ニュース
» 2021年12月10日 22時44分 公開

兵庫県伊丹市がサイボウズのクラウドサービスを導入 クラウド導入自治体の先駆けに

伊丹市がサイボウズのクラウド版「Garoon」「kintone」を導入した。市民サービス充実と市職員の生産性向上を図る。

[ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 サイボウズは2021年12月8日、兵庫県伊丹市が職員約1500人の情報共有基盤としてサイボウズのクラウド版「Garoon」と「kintone」を導入したと発表した。

 伊丹市は2019年から「超勤レス」「ペーパーレス」「キャッシュレス」の3つを柱とした「Smart Itami宣言」のもとで働き方改革と業務効率化に取り組んできた。また、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染対策に適した生活様式に対応する中で、新しい情報共有基盤の必要性が高まり、20年前に導入したグループウェアのリプレースが課題となった。

「住みたい街」「住み続けたい街」であるために

 伊丹市はGaroonとkintoneを、職員が業務改善に取り組み、働き方改革を実現する情報共有基盤として導入した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Native Leaders

注目のテーマ