ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「THE PREMIUM 821SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「THE PREMIUM 821SH」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクのシャープ端末に新着S!メールが表示されない現象──ソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは7月29日、シャープ製端末11機種で、ごくまれに新着S!メール受信操作をしないと新着S!メールが表示されない場合があることを明らかにした。「913SH」「920SH」「816SH」「820SH」「821SH」は、同日ソフトウェア更新を開始している。(2008/7/29)

着せ替えパネルは木や本物の牛革――「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」
「THE PREMIUM TEXTURE 823SH」はスリムワンセグケータイの第3弾。THE PREMIUM 820SH/821SHでは背面にステンレスパネルを採用していたが、THE PREMIUM TEXTURE 823SHは本物の牛革や木のパネルで着せ替えられる。(2008/1/28)

上質デザインのワンセグ携帯「THE PREMIUM 820SH/821SH」──価格は実質780円/月から
金属素材とスリムボディで“プレミアム感”を演出する「THE PREMIUM 820SH」と「THE PREMIUM 821SH」が店頭に並んだ。新スーパーボーナスを利用した新規一括価格は7万1520円、特別割引額を適用した実質価格は780円/月から。(2007/12/11)

上質なスリムワンセグ「820SH」「821SH」、12月6日に発売
デザインと質感にこだわったソフトバンクモバイルのスリムワンセグケータイ「THE PREMIUM SoftBank 820SH」と「THE PREMIUM SoftBank 821SH」が、12月6日から店頭に並ぶ。ワンセグやHSDPAに対応しながら820SHは13.4ミリ、821SHは12.9ミリという薄さの端末に仕上げた。(2007/12/5)

神尾寿の時事日想:
820SH/821SHが意味するものとは――ソフトバンクモバイルの冬モデル
冬モデル端末の発表会で「今回のラインアップでは“プレミアム”をテーマ」と話した孫社長。そこから感じたのは、“ケータイ市場の中心”に斬り込もうとするソフトバンクモバイルの勢いと意気込みだった。(2007/10/24)

写真で解説する「THE PREMIUM 821SH」
ワンセグ搭載の折りたたみ端末として世界最薄の「THE PREMIUM 821SH」。同じシャープ製の820SHとはデザインが異なる兄弟機で、“プレミアム感”をコンセプトに落ち着いた高級感を演出している。(2007/10/23)

“折りたたみワンセグ最薄”HSDPA対応のステンレス端末――「THE PREMIUM 821SH」
ソフトバンクモバイルの「THE PREMIUM 821SH」は、「THE PREMIUM 820SH」の兄弟機となるシャープ製端末。ヘアラインを施したステンレスボディは、ワンセグ搭載の折りたたみ端末最薄となる厚さ12.9ミリで、HSDPAに対応する。(2007/10/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。