ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バンドパスフィルタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バンドパスフィルタ」に関する情報が集まったページです。

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(3):
BPFプログラムの作成方法、BPFの検証器、JITコンパイル機能
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、BPFプログラムの作成方法、BPFの検証器、JITコンパイル機能について解説します。(2018/12/26)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(2):
BPFのアーキテクチャ、命令セット、cBPFとeBPFの違い
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。今回は、Linuxで用いられるBPFのアーキテクチャなどを説明する。(2018/12/10)

Berkeley Packet Filter(BPF)入門(1):
パケットフィルターでトレーシング? Linuxで活用が進む「Berkeley Packet Filter(BPF)」とは何か
Linuxにおける利用が急速に増えている「Berkeley Packet Filter(BPF)」について、基礎から応用まで幅広く紹介する連載。初回は、BPFの歴史や概要について。(2018/11/22)

「6年経っても毎年集まる素敵な大切な仲間たち」 菜々緒、30歳の誕生日を「主に泣いてます」メンバーに祝われ感激
ドラマ共演がつないだ絆。(2018/10/29)

MWE 2015:
増幅器やアンテナの設計機能を強化――AWR
AWR Japanは「MWE 2015」で、同社の設計環境ソフトウェア「NI AWR Design Environment」の新バージョンを紹介した。デモでは、新バージョンで強化した増幅器設計機能やフェーズドアレイアンテナの放射パターン解析、無線送信機/受信機のスプリアス解析機能などを披露した。(2015/12/2)

Google Chrome安定版のアップデート公開、複数の脆弱性に対処
Flash Playerを最新版に更新したほか、9件のセキュリティ問題を修正している。(2014/4/30)

TDK SESUB-PAN-T2541:
Bluetooth Low Energy対応の通信モジュール、IC内蔵基板で4.6×5.6mmを実現
TDKのBluetooth Low Energy対応通信モジュールは、4.6×5.6×1.0mmという小型サイズを実現していることが最大の特長だ。小型化の鍵となっているのが、同社が「SESUB(セサブ)」と呼ぶIC内蔵基板である。(2014/2/13)

マイクロウェーブ展2013:
製造現場で高周波部品の特性を計測、MRFのポータブル測定装置
エム・アールエフは、Mini-Circuits製の高周波部品やポータブル測定システムなどを展示した。ポータブル測定システムは製造現場での高周波計測に向けたものである。また、ロスが少なく放熱特性に優れたTELEDYNE製の高周波回路用基板なども来場者の注目を集めた。(2013/12/3)

無線通信技術:
無線通信モジュールの厚みをアンテナ込みで1mmに、Insight SiPが設計IPを提案
無線通信用のトランシーバモジュールなどの設計情報をIPとして提案するInsight SiP。アンテナ部を内蔵した無線通信モジュールを、厚みがわずか1mmのSiPで実現する。(2013/3/27)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(6):
サンプリング周波数変換でできる 効率的なFFT分析
今回は、DSP入門とは少し離れて、サンプリング周波数変換について解説します。サンプリング周波数変換技術を用いてFFT分析を行うためのヒントについても触れています。(2012/8/10)

イチから学ぶDSP基礎の基礎(5):
DSPはFPGAで作れる?
今回は、DSPとFPGAを比較してみたいと思います。この比較は、言いかえれば、“デジタル信号処理にはソフトウェア処理とハードウェア処理のどちらが向いているか”ということになります。(2012/7/25)

よく分かる! コンデンサの仕組みと働き(2):
電子回路で多様な活躍、 交流を通すコンデンサの機能
コンデンサは、2枚の電極板が向かい合った構造になっています。絶縁体(空気や誘電体)によって隔てられているので、コンデンサは直流を遮断するのは理解できますが、それではなぜ交流を通すことができるのでしょうか?(2012/5/23)

ADI AD5700:
HART通信に対応するモデムIC、他社品比で基板面積を75%削減可能
工場や化学プラントなどの自動化ライン向けの計装機器に利用されているHART通信に対応するモデムICである。集積度を高めたことにより、HART通信機能を実装した基板を構成する際に、競合他社品と比べて基板面積を75%、外付け部品の個数を60%削減できる。(2012/3/1)

無線通信技術 ZigBee:
なぜ今、LED照明/不動産業界に無線通信技術が求められているのか?
戸田建設と村田製作所、山田照明の3社は業界他社に先駆け、LED照明の無線制御システムの実証実験を開始する。「タスク&アンビエント照明システム」を無線で制御することで、消費電力を従来比で50%以上削減できるという。(2012/1/24)

エネルギー技術 エネルギーハーベスティング:
環境発電の導入促す風穴となるか、大手建設会社が積極採用を表明
戸田建設と村田製作所は協業し、エネルギーハーベスティングの実証を進める。エネルギーハーベスティングが急速に普及しつつある欧州や米国とは対照的に、日本では採用がほとんど進んでいない。両社の取り組みによって、日本国内の様子見の雰囲気が変わる可能性がある。(2011/12/7)

CEATEC 2011:
TDKの薄膜BPF、底面端子採用で実装面積を半分に
TDKが開発した薄膜バンドパスフィルタ「TFSBシリーズ」は、スマートフォンや携帯電話機といったモバイル機器の無線LAN通信やBluetooth通信の高周波回路に使う。(2011/10/11)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
ワイヤレス給電の次なる課題、「電源ケーブルが消える日」はくるか
数m と長い距離を高効率でワイヤレス給電できる可能性を秘めるのが、「共鳴型」と呼ぶ新技術である。2007 年に初めて動作が実証された後、さまざまな企業や研究機関が開発を活発に進めている。しかし、実用化に向けてはまだ多くの課題がありそうだ。(2010/5/13)

センシング技術:
微弱磁界を検出する小型センサー、MIセンサーとDSPの組み合わせで実現
電源部品やLEDドライバなどを手掛けるタキオンは、微弱な交流磁界を検出する磁気センサー・モジュールを開発した。磁界を検出するセンサー素子と、フィルタ処理やA-D変換処理を担当するアナログ回路、デジタル信号処理を施すDSPで構成している。(2009/11/19)

ワイヤレス給電技術 共鳴方式:
ワイヤレス送電第二幕、「共鳴型」が本命か
電源ケーブルを使わずに電力を送る「ワイヤレス送電技術」に大きな技術進展があった。数mの距離を高効率で電力伝送できる可能性を秘めた「共鳴(Resonance)方式」の登場だ。(2009/10/5)

Analog ABC(アナログ技術基礎講座):
第4回 基本現象を応用して回路設計 〜 フィルタ 〜
今回は、前回説明した共振現象の応用例として、フィルタ回路を取り上げます。フィルタ回路は、インダクタンス(L)、コンデンサ(C)、抵抗素子(R)のいずれかを組み合わせて構成します。(2009/8/10)

HDディスプレイにSD映像を高画質で表示
HD映像に対応した大画面の液晶/プラズマテレビが登場したことにより、デジタルテレビ放送やHD信号のインターフェースの普及が加速している。しかしながら、従来からのSD映像を可能な限り高画質で表示することは、今後も重要な要件となる。本稿では、コムフィルタを用い、HDディスプレイでSD映像を高画質に表示する方法について解説する。(2009/6/1)

伝送線路の評価に欠かせない:
TDR測定の基本を押さえる
TDR測定は、ケーブルやコネクタ、プリント基板、LSIパッケージなどの検証やトラブルシューティングに用いられている。これを利用することによって、伝送される信号のシグナルインテグリティを保証することが可能になる。本稿では、まずTDR測定の歴史と基本原理を押さえた上で、それを利用するメリットや最新の測定環境について解説を加える。(2007/12/1)

マルチメディア携帯電話機の電力管理
アジアその他の市場では、デジタルテレビやストリーミングビデオ・音楽を楽しめるハンドヘルド機器の開発が進んでいる。その技術は素晴らしいが、設計者は小型化・省電力化を実現しながらマルチメディア機能を搭載するという難題に直面している。(2006/7/1)

RF-ICフィルタの回路/レイアウト設計を自動合成する
RF-ICの設計で単調に繰り返されていたフィルタ設計を、電磁界シミュレータで設計手順を統合して、自動化する。(2006/4/1)

CDMA向け最小Bluetooth RFモジュール 京セラ
(2004/3/18)

止められないUNIXサーバのセキュリティ対策(8):
syslogによるログの一元管理
(2004/2/25)

「パケットフィルタリング」とは
「パケットフィルタリング」とは、通信が正しく行われるように特定のルールに基づいて検査、あるいは通信セッションの前後関係の整合性を検査し、不正だと判断した場合パケットを破棄するフィルタリング手法である。(2018/12/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。