ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイ・デザイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイ・デザイン」に関する情報が集まったページです。

セキュリティにかかる負担を軽減:
TISとラックがタッグ、「セキュリティ・バイ・デザイン」をプラットフォームでカバー
TISとラックが協業し、クラウドサービスおよびセキュリティサービスの領域において新たに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を提供することを発表した。(2019/4/19)

セキュリティ・バイ・デザインで何が変わるか:
PR:なぜこれまでのセキュリティ対策は、労多くして実らなかったのか
2019年3月12日にNECが開催した「次の時代に必要なサイバーセキュリティ〜キーマンが語るデジタル社会への対応〜」では、企画・設計段階からセキュリティを埋め込んでいく「セキュリティ・バイ・デザイン」の在り方とその先の方向性を業界のリーダーが語った。(2019/3/29)

IoTセキュリティ:
PR:IoTデバイスを守るには、セキュリティを“組み込む”という発想が必要
2021年には280億個に達すると見込まれるIoTデバイス。通信機能を有するモノに対する攻撃は間違いなく増加していく。自動車や産業機器を含めてIoTデバイスに関わる企業は、“セキュリティ・バイ・デザイン”の思想で製品開発を進めなければならない。(2018/2/13)

DNP NXP アットマークテクノ 組み込み用パッケージ:
「セキュリティ・バイ・デザイン」を容易に実現する組み込みパッケージ
大日本印刷とNXPセミコンダクターズジャパン、アットマークテクノが共同で、「セキュリティ・バイ・デザイン」に沿った開発を可能とする「組み込み用パッケージ」を提供する。(2016/10/31)

格安薄型テレビのバイ・デザイン、破産手続き開始
格安な薄型テレビで知られたバイ・デザインが破産へ。(2011/2/1)

エコポイント対象:
バイ・デザイン、地デジに絞ったスリムなLED液晶テレビを3機種
バイ・デザインは、地上デジ・チューナーのみを搭載するシンプルでスリムなLEDバックライト搭載液晶テレビを3機種(19型、22型、24型)発売する。(2010/6/11)

バイ・デザイン、22型フルHD液晶テレビ「ALF-2212DB e」を発売
バイ・デザインは、デジタル3波チューナー搭載の22型フルHD液晶テレビ「ALF-2212DB e」を発売した。アナログチューナー非搭載で直販サイト価格は4万9800円。(2010/6/10)

新エコポイント対象:
バイ・デザイン、20/26型の地デジ対応液晶テレビ「ALW-2001D」「ALW-2604D」
バイ・デザインは、地デジ対応ハイビジョン液晶テレビの20型「ALW-2001D」、26型「ALW-2604D」を4月末より発売する。直販価格は3万4800円/4万4800円。(2010/4/23)

4万円台の32V型フルHDテレビ、ノジマが発売
家電量販店のノジマは、フルHD表示に対応したバイデザイン製32V型液晶テレビを4万9800円で発売する。(2009/11/9)

バイ・デザイン、4万円台の22V型フルHD液晶テレビ
バイ・デザインが4万円台の22V型フルHD液晶テレビ「AFL-2212DB」を発売する。フルHD/32V型の「ALF-3207DB」も5万円台で用意する。(2009/8/7)

西友、10万円切る42型液晶テレビ
西友は、バイデザイン製の42型液晶テレビを9万9000円で発売した。(2009/7/3)

9万円台の42V型液晶テレビ「LF-4204DBA」、バイ・デザインより
バイ・デザインが、42型液晶テレビ「LF-4204DBA」を同日より販売開始した。直販サイトでの販売価格は9万9800円。(2009/6/5)

バイ・デザイン、デジタルチューナー搭載22V型で4万円の液晶テレビ
バイ・デザインがデジタルチューナー搭載22V型液晶テレビ「LW-2210DJ」の販売を開始。直販価格は4万円。(2009/5/27)

フルHD対応24V型テレビが5万9800円 3波デジタルチューナー搭載
バイ・デザインは、地上/BS/110度CSデジタルチューナーを搭載した24V型のフルHD液晶テレビを、直販サイトで5万9800円で発売した。(2009/4/13)

バイ・デザイン、3波デジタルチューナー搭載の24型液晶テレビ「LF-2400DBJ」
バイ・デザインは、3波対応デジタルチューナーを内蔵した24型液晶テレビ「LF-2400DBJ」を発表した。(2009/4/10)

バイ・デザイン、地デジ内蔵フォトフレーム「DP-1001DW」のWeb直販を開始
バイ・デザインは、地デジチューナー搭載の10.2型デジタルフォトフレーム「DP-1001DW」のWeb直販を開始した。(2009/2/13)

DivX動画、地デジも見られる多機能デジタルフォトフレーム「DP-1001DW」――バイ・デザイン
バイ・デザインは、地上デジタルチューナーを内蔵した10.2型デジタルフォトフレーム「DP-1001DW」シリーズを発表した。DivX動画も再生可。(2009/1/23)

バイ・デザイン、6万円台の地デジ対応32型プラズマテレビ
バイ・デザインが32型プラズマテレビ「PE-3205DHK」を発売。地デジチューナー内蔵で価格は6万9800円。(2008/9/19)

バイ・デザイン、約5万円の地デジ対応22型ワイド液晶テレビ「LW-2209DJ」
バイ・デザインは、地上デジタルチューナーを搭載した22型ワイド液晶テレビ「LW-2209DJ」を発売した。(2008/9/5)

バイ・デザイン、地デジ対応16/19型ワイド液晶テレビに新ロゴデザインを採用
バイ・デザインは、新ブランドロゴ「d:」を採用した16型ワイド/19型ワイド液晶テレビ「LW-1600DJ2/DJW2」「LW-1908DJ2」を発表した。(2008/8/21)

ビックカメラ、6万円台のDVDプレーヤー内蔵22V型液晶テレビ
ビックカメラがバイ・デザイン製の22型液晶テレビ「DC-2201DW」を発売。DVDプレーヤー内蔵で6万円台。(2008/7/17)

バイ・デザイン、DVD内蔵19型液晶テレビを3万円台に値下げ
バイ・デザインが、DVDプレーヤー内蔵アナログ液晶テレビ「d:1966GJ」の販売価格を3万9800円に値下げした。(2008/7/10)

バイ・デザイン、DivX対応プレーヤー内蔵19型液晶テレビ
バイ・デザインはDivX対応DVDプレーヤーを内蔵した19型液晶テレビ「DC-1902DWシリーズ」を発売。(2008/6/27)

バイ・デザイン、4万9800円の19V型液晶テレビ
バイ・デザインが4万9800円の地上デジタルチューナー搭載19V型液晶テレビを発売。(2008/6/6)

バイ・デザイン、42型ハイビジョンプラズマテレビを9万9800円に値下げ
バイ・デザインが42型ハイビジョンプラズマテレビ「PH-4203DFK」の販売価格を9万9800円に値下げ。(2008/5/1)

バイ・デザイン、42V型プラズマテレビを8万9800円に値下げ
バイ・デザインが42V型のアナログプラズマテレビを値下げ。販売価格は8万9800円。(2008/4/23)

バイ・デザイン、42型フルHD液晶テレビをさらに値下げ
バイ・デザインが42型のハイビジョン液晶テレビ「LF-4201DAB」を2万円値下げ。新価格は11万9800円。(2008/4/11)

バイ・デザイン、地デジチューナー搭載22V型液晶テレビを5万4800円に
バイ・デザインが地上デジタルチューナー内蔵の22V型液晶テレビ「LW-2208DJ」を値下げ、4月末まで送料無料キャンペーンも実施する。(2008/4/1)

バイ・デザイン、32型液晶テレビ「LW-3202DFK」を値下げ
バイ・デザインが32型のハイビジョン液晶テレビ「LW-3202DFK」を2万円値下げ。新価格は7万9800円。(2008/3/28)

バイ・デザイン、42V型液晶テレビを数量限定で値下げ
バイ・デザインが42V型液晶テレビ「LF-4201AR」を台数限定ながら12万4800円で販売。(2008/2/15)

バイ・デザイン、22V/26V型ハイビジョン液晶テレビを値下げ
バイ・デザインは、同社直販サイトでハイビジョン対応液晶テレビ2製品を値下げすると発表した。(2008/1/18)

地デジ搭載42型プラズマが14万4800円、バイ・デザイン
バイ・デザインが地上デジタルチューナー搭載の42型プラズマテレビ「PH-4203DFK」を発売した。デジタルチューナーは地上デジタル放送のみとし、またデータ放送やネットワーク機能も省いて価格を抑えた。(2007/12/13)

バイ・デザイン、価格抑えたハイビジョン液晶テレビを限定販売
バイ・デザインは、アナログチューナー搭載のハイビジョン液晶テレビ2機種を直販サイト限定で販売する。機能を絞ることで26V型で6万円台を実現。(2007/12/5)

バイ・デザイン、地デジチューナー搭載で6万円台の22V型液晶テレビ
バイ・デザインが22V型ハイビジョン液晶テレビ「LW-2208DJ」を発売。地デジチューナーやハイビジョンパネル、HDMIなどを備えながら6万円台。(2007/12/3)

バイ・デザイン、HDMI 4系統の42VフルHD液晶を15万円台に
バイ・デザインの3波対応デジタルチューナーと4系統のHDMI端子を備えた42VフルHD液晶テレビが15万円台に値下げ。(2007/11/22)

アナログチューナー搭載:
バイ・デザイン、フルハイビジョン液晶テレビ3機種を限定販売
バイ・デザインは、アナログチューナー搭載のフルハイビジョン液晶テレビ3機種を直販サイト限定で販売する。ラインアップは、37型の「LF-3703AR」、42型の「LF-4201AR」、47型の「LF-4701AR」。(2007/11/20)

バイ・デザイン、地デジ搭載17V液晶を4万円台に値下げ
パーソナルユースに適した地デジチューナー搭載の17V型/19V型が値下げ。17V型は4万円台に。(2007/10/30)

バイ・デザイン、19型液晶テレビを3万5800円に
バイ・デザインがハイビジョン対応の19型液晶テレビ「d:1932GJ」を値下げ。(2007/10/17)

バイ・デザイン、47型フルHD液晶を20万以下に
バイ・デザインが地デジチューナー内蔵の47型フルHD液晶テレビ「LF-4700DFK」を5万円値下げし、19万9800円で販売すると発表した。(2007/9/21)

バイ・デザイン、地デジチューナー搭載19V型液晶を4万円台に
バイ・デザインはデジタルチューナー搭載の19V型液晶テレビ「LW-1906DHYTD」の価格を改定、4万9800円で販売開始した。(2007/9/7)

バイ・デザイン、フルハイビジョンの47型液晶テレビを17万9800円に値下げ
バイ・デザインは8月24日、フルハイビジョン対応の47型液晶テレビ「d:4742GJ」の値下げを発表した。チューナーはアナログ地上波とアナログBSチューナーのみだが、インタフェースとしてHDMIとD4を備える。(2007/8/24)

バイ・デザイン、地デジ対応37V型液晶テレビを値下げ
バイ・デザインが地上デジタルチューナー内蔵の37V型液晶テレビを1万円値下げ。販売価格は13万9800円となる。(2007/7/25)

バイ・デザイン、3万円を切る17型ワイド液晶テレビ
バイ・デザインは、地上アナログチューナーを内蔵した17型ワイド液晶テレビ「LW-1700AYTD」を発表した。(2007/7/24)

バイ・デザイン、パーソナル向け15型/19型液晶を値下げ
バイ・デザインは15型液晶テレビ「d:1532GJ」と19型液晶テレビ「d:1932GJ」を値下げした。XGAパネル搭載のd:1532GJは2万9800円。(2007/7/20)

37V液晶テレビを8万円台に――バイ・デザイン
バイ・デザインは37V型液晶テレビ「LW-3702AR」を同日より値下げし、8万9800円にて販売すると発表した。(2007/7/19)

10万円切った42型プラズマテレビ、バイ・デザインから
地上/BSアナログチューナーを搭載したバイ・デザインの42V型プラズマテレビ「PE-4200AR」が値下げ。(2007/7/6)

地デジ搭載19型液晶テレビが“ゴッキュッパ”、バイ・デザイン
バイ・デザインは7月3日、地上デジタルチューナー搭載の19型ハイビジョン液晶テレビ「LW-1906DHYTD」を発表した。(2007/7/3)

来春には120Hz駆動モデルが登場?:
バイ・デザイン、4つのHDMI端子を備えた42型液晶テレビ
バイ・デザインは、デジタル3波チューナーを搭載した42V型フルハイビジョンテレビ「LF-4201DAB」を発表した。19万9800円という“業界最安値”ながら、4系統のHDMI端子を備える。また、発表会では今後の製品戦略も明らかにされた。(2007/6/15)

バイ・デザイン、地デジ搭載で5万円台の17V型パーソナル液晶
バイ・デザインが地デジチューナーを搭載した液晶テレビ「LW-1700DWE」と「LW-1905DWE」を発売。17V型のLW-1700DWEは5万4800円。(2007/6/12)

オンラインRPG「ロード・オブ・ザ・リングス」推奨PCが5社より発売
AMDは、同社提供の“ベター・バイ・デザイン プログラム”モデルとなる、オンラインRPG推奨ゲームPCが計5社より発売されると発表した。(2007/6/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。