ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「A応P」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「A応P」に関する情報が集まったページです。

登場人物全員ヒャッハー! 舞台「北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐」のビジュアル解禁、納得のザコ感!
アイドルグループ“A応P”の水希さんもヒャッハー化。(2017/8/18)

ヒャッハー! ザコが主役の舞台「北斗の拳‐世紀末ザコ伝説‐」が上演決定だー! 声の出演に千葉繁も
ザコの日常が描かれるのだろうか。(2017/6/5)

A応Pや橘龍丸らも出演! アニメ&声優&2.5次元のライブイベント「超!アニメディア劇場」3月22日・23日に開催決定
アニメディアってもう35週年なんだ……。(2017/2/25)

10代のボカロ人気にかげり? 2016年「年代別カラオケランキング」をJOYSOUNDが発表
若い世代に「シュガーソングとビターステップ」が大人気! 「海の声」も世代問わず幅広い人気を見せました。(2016/12/22)

「アニメロサマーライブ2016」NHK BSプレミアムでの放送日時が決定 11月13日から6週連続で
放送詳細も公開!(2016/9/30)

アニメロサマーライブ2016、11月にNHK BSプレミアムで放送決定! 見なきゃ
録画もしなきゃ。(2016/8/29)

大人も子どもも楽しめる! 東京おもちゃショーを盛り上げるステージ、美人コンパニオンさん&イケメンスタッフさんを紹介
タカラトミーアーツブースにはA応Pが登場して熱唱&商品紹介!(2016/6/10)

お粗末どころか一級品! おそ松さん「はなまるぴっぴはよいこだけ」を超絶バイオリニスト&ドラマーがカバー
実力派の女性演奏家、石川綾子さんと川口千里さんが「はなまるぴっぴはよいこだけ」を本気セッション。(2016/5/9)

「おそ松さん」最終話を見終わった松クラスタの声 → 「ネタバレするのが逆に難しい」
こんなときどういう顔をすればいいかわからないの。(2016/3/29)

天使の光臨や……! 声優・花澤香菜さんが地上波音楽番組に初出演
音楽面でもさらに活動を広げる花澤さん。(2016/3/23)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

女子小学生のリアルな恋心を描く……だと? ちゃおで連載中の「12歳。」がアニメ化
同世代の女の子たちに向けた作品です。(2016/3/3)

「ニコニコ超会議2016」さらに会場を拡大し過去最大規模に 「超野球」「超刀剣」「超・真田丸」など新企画も
ついにQVCマリンフィールドまで超会議エリアに。(2016/2/18)

「おそ松さん」OP曲を歌うA応P、声優アワードで特別賞を受賞 「活動実績とアニメ業界の盛り上げに期待」
最近カラオケで「はなまるぴっぴ はよいこだけ」と「全力バタンキュー」歌った人も多いのでは。(2016/2/16)

GLAYのHISASHIさんによる「おそ松さん」OP曲演奏がかっこよすぎ 「さすが一三四松さん」
家宝は弾いて松。(2016/1/25)

ああっおそ松さまっ! 藤島康介先生が描く「おそ松さん」がかっこよすぎザンスー!
イケメンになり胡散臭さが増したイヤミの姿も。(2015/12/9)

「おそ松さん」第2クールオープニングテーマ、第1クールに続き「A応P」が担当
またあの中毒性のある声が聞ける。(2015/12/7)

アニメ「おそ松さん」からドラマCD 「ドラ松CD」発売
全7巻。6つ子たちが2人1組になって“お仕事体験”に挑みます。(2015/12/6)

「監督不行届」がアニメ化 声優に林原めぐみや山寺宏一
4月よりテレビ東京ほか。(2014/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。