ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「浅沼晋太郎」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「浅沼晋太郎」に関する情報が集まったページです。

【Amazonキャンペーン】「ヒプノシスマイク」直筆サイン入りポスターが当たる! Prime Music/Music Unlimitedキャンペーン(5/7まで)
A〜E賞まで各5人ずつ、合計25人に当たります。(2019/4/25)

ヒプマイ初のフルアルバム「Enter the Hypnosis Microphone」が発売&配信開始!
Amazon Musicでは直筆サインポスターが当たるキャンペーンも。(2019/4/24)

「WEBマンガ総選挙2018」1位受賞記念:
思わずうなずく“都道府県あるある” マンガ『四十七大戦』の一二三が意識する「地元の視点」と「外部からの視点」
「WEBマンガ総選挙2018」の1位受賞を記念して、『四十七大戦』の一二三さんにインタビュー。記事後半ではコラボカフェの情報も。(2018/9/13)

映画「夜は短し歩けよ乙女」舞台あいさつにメガネな“先輩”星野源 花澤香菜、ロバート秋山ら個性的メンバーに神谷浩史「異種格闘技みたい」
星野源さんの口からは安定のえろネタも。(2017/3/10)

アニメ「さくらインターネット 新生」 さくらインターネットが創業20周年記念に公開
テーマは挑戦。(2017/1/26)

TRIGGER制作、浅沼晋太郎さんと茅野愛衣さんが出演! キリン「氷結」のWeb限定アニメCMが公開
続きはまだか……!(2016/8/3)

「ゼーガペイン」10周年プロジェクト始動 BD BOXやイベント上映
テレビシリーズを再編集し、新規カットを加えた「ゼーガペイン ADP」のイベント上映などを予定。(2016/3/27)

ローソンで「ダイヤのA」キャンペーン ブロマイド販売や逢坂良太さんの店内放送も
アニメで秋大会決勝・後半戦が盛り上がる時期に合わせたキャンペーン。(2016/3/9)

新海誠さん自主制作アニメ「彼女と彼女の猫」原作アニメ、テレビ放映決定
放送枠はULTRA SUPER ANIME TIME!(2016/1/11)

「暗殺教室」から烏間先生(♂)のおっぱいならぬ「胸板マウスパッド」が投下 ビッチ先生やったね!
烏間先生の指導で果たせ暗殺! 烏間先生の胸筋で防げマウス症候群!(2015/8/28)

「サイボーグ009VSデビルマン」メインキャスト発表 不動明は浅沼晋太郎さん
デビルマン側のキャストが発表されました。(2015/7/13)

「Wake Up, Girls!」アニメ未公開ストーリーがオーディオブックに
オトバンクで配信しているほか、アニメイトなどではダウンロード用のカードを販売している。(2015/6/5)

舞台「ダイヤのA」公演延期が発表されるも演出家は聞いておらず 「諸般の事情」「前向きな延期」
相次ぐ先行予約の延期、キャストの未発表など、不安の声が上がっていました。(2014/12/18)

ニッポン放送主催「アニメ紅白歌合戦」、2012年2月開催
ニッポン放送のアニソンイベント「アニメ紅白歌合戦」がおよそ10年ぶりに開催。紅組司会は声優の豊崎愛生さんだ。(2011/11/24)

ハトと恋する乙女ゲーム「はーとふる彼氏」がドラマCDになるぞ!
ハトと恋愛するというアバンギャルドさで話題になった同人ゲーム「はーとふる彼氏」がドラマCD化。作者の脳内キャスティングがほぼ実現というから驚きだ。(2011/10/28)

夏らしい名曲連発のスフィアライブ Shake×Sphere -夏の夜の夢-
寿美菜子さん、高垣彩陽さん、戸松遥さん、豊崎愛生さんの4人からなるユニット、スフィアのコンサートが8月30日、JCBホールで開催された。コントあり、ライブあり、紙芝居ありの、盛りだくさんのイベントをリポートする。(2009/10/14)

戸松遥さんが恋をした――!? 「神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS」ブロガー限定プレミア試写会
4月からMBSほかにて放送開始予定の「神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS」のブロガー限定プレミア試写会が東京・都内で開催された。(2009/4/2)

アトラス「救急救命カドゥケウス2」を発売
アトラスから、ニンテンドーDS向けドラマティック手術アクションゲーム「救急救命カドゥケウス2」が8月7日に発売されることが決定した。(2008/4/11)

ドコモと角川、WOWOW向けアニメ「ムシウタ」を発表
NTTドコモと角川グループが、オリジナル映像作品の制作に乗り出した。それが、WOWOWでノンスクランブル放送されるテレビアニメーション「ムシウタ」だ。制作発表には豪華声優陣も駆けつけた。(2007/6/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。