ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「電車男」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電車男」に関する情報が集まったページです。

パーツショップ栄枯盛衰(前編):
まだオレらのホームだった「電車男」以前――自作PCの街アキバを振り返る
映画「電車男」がヒットした2005年。街の再開発が進み、思えばそのころから“自作の街・アキバ”の空気が変わっていった。当時の空気感を写真とともに振り返ってみよう。(2013/3/14)

電車男をイチから自作自演するとこんな感じ? 新感覚小説「オナホ男」が話題
人気サイトのパロディページを横断し、ストーリーが展開していく。(2012/12/18)

「おおかみこどもの雨と雪」参画の川村元気プロデューサー、「LINE」で小説を公開
映画プロデューサーとして「電車男」「告白」「悪人」「モテキ」「おおかみこどもの雨と雪」など数々のヒット作に参画した川村元気さんが、人気スマホアプリ「LINE」を通じて小説を発表する。(2012/10/3)

目指せ!シスアドの達人−第2部 飛躍編(5):
坂口に恋のライバル出現〜相手は電車男!?(第5話)
(2007/3/27)

Mobile&Movie 第240回:
7月24日通りのクリスマス「仕事で遅れそうなんだ」
映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介するのは、“女版電車男”とも言える「7月24日通りのクリスマス」。ボサボサ頭にメガネの主人公、恋の行方は……。(2006/12/22)

Mobile&Movie 第212回:
嫌われ松子の一生「人間の価値って……」
映画の中に登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は、人気小説を映画化した「嫌われ松子の一生」。主演は電車男でエルメスを演じた中谷美紀です。(2006/6/2)

トップは「電車男」、ゆうこりんも健在――日本のGoogle検索ランク
グーグルが国内の検索ランキングも発表。ランクインした芸能人は全員女性だった。(2005/12/21)

News Weekly Access Top10(2005年12月11日−12月17日)
「電車男」にどうすれば会える?
先週のアクセストップは、2ちゃんねる管理人・ひろゆきさんのインタビュー記事だった。(2005/12/19)

インタビュー:
ひろゆき氏が語る「電車男」「のまネコ」そして今、注目のネタ
今年も、2ちゃんねるは多くの話題をふりまいた。電車男のブーム、のまネコをめぐる騒動。「VIP STAR」など最新の話題も含め、管理人の西村博之氏に聞いた。(2005/12/16)

新作DVD情報:
“2ちゃんねる”発、話題の純愛映画がDVDでキタ――――――ッ!! 「電車男」
オタク青年・電車男が美女エルメスに玉砕覚悟でアタック! 興行収入37億円突破、社会現象にまで発展したネット発の純愛ストーリーがDVDで登場。ふたりの純愛の結末を掲示板の仲間たちと一緒に見守ろう。(2005/12/5)

Mobile&Movie 第170回:
電車男「私もおめかししていきます」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は特別編として、テレビドラマ版「電車男」をご紹介。テレビ版電車男はどんな携帯を使っているのでしょう。(2005/7/15)

Mobile&Movie 第165回:
電車男「めしどこかたのむ」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回は2ちゃんねる発の恋物語「電車男」。映画の中で電車男はSO506iC、エルメスはF700iを使っています。(2005/6/10)

朗読劇「電車男」のボイスを配信――新潮ケータイ文庫
(2005/5/17)

「電車男」朗読劇をストリーミング配信 BIGLOBE
2ちゃんねる発の恋愛ストーリーを朗読劇化した。井上喜久子さんや堀内賢雄さんなど有名声優が演じている。(2005/3/22)

AMD Award授賞式に麻生大臣、ひろゆき氏、キティちゃんまで登場
優れたデジタル作品を表彰する「AMD Award」の各賞を、「電車男」「jigブラウザ」「mixi」などが受賞。表彰式には「2ちゃんねる」のひろゆき氏やjig.jpの福野社長、イー・マーキュリー笠原社長などが登場した。(2005/2/3)

「Web of the Year 2004」でライブドアが躍進
ライブドアのポータルサイト「liveoor」がランクインしたほか、話題賞トップに、2ちゃんねる発のストーリー「電車男」が選ばれた。(2004/12/9)

現代コンテンツにおけるヒーロー観の変質
2ちゃんねらーのみならず多くの人に感動を与えた「電車男」のストーリーは、現実のサエない男もヒーローになりえることを知らしめた希有な事例と言えるかも知れない。完全無欠だった存在から、まさに等身大になったヒーロー像の変遷をたどってみよう。(2004/9/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。