷」を解消するカギ
クラウド化が進む中、セキュリティの負荷増大や災害時におけるBCP対応など、各企業は“守り”の面での課題が山積している。本記事では、企業のITインフラ/クラウドの事情に詳しいアイ・ティ・アールの甲元宏明プリンシパル・アナリストと伊藤忠テクノソリューションズとの対談を通し、クラウドを起点に守りを強化するための正しい考え方や、注目すべきキーワード「オブザーバビリティ」に関して解説する。(2022/4/18)

リテール&ロジスティクス:
延べ9.3万m2のカインズ専用物流施設が三重県桑名市で着工、伊藤忠商事ら
伊藤忠商事と伊藤忠都市開発は、三重県桑名市で、全国でホームセンター事業を展開するカインズ向け専用物流施設の開発を進めている。カインズでは、今回の施設を「西のマザーセンター」とし、中部エリアの店舗への配送機能と海外荷物の保管施設機能を備えるとともに、ロボット設備の導入による自動化も検討している。(2022/4/20)

プロジェクト:
東京・練馬区で全住戸にIoT設備を導入した新築分譲マンションを開発、伊藤忠都市開発
伊藤忠都市開発は、日鉄興和不動産とともに、東京都練馬区東大泉で開発を進めている新築分譲マンション「クレヴィア大泉学園」のモデルルームを、東京都渋谷区代々木の「ギャラリークレヴィア新宿」内で2022年1月8日にオープンした。クレヴィア大泉学園で導入しているIoT設備は、ギャラリークレヴィア新宿内のモデルルームに備え、家電や照明などの操作を体感できる。(2022/4/12)

「IT・ソフトウェア」が人気:
就活生に人気の企業ランキング、文系1位は「伊藤忠」、理系は?
ワークス・ジャパンは産業経済新聞社と合同で、2023年3月卒業・修了予定の大学生、大学院生を対象に就職希望先企業調査を実施した。文系総合の1位は伊藤忠商事、理系総合の1位は……?(2022/3/8)

製造マネジメントニュース:
日立建機は日立ブランドを堅持、伊藤忠の資本参加で北米事業を加速
日立建機は、日立製作所から伊藤忠商事と日本産業パートナーズが折半出資する「HCJIホールディングス合同会社」への日立建機株式の譲渡による筆頭株主の異動と、これに伴って推進する事業方針について説明した。(2022/1/17)

プロジェクト:
実質再生可能エネルギーを100%利用する延べ1.6万m2の分譲マンションを開発、東急ら
東急と伊藤忠都市開発は、神奈川県川崎市で計画を進める分譲タワーマンション「ドレッセタワー武蔵小杉」のモデルルームを2022年1月にオープンし、同年2月に専有部の販売を開始する予定だ。(2021/11/30)

伊藤忠、E Inkと協業 製品の世界展開で協力 DX化ニーズにも対応へ
伊藤忠が、電子ペーパーの世界最大手・E Ink Holdingsと協業。電子ペーパーを活用した製品群の世界展開を進める。(2021/11/24)

自然エネルギー:
再エネの需給管理を代行、伊藤忠らがアグリゲーション実証へ
伊藤忠商事と伊藤忠テクノソリューションズは、再生可能エネルギーの主力電源化に向けたアグリゲーションビジネスの実証を開始したと発表した。(2021/10/28)

自然エネルギー:
日本初の“再エネ100%”の分譲マンション登場、東急らが武蔵小杉に
東急と伊藤忠都市開発が、実質再生可能エネルギー100%の電力を利用する分譲タワーマンションを建設すると発表。分譲タワーマンションにおける実質再生可能エネルギー100%利用は、日本初だという。(2021/9/28)

伊藤園、「エビアン」ラベルレスボトル発売 輸入ナチュラルミネラルウォーターでは国内初
伊藤園・伊藤忠ミネラルウォーターズは8月23日、エビアンのラベルレスボトルを発売した。(2021/8/24)

プロジェクト:
大阪府箕面市で延べ2.1万m2のマルチテナント型物流施設が竣工、伊藤忠都市開発ら
伊藤忠都市開発や伊藤忠商事、サンケイビルは、大阪府箕面市森町西で、開発を進めていた「(仮称)箕面森町物流施設」が竣工したことを公表した。今後も、伊藤忠都市開発は、首都圏と関西圏を中心に、物流施設の開発を行う方針を示している。(2021/8/13)

伊藤忠のネットワークを活用して日本人好みのスマホを厳選:
美品の“3つ星スマホ”のみを販売 中古スマホサービス「にこスマ」の戦略
伊藤忠商事の100%子会社として2019年2月に設立されたBelongは、独自の厳しい検査基準を設けて国内外から良品・美品の中古スマホを集めて提供している。その検査基準で得られた人気は高く、「2020年の売上は2019年と比べて4倍から5倍」だという。大きな売上を獲得する中古スマホ取扱企業に話を聞いた。(2021/6/16)

プロジェクト:
国技館通り沿いで約10年ぶりの新築分譲マンション、2022年4月下旬に竣工
伊藤忠都市開発と東京建物は、東京都墨田区両国2丁目で新築分譲マンション「クレヴィア両国 国技館通り」の開発を進めている。MRCの調査によれば、クレヴィア両国 国技館通りは、両国の目抜き通りに位置する国技館通り沿いで約10年ぶりに供給される物件で、総戸数50戸以上の物件としては初となる。(2021/6/3)

人気のプレミアム食品 3位「デザート」、2位「パン類」、1位は?
伊藤忠グループのリサーチ会社、マイボイスコム(東京都千代田区)が「プレミアム食品・飲料に関する調査」を実施した(2021/5/15)

プロジェクト:
伊藤忠都市開発が建て替え円滑化法の個人施行方式により富ヶ谷でマンションを開発
伊藤忠都市開発は、東京都渋谷区富ヶ谷2丁目で開発中のマンション「クレヴィア渋谷富ヶ谷」を2021年2月20日に販売を開始した。(2021/5/14)

プロジェクト:
伊藤忠都市開発らが三重県桑名市で延べ9万m2の物流施設開発に着手
伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は、三重県桑名市で、土地所有者の矢作建設工業との間で用地取得の売買契約を締結し、物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の開発に着手した。(2021/4/7)

蓄電・発電機器:
太陽光の自家消費量を「ポイント化」、伊藤忠が新型蓄電池を発表
伊藤忠商事(以下、伊藤忠)がNFブロッサムテクノロジーズと共同開発した家庭用蓄電システム「Smart Star」シリーズの新製品、「Smart Star 3」を同年5月から販売すると発表した。(2021/3/8)

研究開発の最前線:
2つの“解放”で限界突破、NECや大林組など6社が共創型R&D事業会社を設立
NEC、大林組、日本産業パートナーズ、ジャパンインベストメントアドバイザー、伊藤忠テクノソリューションズ、東京大学協創プラットフォーム開発の6社は、事業会社、金融会社、アカデミアの連携による共創型R&Dから新事業を創出する新会社「BIRD INITIATIVE株式会社」を設立すると発表した。(2020/9/11)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
総合商社は「三菱」から「伊藤忠」時代に? 5大商社は大幅高
「投資の神様」という異名を持つ、ウォーレン・バフェット氏の「バークシャー・ハサウェイ」が、8月31日に三菱商事や伊藤忠商事といった、いわゆる「5大商社」の発行済株式総数の5%超を子会社で取得したという。5大商社の株価は、この発表が行われた31日以降、値上がりを続けた。なぜ、バフェット氏は日本の商社に目をつけたのだろうか。(2020/9/4)

ZEH:
東京都中央区初の高層ZEH-M支援事業に採択、伊藤忠都市開発
伊藤忠地都市開発が手掛ける「クレヴィア日本橋水天宮前 HAMACHO RESIDENCE」が、東京都中央区で初めて、環境省の「平成31年度高層ZEH-M支援事業」に採択された。(2020/6/5)

伊藤忠、ラズパイ活用の体温検知デバイスを発売 AIによる顔認識も
伊藤忠テクノソリューションズとスタートアップのIdeinは5月22日、「Raspberry Pi」を活用した体温検知デバイスを発売した。企業の受付や物流施設の出入り口などに設置すると、AIが発熱の疑いのある人を自動検知する。新型コロナの感染拡大防止などに役立てる。(2020/5/25)

製造ITニュース:
材料設計サービスや合金ライセンス販売を提供する合弁事業を開始
伊藤忠テクノソリューションズは、QuesTek Internationalと協業し、合弁事業を開始する。新たに「QuesTek Japan株式会社」を設立し、国内で材料設計サービスの提供や合金ライセンス販売に取り組む。(2020/3/6)

ロボデックス:
線路をつなぐだけで自走する搬送システム、小回りの利く柔軟さが強み
伊藤忠マシンテクノスは「第4回ロボデックス」(2020年2月12〜14日、東京ビッグサイト)において、同社が取り扱うドイツのmontratecのモノレール式搬送システム「montrac」を紹介した。(2020/2/17)

製造業がサービス業となる日:
既に37社が導入予定、THKが月額8000円の「LMガイドの予兆保全」サービスを開始
THK、NTTドコモ、シスコシステムズ、伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)の4社は、2018年10月に発表した製造業向けIoTサービス「OMNIedge」の正式受注を2019年12月18日に開始すると発表した。2020年1月から出荷を開始する。(2019/12/11)

プロジェクト:
相鉄と伊藤忠、十日市場センター地区22街区事業実施協定を締結
相鉄不動産と伊藤忠都市開発は、「十日市場センター地区22街区」の住宅開発で横浜市との間で事業実施協定と土地売買仮契約を締結した。子育て世帯をメインターゲットにSDGs未来都市の実現を目指す。(2019/11/20)

AI画像認識で豚の体重を推定 養豚農家をサポートする携帯端末登場
NTTテクノクロスと伊藤忠飼料が、AI画像認識で豚の体重を推定する端末を共同開発した。(2019/10/3)

“RPA+ジョブ管理”が可能な統合管理ソリューションが登場
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、RPAの統合管理ソリューション「RPAplus」を開始。RPAとジョブ管理を統合し、PCの特定業務を自動化するだけでなく、一連の業務プロセスも自動化できる。部門を超えて連携した一連のビジネスプロセス全体の管理も可能になる。(2019/6/10)

”自動化×自動化”で、「攻めるIT」を加速:
PR:次世代のRPAは、JP1×UiPathで実現
デジタルトランスフォーメーションの潮流や少子高齢化、人手不足を背景に、急速に企業導入が進むRPA。だがこれに伴い、RPAが誰にも管理されない“野良ロボット”化し、ガバナンスやセキュリティ面のリスクを増大させてしまう問題も増え続けている。これに対し、「ビジネスへの貢献」が強く求められているIT部門としては、どのような対応ができるのだろうか?――伊藤忠テクノソリューションズ(以下CTC)と日立製作所に、一つの“具体策”を聞いた。(2019/3/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。