ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「浅倉大介」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「浅倉大介」に関する情報が集まったページです。

小室哲哉、引退を発表 不倫疑惑「騒動のケジメとして」
【追記あり】「自発的な音楽活動は本日をもって終了させて頂きます」とコメント。(2018/1/19)

小室哲哉が新音楽ユニット結成! “タンス”から浅倉大介との師弟コンビ説が浮上
これは楽しみ。(2017/7/13)

ダイナ、コスモスも参戦! 「ウルトラマンオーブ THE ORIGIN SAGA」第1弾PVが公開
追加キャストに福田沙紀さん、榎木孝明さん、和泉元彌さんら。(2016/12/15)

浅倉大介、「お湯が出ない界の神」となる 実家ゆずりの凍結対処法に救済され崇める人も
「ダイスケ的にもオールオッケー!」。(2016/1/25)

名プロデューサー佐久間正英さん死去 ミュージシャンからTwitterなどで追悼メッセージ多数
GLAY、JUDY AND MARY、くるりなどを手がけた名プロデューサー。(2014/1/21)

浅倉大介、森雪之丞がVOCALOIDを語る──男声ボカロトリオ「ZOLA PROJECT」デモ曲について聞いてきた
「プロの調教師を目指したい(笑)」「人間だと思って作詞」──個性的な声を持つ3人組の男声VOCALOID「ZOLA PROJECT」のデビュー曲を手がけた浅倉大介さん、森雪之丞さんにZOLAやVOCALOIDについて思うことを聞いてきた。(2013/6/21)

accessのライブで盛り上がろう! ニコ生で全編配信
浅倉大介さんと貴水博之さんのユニット「access」のライブをニコニコ生放送で配信する。ライブツアー「access TOUR 2011 OPERATION CONNECT」の追加公演で、会場の中野サンプラザから届ける。配信は8月28日17時30分〜。(2011/8/10)

ニコ生で「2次創作ワークショップ」最終回 浅倉大介さん出演
プロのミュージシャンが提供する課題曲を使ってユーザーに2次創作してもらう企画「2次創作ワークショップ2」最終回をニコニコ生放送で配信する。応募作品から大賞を決定。浅倉大介さんらがゲスト出演する。配信は4月11日18時0分〜。(2011/4/7)

ニコ生で「二次創作ワークショップ」 浅倉大介さん出演
音楽アーティストが提供する課題曲を使って二次創作するコンテスト「二次創作ワークショップ2」に合わせたニコニコ生放送の番組。浅倉大介さん、日本音楽制作者連盟の山口哲一理事らをゲストに迎え、二次創作に関する素朴な疑問を話し合う。配信は3月6日18時0分〜。(2011/3/3)

松武秀樹、浅倉大介、向谷実など豪華メンバー出演 「さよならヤマハ渋谷店コンサート」、Ustreamで有料配信
昨年12月26日に閉店した楽器店「ヤマハ渋谷店」を愛するミュージシャンが、有志を募って企画したコンサートを、有料(1050円)で配信する。歴代のシンセサイザーを活用した演奏など、ヤマハ渋谷店44年の歴史とリンクさせた内容になるという。出演は浅倉大介さん、大澤誉志幸さん、サンプラザ中野くんさん、中西圭三さん、椎名和夫さん、松武秀樹さん、向谷実さんなど。配信は1月19日19時0分〜1月19日21時30分。(2011/1/13)

こたつみかん&ライブ配信 年末年始おすすめ番組はこれだ!
こたつに入ってみかんを食べつつ、テレビ……ではなくネットのライブ番組はいかが?(2010/12/28)

浅倉大介さん、カウントダウンライブ
浅倉大介さんのカウントダウンライブを生で配信する。浅倉さんはTwitterで「みんなリアルタイムに全力でコメントしるw!!!」と呼びかけている。配信は12月31日23時0分〜。(2010/12/28)

Kimeruの「Starry Heavens」「White Night」の着うたを独占先行配信
(2006/10/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。