ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「育休・産休」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

制度がない場合も:
男性の6割が「育児休業を取得しにくい」――企業に求められる対策は?
「育児休業を取得しにくい」と感じる男性は57.6%で、女性に比べて28.4ポイント高い。さらに男性の24.2%は「勤め先には育児休業がない」――そのような現状が日本労働組合総連合会の調査で判明した。企業はどのような対策を取るべきだろうか。(2020/11/27)

テレ東・須黒清華アナ、第1子妊娠を発表 「お腹が少しずつ目立ってきて」と安定期に入った笑顔ショット
めでたいっ!(2020/11/19)

原作と違う「男性の書き方」と「結末」 「82年生まれ、キム・ジヨン」に複雑な思いを抱いた話
韓国ベストセラーの映画化を漫画でレビュー。(2020/10/30)

建築×ロボット:
テレワーク化へ、建設現場用「アバターシステム」共同開発を開始
川田工業、芝浦工業大学工学部電気工学科宇宙ロボットシステム研究室安孫子聡子教授、川田テクノロジーズの三者は、建設現場の品質・出来形管理業務などの効率化、テレワーク化に向けたアバターシステムの共同開発を開始した。(2020/10/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
子育て世代支援からの地域創生
働きたくても働けない母親がクローズアップされ、社会問題化されていた中、「子どものそばで働ける世の中を当たり前に」という企業理念実現のために、オフィスとキッズスペースが隣り合わせになった新業態を目指した。(2020/10/8)

イクメン白書2020が発表:
3位は福岡、2位熊本 「イクメン力」全国ランキング、47都道府県で最も高かったのは?
積水ハウスが「イクメン白書2020」を発表した。男性の育休は「量・質」ともに改善傾向にあるようだ。「イクメン力」が最も高かった都道府県も発表し、3位は福岡県、2位は熊本県だった。1位は?(2020/9/17)

「ごはん行こっか!」 新社会人だった自分を支えてくれた、大好きな先輩に宛てた“ラブレター漫画”
すてきな出会いと、すてきなラブレター。(2020/9/8)

我慢すべき?:
育休復職後の悩み、4人に1人は「上司に全く伝えず」 まん延する無理解と対話不足
育休から復職後した人の4人に1人が、悩みや不満を上司に「全く伝えなかった」──そんな調査結果が出た。(2020/9/3)

働き方の「今」を知る:
最近よく聞く「ジョブ型雇用」の掛け声がどこか空疎に思える、これだけの理由
注目が集まるジョブ型雇用。やや言葉だけが独り歩きしている感もあるが、大手でも導入が進み「ジョブディスクリプション」の整備も進む。しかし、筆者の新田氏はジョブディスクリプションの整備だけでジョブ型の定着には不十分だと指摘する。(2020/9/3)

目指せイクメン:
約9割の男性国家公務員 1カ月以上の育休取得を予定
内閣人事局は、4〜6月に子どもが生まれた男性国家公務員の約9割が、1カ月以上の育休を取得予定だと発表。計画を作成できていない男性職員は5人。新型コロナウイルスの影響や災害対応により予定が見通せないためだとしている。(2020/8/28)

グループウェアとテレワークを活用:
PR:社員の能力をフルに引き出す環境づくりを徐々に進めるゼブラの歩み
文房具大国の日本で独創的な製品を生み出し続けているゼブラにとっての課題は、社員の能力をいかにフルに引き出すかだ。ゼブラはその実現に向け、グループウェアやテレワーク環境の活用を進めている。(2020/8/31)

三船美佳、第2子妊娠で産休入りを報告 妊娠9カ月の“ぽっこりおなかショット”でママの笑顔
本当もうすぐだ。(2020/8/16)

「私みたいなタイプ」 YouTube初登場の滝川クリステル、息子は“ハイハイ飛ばして立つ子”と明かす
コロナ禍で子育てに励んでいるクリステルさん。(2020/8/13)

妊娠中のニッチェ江上、相方との2ショット公開 コンビでポッコリおなかの“妊婦姿”に「予定日同じ?」とノリツッコミ相次ぐ
ちなみに江上さんの予定日は秋だそうです。(2020/7/31)

古谷有美アナ、妊娠&結婚を発表 8月から産休へ「かけがえのない家族を守らなければ」
めでたい!(2020/7/24)

パワーバランスの変化で問われる、価値観の刷新:
増えるストレス、見えた希望――コロナショックを機に、働き手の“反乱”が始まる?
新型コロナウイルスの感染拡大を機に、働き手の意識が変わった。テレワークも浸透し、仕事よりも生活を重視する層が増えている。一方、企業の腰は重く、働き手との「意識の差」がどんどん開くかもしれない。このままいけば、抑圧されていた働き手の反乱が始まる可能性がある。(2020/7/21)

日本に進出して21年:
気付けば日本に30店舗 コストコが女性から熱狂的に支持される理由
コストコが日本に進出してから21年。着実に店舗数を増やし続け、有料会員も600万人を超えた。特に女性客から圧倒的に支持される理由をビジネスモデルの観点から解説する。(2020/7/21)

高橋真麻、産休&育休中のつらかった経験は「ほぼ忘れました」 幸せな毎日に「目尻のシワが少し増えた」
仕事に復帰したばかりの高橋さん。(2020/7/15)

テレワーク中のコラボレーション【後編】:
ロックダウン中の従業員を支えたMicrosoft Teams活用
採用コンサルタント会社のHarvey Nashは、ロックダウンによって一部の従業員を一時帰休とした。同社はMicrosoft Teamsを活用して「あなたは1人ではない」と伝え続けた。その真意とは何か。(2020/7/15)

「多くの夫って夫婦のことを何にも考えていない」ボンクラ息子&父親に大迫恵美子の怒り炸裂 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
相談者「借金があることは分かって結婚したくせに」。(2020/7/6)

世相を反映:
大賞は“名ばかりイクメン”への皮肉 第4回「オリックス 働くパパママ川柳」に5万4610句の応募
第4回「オリックス 働くパパママ川柳」の入賞作品が決定した。過去最多となる5万4610句の応募があった。大賞となったのは……。(2020/7/2)

中島厚志がアフターコロナを見通す【後編】:
コロナが浮かび上がらせた論点、「ベーシックインカム導入」が難しい真の事情 ――企業は収益力を強化せよ
経済産業研究所前理事長で現在、新潟県立大学の中島厚志教授へのインタビュー。後編の今回は、中島教授が長年滞在したフランスの状況を中心に、ベーシックインカムや企業の収益性など、世界の動きを踏まえながら日本はどのような針路を取るべきかを聞いた。(2020/6/30)

「可哀想で胸が苦し……」「でも仕事しなきゃ」 矢口真里、0歳息子の“後追い”に働くママの葛藤明かす
ファンからは共感の声。(2020/6/28)

PR:「足で稼ぐ」はもう古い! オンライン商談で変わる営業の今
(2020/6/24)

BAS:
BAS「Metasys」の新バージョンはセキュリティリスクを可視化するダッシュボードを搭載
ジョンソンコントロールズは、新型コロナウイルスと共存する新たな業務形態「ニューノーマル」に適応する事業体制を構築するとともに、新型コロナウイルス対策となるビル設備の開発を進めている。(2020/6/4)

IT革命2.0〜DX動向調査からのインサイトを探る:
DXが進捗している企業は2025年に向けて人材採用・定着戦略を持つ
人材難、採用難の時代に、DXを推進できる組織は何をしているだろうか。調査で浮かび上がったのはデジタル化の対極にあるアナログな取り組みだ。(2020/5/20)

PR:テレワーク環境は「表示が遅い」? せっかく導入したVDI環境、苦情をはねのけて生産性を上げる秘策とは
職種や分野を問わず、さまざまな企業にテレワークをはじめとする多様な働き方が求められる中、VDIの導入が広がりをみせている。しかし、せっかくVDIを導入したにもかかわらず「遅い」「動かない」といった問題を抱え、従業員の生産性が上がらないケースも目立つ。こうした事態を防ぎ、スムーズな業務を実現するコツとは。(2020/5/18)

働き方の「今」を知る:
テレワーク中にサボっていないか、日本企業が従業員を熱心に監視してしまう理由
テレワークで従業員がサボらず仕事しているかを“監視”するシステムが話題になった。テレワークは本来「成果」を出すためなら「働く場所」を問わない制度のはず。それなのに、なぜこうなってしまうのか。ブラック企業アナリストの新田龍氏は、海外のケースを引きながら、「サボり」に対する国内外の温度感の違いを指摘する。(2020/5/6)

「間もなく育休が明ける。率直に言って発狂しそうだ」 パパが描いた育休と職場復帰の漫画に涙腺崩壊する人が続出
パパの愛情が深い〜!(2020/4/29)

「でも今は逃げられないんです」 現役看護師に聞いた新型コロナ対応の最前線、その苦しい現状
看護師のAさんからお話を聞きました。(2020/4/24)

4児の母が直面したテレワーク+家庭保育の壁! 仕事・家事・育児の同時並行が案の定うまくいかなかった漫画
未就学児にいまの状況をわかってもらうのは難しい……!(2020/4/20)

「産婦人科でコロナが出たら一大事!」 高橋真麻、“新型コロナ”の影響で夫の立ち会い出産が不可に
高橋さん「仕方のないことです」。(2020/4/5)

Amazon.co.jpで「新生活タイムセール祭り」3月27日から 家電、ノートPCなど新生活向けアイテムがセール価格に
新生活特集ページもオープンしています。(2020/3/26)

高橋真麻、妊娠8カ月のぽっこりおなかショット “激やせ”心配する声にも反応「手足は元々細いので……」
順調そうで安心。(2020/3/22)

共働き家庭の30代男性の約6割が「周囲より家事を分担している」と自負 しかし実際には……
(2020/3/19)

マイナビ調査:
男子学生の“イクメン”志向が超加速――「育児休業取る」「共働き」が初の半数超に
若い男性の就職後のイクメン志向が加速。男子学生の半数以上が「育児休業取る」「共働き」派に。マイナビが調査した。(2020/3/18)

ヘアケアブランドの「ラックス」、履歴書の顔写真と性別情報を撤廃 髪だけでなく社会のダメージもケア
個人の適性や能力に焦点を当てた採用を徹底するとのこと。(2020/3/8)

年間労働時間の上限を設定:
人材サービス業界の「ホワイト度が高い企業ランキング」、他社を引き離して1位を獲得したのは
人材サービス業界の“ホワイト度が高い企業”ランキング。2位「パーソルテンプスタッフ」、3位「パソナ」、4位「スタッフサービス」、5位「パーソルキャリア」と続いた。1位は?(2020/3/5)

メディアとPRのプロが語る:
なぜ広告は炎上するのか ダイバーシティ(多様性)とSNSの時代の企業コミュニケーション
多様性とSNSの時代、企業が情報発信において留意すべきことは何か。メディアとPR(パブリックリレーションズ)のエキスパートが語り合った。(2020/3/5)

大切なのは家族で“対話”すること――香川県「ネット・ゲーム規制条例」、子育て専門家が当てる焦点は
条例にすることに、どんな意味や注意点があるのか。子育て専門家にご意見を聞きました。(2020/2/28)

あの新聞社が1位を獲得:
「年収1050万円」「報酬に不満は全くない」 マスコミ業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」
企業口コミ・給与明細サイト「キャリコネ」が調査。マスコミ業界の「給与の満足度が高い企業ランキング」を発表。1位の企業は?(2020/2/10)

吉木りさが産休から復帰 共演の八田亜矢子、「妊娠前と変わらずすごく可愛いママさん」
おかえりなさい!(2020/2/7)

「1番頼りたい人に頼れない」孤独な育児はつらい……涙した日々を描いた漫画に働くママたちの共感が集まる
「無理」の言葉に心の糸が切れた瞬間。(2020/2/5)

所属企業の見解は:
「妊娠による減給」の認識に違いか 従業員のTwitter上でのマタハラ告発をDataGateway社が公式に否定
マタハラ被害にあったと従業員がTwitterで告発。所属企業はマタハラはないと公式Webサイトで否定。双方の認識に違いがあったのか。(2020/2/3)

採用側の意見は:
内定辞退セットに賛否両論 心のこもった「就活謎マナー」が企業にとっても大迷惑な理由
話題になった「内定辞退セット」。就活に関するマナーについての議論を巻き起こした。面接などの就職活動に、最低限のマナーは当然必要。しかし、その一方で、明らかに「ムダ」ともいえるマナーも中にはあるようで……(2020/2/3)

「かわいいが渋滞」「お子さん喜んでましたか?」 佐々木希、ミニオン帽子を被った“お忍びUSJ”ショットに反響
しかしかわいい。(2020/2/1)

「毎日幸せを噛みしめています」 滝川クリステル、息子に愛犬・アリスが寄り添う“ほっこりショット”投稿し出産後の心境つづる
17日に出産していたクリステルさん。(2020/1/29)

休暇・休業制度も数多く用意:
小売業界の「ストレス度の低い企業ランキング」 ダイエーやイオンを抑えて1位に輝いたのは?
「ストレス度の低さ」評価の平均値が高い順にランキングした「小売業界の“ストレス度の低い企業”ランキング」。2位はダイエー、3位はサンエー、4位はDCMカーマ、5位はセブン-イレブン・ジャパンと続いた。1位は?(2020/1/29)

家事や育児ができていない「とるだけ育休」が発生? 国や企業は推進、男性育児休暇取得微増も
育休満足度をあげる7つの法則、5つの準備が必要。(2020/1/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
小泉進次郎氏が叫ぶ「空気を変える」はズレている 男性育休が増えない真因
小泉進次郎環境相の「育休宣言」が話題になっているが、「空気を変える」と政治家が連呼することには違和感がある。確かに育休を取りづらい空気はあるが、それだけではない。男性が育児をするための「時間」を増やす政策が最も必要なのではないか。(2020/1/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。