ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「28歳から挑戦するITアーキテクト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「28歳から挑戦するITアーキテクト」に関する情報が集まったページです。

28歳から挑戦するITアーキテクト(12)〜実践編〜:
最低10年使える業務アプリケーション(後編)
前回「最低10年使える業務アプリケーション(前編)」は数年間アプリケーションを保持し運用し続けるためには多くの問題がある点を見てきた。今回は後編として、それらの原因と解決の方策を探り、現代のアプリケーションは長期運用に耐えるのかを考えたい。(2006/8/9)

28歳から挑戦するITアーキテクト(11)〜実践編〜:
最低10年使える業務アプリケーション(前編)
これまでの連載ではITアーキテクトとして日々考慮すべき内容について、特に実践編では具体的にどういった行動が必要であるかを考えてきた。では、それらを踏まえ、アプリケーションを構築して運用に乗せた場合、果たしてそのアプリケーションは何年間の寿命を持つことができるのだろうか?(2006/7/7)

28歳から挑戦するITアーキテクト(10)〜実践編〜:
アプリケーションサーバを自在に操れ!
アプリケーション構築を行う場合、前回「システム全体を連続稼働に持ち込め!」述べたとおりハードウェア構成やネットワークなどを把握したうえで構築しなければならない。今回は、さらにその上、ソフトウェアの世界であっても、土台となるアプリケーションサーバが登場してくる。現在、企業向けアプリケーションを構築する場合、「アプリケーションサーバ」という名のミドルウェア上で作成するのがほとんどの場合だろう。このアプリケーションサーバ、果たして本当に理解して利用しているだろうか?(2006/6/9)

28歳から挑戦するITアーキテクト(9)〜実践編〜:
システム全体を連続稼働に持ち込め!
ソフトウェアとハードウェア。前回「基盤技術にロック・オンされていないか?」で詳しく述べたとおり、本来は切っても切れない間柄にある関係だが、意外にも開発現場ではポッカリと抜けていることが多く散見されるようになっている。(2006/4/12)

28歳から挑戦するITアーキテクト(8)〜実践編〜:
基盤技術にロック・オンされていないか?
ITアーキテクトを目指す多くの人々は、現在、プログラミングを主な作業として仕事に従事しているのではないだろうか。プログラミングを行う場合、Javaなど特定の言語のみを主軸としている人と、振られる仕事によって言語を切り替えるような、複数の言語を同時に操っている人とに分かれるだろう。今回はプログラミング言語を中心とした開発系の話が中心である。(2006/4/7)

28歳から挑戦するITアーキテクト(7)〜実践編〜:
ITアーキテクトを実践する
ITアーキテクトという言葉が浸透し、『ITアーキテクトとは何か』という議論がさまざまなところで行われてきた。現在はその次の段階、すなわち『ITアーキテクトは実際に何をどうすべきなのか』という議論が戦わされる段階に入っている。(2006/3/15)

28歳から挑戦するITアーキテクト(5):
誰のためにシステムをつくっているのか?
(2005/12/2)

28歳から挑戦するITアーキテクト(4):
その設計はちゃんと動くのか?
(2005/11/9)

28歳から挑戦するITアーキテクト(3):
その設計で運用は救われるのか
(2005/10/19)

28歳から挑戦するITアーキテクト(2):
アーキテクチャの採用理由を説明できるか?
(2005/9/14)

28歳から挑戦するITアーキテクト(1):
ITアーキテクトへの“脱皮”の覚悟
(2005/8/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。