ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DM016SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DM016SH」に関する情報が集まったページです。

シャープの過去機種でも利用できる「エモパーLite」、提供開始
スマートフォンから話しかけてくれるシャープの「エモパー」が、Android 4.1以上の過去機種でも利用可能になった。Google Playで「エモパーLite」を入手すればよい。(2015/3/31)

メアドは引き継ぎ可能:
ディズニー・モバイル、2017年後半にサービス終了 コンテンツ提供は継続
ディズニーとソフトバンクが提供している「ディズニー・モバイル」が、2017年後半に終了する。今後はソフトバンクスマホ向けに、同様のサービスやコンテンツを提供していく考え。(2015/2/27)

ソフトバンク、月額370円で人気アプリが使い放題のスマホ向けサービス「App Pass」を8月29日より提供
ソフトバンクモバイルと米Sprintは、Androidスマホ向けに月額370円で総額4万円以上のアプリが使い放題になる定額サービス「App Pass」を8月29日から提供する。(2014/8/18)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
5インチ以上でも小さくて軽い機種は?――冬春スマートフォン28機種を比較
いよいよ出そろった、2013年冬〜2014年春モデル。5キャリアのスマートフォンにiPhone 5s/5cを加えると、その数は28機種にも及ぶ。あらためて、28機種のスペックを見比べていきたい。今回はサイズと重さをチェックした。(2014/2/23)

ハイスペック:
ディズニーモバイル、スマホの新モデル「DM016SH」を1月24日に発売
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、1月24日にスマホの新モデル「DM016SH」を発売する。事前予約をするとオリジナルケースが2つもらえる。(2014/1/17)

テーマはセレブ感のある“ファッションショー”――ディズニースマホ新CMに柴咲コウさん
ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクの新機種「DM016SH」の新CMに柴咲コウさんが出演。スタイリッシュさを打ち出し、ファッションショーのような世界観を作り出したという。(2014/1/17)

ソフトバンクのディズニースマホ新モデル「DM016SH」予約で、レザー調ケースを2つプレゼント
ディズニー・モバイル・オン・ソフトバンクの新機種「DM016SH」を予約すると、レザー調オリジナルケースがもらえるキャンペーンがスタートした。(2014/1/9)

石野純也のMobile Eye(9月30日〜10月11日):
ドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルの冬春モデル戦略を読み解く
この2週間はドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから冬春モデル(KDDIは冬モデルのみ)が発表され、モバイル業界は大いに賑わった。端末に加え、ネットワーク、サービス、料金にも焦点が当たりやすくなった。今回は3社の戦略をまとめた。(2013/10/13)

ハハッ! ハイエンドなのさ:
ディズニーモバイル、5.2インチフルHD+2.2GHzクアッドコア搭載の「DM016SH」
ウォルト・ディズニー・ジャパンは、Disney Mobile on SoftBankの新機種として、AQUOS PHONE Xx 302SHベースのハイエンドモデル「DM016SH」を発表した。(2013/9/30)

ソフトバンクモバイル、2013年度冬春モデルを発表――「Hybrid 4G LTE」対応スマホが登場
ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルと2014年春モデルを発表した。スマートフォンの新製品4機種は、AXGPとFDD-LTEをサポートする「Hybrid 4G LTE」に対応している。フィーチャーフォン2機種とモバイルWi-Fiルーター1機種も発売する。(2013/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。