ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「育休・産休」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

キャリアニュース:
男性育休取得率は約15%、39歳以下の8割が「将来取得したい」
パーソルキャリアが、学生を除く20〜59歳の男性555人を対象とした「男性育休に関する意識調査」の結果を発表した。「育休取得率」は約15%で、Z世代とミレニアル世代の80%以上が「将来育休を取得したい」と回答した。(2021/12/2)

マネフォ、社内向けAIチャットボット買収でUX向上とクロスセル狙う
マネーフォワードは11月30日、人事労務などの社員からの質問に答えるAIチャットボットを運営するHiTTO(東京都千代田区)を買収し子会社化すると発表した。20億円をかけて全株を取得する。(2021/11/30)

リクルートマネジメントソリューションズ調べ:
若手社員が考える「自律的・主体的なキャリア形成」 求められることに“ストレス感じる”声も
リクルートマネジメントソリューションズの専門機関、組織行動研究所が「若手・中堅社員の自律的・主体的なキャリア形成に関する意識調査」を実施した。(2021/11/30)

2030年には187万人の労働力が不足:
月経による労働損失は4911億円 経営者が実践すべき「女性の離職を減らすための健康経営」とは?
人材確保のためには女性特有の疾患を理解した「健康経営」を進めることが重要だと語るのは川島労働衛生コンサルタント事務所代表、産業医の川島恵美氏だ。月経による労働損失は4911億円とも試算される中、経営者が女性の離職を減らすための要諦とは?(2021/11/30)

「日本のデザインの信頼を背負っている」 グッドパッチの情シス担当が認証基盤をOktaで刷新するまで
グッドパッチは2020年6月にデザイン会社で初めて東証マザーズにIPOした新進気鋭の企業だ。「日本のデザインの信頼を一身に背負っている」という同社で情シスを務める担当者は認証基盤の刷新をどのように進めたのだろうか。詳細を聞いた。(2021/12/3)

【お仕事楽しい】電話で「上司に代われ!」と言われたので声色を変えて「上司です」 豪快なクレーム処理に「自分もやった」
もうそれでいい時あるよね実際。(2021/11/26)

子育ては筋トレ……! 榎並大二郎アナ、息子の笑顔のため腹筋100回してしまう「明朝ベッドから起き上がれるか不安」
息子がキャッキャッと喜んでいるかわいらしい動画も公開。(2021/11/25)

喉元過ぎれば熱さを忘れる、でよいのか:
テレワーク終了宣言? 経団連「出勤者7割減見直し」提言に潜む違和感の正体
経団連が出した提言が波紋を呼んでいる。コロナ対応を踏まえた、テレワークによる「出勤者数の7割削減」を見直すべきだという内容だが、経済界の「テレワーク終了宣言」と見えないこともない。(2021/11/24)

男性育休「義務化すべき」が42.6% 取得してよかった・困ったことは?
転職サービス「doda」を提供するパーソルキャリアが、学生以外の20〜55歳の男性を対象に「男性育休に関する意識調査」を実施した。(2021/11/22)

0歳児のママの「保活レポ」漫画が参考になる 復職の相談、在職証明の取得……保育園探しはやることが山積みでした
保活って本当に大変。(2021/11/19)

638人に聞いた:
「求人情報の内容を半分以上信じていない」女性が37.3% 信じない理由3位は「少し盛っていると思う」
キャリアデザインセンターは、女性会員を対象に「求人情報の見方」についてアンケートを行った。求人情報に書いてある内容を半分以上信じていない人は37.3%と、3人に1人いることが分かった。(2021/11/15)

「欲しいっていうから産んでやったのに…!」 ワンオペ育児で限界、「産後クライシス」の体験を描いた漫画に「泣いた」と共感の声
解決策は意外とシンプル、でも難しい。(2021/11/12)

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児休業中、給付金がもらえる条件は? 社会保険料の免除は? 法改正で変わるポイント
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第3回目は、育児休業に関する社会保険上のサポートについて解説します。(2021/11/12)

幽霊が見えてしまう先生が霊に懐かれる漫画 生徒と間違えて声をかけてしまい……
完全になつかれた。(2021/11/10)

女性に聞いた「男性が育休を取るメリット」 5位は「日本の風潮を是正する」、トップ4は?
キャリアデザインセンターは、「女の転職type」の女性会員を対象に「男性の育休」についてアンケートを行った。男性が育休を取るメリットの1位は「子育ての喜び・大変さを知る」だった。(2021/11/9)

育休から職場復帰したら、息子と向き合える時間がグッと減ってしまい…… ワーママの葛藤を描く漫画に「共感しか無いです」と反響
頑張りすぎないことも大切。(2021/11/4)

専門家のイロメガネ:
アメリカのスタバ時給1900円から考える「安い日本」
コーヒーチェーンを展開する米スターバックスが、米国で時間給社員の平均賃金を来夏に平均で17ドル、現在の為替レートで約1900円まで引き上げることが報じられた。日本でも高齢化によって人手不足は深刻な状況にあるが、賃金水準は30年前から横ばいだ。一方で、日本は食料の半分を、エネルギーの大半を輸入に頼っている。現在の傾向が続けば賃金は低く物価は高い状況、つまり「安い日本」から「貧乏な日本」になってしまう日も近い。(2021/10/31)

兼松 決裁電子化&電子会議システムを構築 テレワークのため社内規定そのものを見直し、業務を効率化
総合商社の兼松は2021年4月から、テレワークの導入をきっかけに紙の申請書や押印による決裁をデジタル化し、役員会議もタブレット上で行えるようにした。電子化により年間約14万枚の紙を削減できたなど、コスト削減にも寄与した。(2021/10/29)

ツイ廃にしか分からない“割と最近の育児アカウントの様子”を描いた漫画がリアルすぎて共感呼ぶ 「わかります」「天才」
ツイ廃から賞賛の声が続々。(2021/10/29)

【お仕事楽しい】「『AIに仕事が奪われる、こまった!』じゃあないんだよ」 “AIに仕事をとって変わられる人”の本音をストレートに言うと……
コンピュータの進化は私たちの生活を変える。(2021/10/22)

よく分かる! 改正育児・介護休業法:
育児・介護休業、何が緩和されたのか 取得要件を整理する
連載「よく分かる! 改正育児・介護休業法」の第2回目は、有期雇用者の取得要件緩和、取得の柔軟化を中心に解説します。(2021/10/22)

時東ぁみ、約4年半の不妊治療を経て第1子妊娠を発表 夫は「Psycho le Cemu」のDAISHI
おめでとうございます!(2021/10/21)

【その視点はなかった】嫌われるおじさんの原因は「おじさんっぽい言動」ではなくむしろ「若いころの言動が抜けてないこと」にあるのでは
身につまされます、本当に……。(2021/10/21)

【お仕事楽しい】弊社、「報告・連絡・そうはならんやろ」みたいなことが多すぎる
大ボケな間違い報告、くらったことありますよね。(2021/10/20)

何を変えるべきなのか:
セクハラ研修の「形骸化」問題を考える 本当に不祥事を防ぐ、質の高い研修とは?
コンプライアンス研修を実施していても不祥事が発生してしまうのは、企業として伝えたいメッセージが従業員に届いていなかったためといえる。質の高いコンプライアンス研修の在り方とは。(2021/10/15)

キャリアニュース:
コロナ収束後に再転職したい人の65%が「現在と異なる職への転職」を希望
マイナビが「転職活動における行動特性調査2021年版」の結果を発表した。転職活動した人は前回調査より増加したが、転職できた人は減少していた。また、コロナ収束後に再転職したい人のうち、65%が「現在とは異なる職に転職したい」と回答した。(2021/10/14)

新連載:「女性活躍」はこんなふうに:
22年4月施行の改正・女性活躍推進法に備え、企業がやるべき3ステップ 新たに義務化されることは?
22年4月に迫る改正法の施行に向けて、改正の内容や早めに準備しておくべきこと、注意すべき思わぬ落とし穴などについてお伝えするほか、具体的にやるべきことをステップごとに解説します。(2021/10/13)

つるの剛士、教育実習用エプロンに「ウルトラマン」の自作アップリケ ファン「ちょうど子供達の目線にウルトラマンいるの最高」
ウルトラマン同士の夢の共演。(2021/10/12)

「妻への尊敬の気持ちが強まりました」 榎並大二郎アナ、育休期間を終えて“家事育児”の苦労を実感
榎並アナ「明日からが本当の意味でのスタート」(2021/10/4)

【お仕事楽しい】「言い出しっぺが全部やる」のをやめようと社長に提案したところ……? 落語みたいなオチに「これはいい現代落語」「うちも一緒」の声
だからそれがいけないんですって。(2021/9/30)

【お仕事楽しい】新卒二年目の社員が辞めた理由、それは偉い人が食べていた「食パン」……!
確かに夢はないかも。(2021/9/29)

つるの剛士、幼稚園での教育実習がついに始まる “つるの先生”デビューに「緊張やらワクワクやら」
つるの先生ファイト!(2021/9/29)

【お仕事楽しい】接客業経験者が客側で焦るとき、それは「レシートの端が赤い」とき……!
これは焦るわ。(2021/9/29)

仕掛け人を直撃:
商品名に「パーフェクト」ってどうなの? 「パーフェクトサントリービール」担当者が社内を説得できた理由
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。同社初の糖質ゼロビールはどのようにして開発されたのか。(2021/9/29)

【お仕事楽しい】Twitterにあるのは「〜〜しないと出られない部屋」、しかし現実にあるのは「定時になっても出られない部屋」
世知辛すぎる……。(2021/9/28)

夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
睡眠って大事!(2021/9/27)

【お仕事楽しい】書類作成に疲れて「刺身にタンポポを乗せる仕事したい」といったら後輩「マジで気が狂うので単純労働なめちゃ駄目っすよ」
楽な仕事ってないですね……。(2021/9/26)

ひげが伸びた榎並大二郎アナ、“ワイルドパパ”姿でベビー服初洗濯エピソードを回顧 新しい命を迎え入れると実感
息子の衣類を干した際に思い出した当時の出来事。(2021/9/25)

育休中の榎並大二郎アナ、息子の“寝かしつけ”に挑戦 手こずる新米パパの様子に共感の声「1番難関な作業」
パパとして奮闘中。(2021/9/22)

11カ月違いの2児を育児中の光上せあら、仕事との両立に不安 幼稚園に行くまでは「働くのはやめようかなぁ」
一方で、出産休暇と育児休暇を繰り返し、社会へ出ないことへの不安も。(2021/9/19)

「元気な赤ちゃん産んできます!!」 第2子妊娠の矢口真里、幸せ笑顔ショットで“産休入り”を報告
ファンイベントを最後に産休入り。(2021/9/19)

改正のポイント:
よく分かる「改正育児・介護休業法」 男性育休は何週間? 休業中に仕事をしたら?
通常国会で、育児・介護休業法改正案が成立しました。今回の改正の柱の一つが、男性の育児休業取得促進です。改正のポイントは何でしょうか?(2021/9/17)

想像を超える“母の器のでかさ” ティッシュへのいたずらも「賢い」「かわいい」 孫への愛を描く漫画に共感の声が集まる
多くの人が戸惑う子どもの自我の芽生え。下の子の誕生で受け止められるようになるケースも。(2021/9/14)

2歳息子「早く大人になりたい、まーるいのになりたいの」 おじに憧れる息子の“謎の目標”を知ったパパの漫画に心がギュッとなる
ゆっくりでいいんだよぉぉ……!(2021/9/9)

キャリアニュース:
育児休暇の実態調査、男性は「取得した」が1割、「取得したい」が6割
ランクアップが「子育て世帯の育児休暇の実態」に関する調査結果を発表した。男性回答者のうち、育児休暇を「取得したことがある」のは1割で、約6割が「取得したいと思ったことがある」と回答した。(2021/9/9)

【お仕事楽しい】普段飲んでる薬を聞かれた患者「白い錠剤です」 →医師「1万種類くらいまで絞れました」
ヒントの幅が広すぎる。(2021/9/3)

【お仕事楽しい】転職の時に念頭に置いたほうがいい“6つの条件”が参考になる 「未経験者歓迎は危険」「アットホームな環境は地雷」
どれも大事!(2021/9/3)

【お仕事楽しい】豪州で「日本にはデッドラインとは違うシメキリという死んでも守る約束がある」と教えた結果、「これはどっち?」と聞かれるようになった
納期、大切ですもんね……。(2021/9/2)

「地方の家族と同居したい」と引っ越すテレワーク社員 出勤時の新幹線代は「出張扱い」になる?
「遠方の配偶者と同居したい」と新幹線通勤を希望する社員がいます。通勤は月に1〜2回ほどですが、移動費用は「通勤手当扱い」と「出張扱い」、どちらにすべきでしょうか?(2021/8/31)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
10%に満たない女性管理職 なぜ「上」に行けないのか
女性軽視発言やセクハラについては、多くの人たちが問題にするようになった。しかし「女性リーダーの数を増やす」ことには否定的な意見も多く、結果として女性管理職は8.9%、女性の衆議院議員は9.9%と非常に低い。なぜ女性は「上」に行けないのか。(2021/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。