ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「Baker's Best(EDNコラム記事)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Baker's Best(EDNコラム記事)」に関する情報が集まったページです。

オペアンプ+トランジスタ“ちょい足し”回路集(5):
電圧制御のプログラマブル定電流源、デジタルコントロ−ルも容易
オペアンプICに個別トランジスタを“ちょい足し”して性能を高めたり機能を拡充したりできる定番回路集。今回は、以前に紹介した定電流源回路にもう一工夫を施し、出力電流の大きさを外部から印加する電圧信号で調整できるようにします。電圧信号にD-A変換器のアナログ出力を使えば、デジタルコントロールも簡単に実現可能です。(2012/7/23)

Baker's Best:
IBISシミュレーションの効果
(2010/6/1)

Baker's Best:
S/N比とジッターの関係
(2010/5/1)

Baker's Best:
計装アンプのコモンモード範囲
(2010/4/1)

Baker's Best:
計装アンプのCMRR
(2010/3/1)

Baker's Best:
オペアンプのオフセット誤差
(2009/10/1)

Baker's Best:
チャージポンプを活用した単電源オペアンプ
(2009/9/1)

Baker's Best:
オペアンプ回路のTHD+N
(2009/8/1)

Baker's Best:
FFTによるA-Dコンバータの評価
(2009/7/1)

Baker's Best:
24ビットはオーバースペック?
24ビットは、本当にオーバースペックなのか――。それを判断する方法について解説する。(2009/6/1)

Baker's Best:
センサー用途で用いるA-Dコンバータ
(2009/5/1)

Baker's Best:
SARコンバータに入力信号を正しく通す
(2009/4/1)

Baker's Best:
熟練の技術者は、何がすごいのか?
(2009/3/1)

Baker's Best:
トランスインピーダンスアンプの安定性
今回は、トランスインピーダンスアンプの安定性を向上する回路について解説する。(2009/1/1)

Baker's Best:
“電子の眼”として働く光センサー
(2008/12/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-Dコンバータの遅延時間
マルチプレクサを利用してA-D変換を行うシステムを設計する際は、事前にどのような確認が必要になるのだろうか。(2008/11/1)

Baker's Best:
アンチエイリアスフィルタの役割
(2008/10/1)

Baker's Best:
ノイズのRMS値、ピークツーピーク値
(2008/9/1)

Baker's Best:
有効ビット数の求め方
(2008/8/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-Dコンバータの要点(その4)
(2008/7/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-Dコンバータの要点(その3)
(2008/6/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-Dコンバータの要点(その2)
(2008/5/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-Dコンバータの要点(その1)
(2008/4/1)

Baker's Best:
A-D変換精度と基準電圧の関係
(2008/3/1)

Baker's Best:
電流帰還型オペアンプのメリット
「電流帰還型」という言葉からは、あるいは何か特別なものであるかのような印象を受けるかもしれない。しかし、いずれの方式であっても、それを使ったオペアンプ回路としての基本的な構成には違いはない。ただし、回路構成以外の部分では、いくつかの重要な違いがある。(2008/2/1)

Baker's Best:
タッチパネルの原理
(2008/1/1)

Baker's Best:
レールツーレールアンプの出力限界
単電源のレールツーレールオペアンプの出力は、多くの場合、厳密にいえばレールツーレールとはならない。今回は、単電源のオペアンプを使用する際、どのような点に注意すべきかを説明する。(2007/12/1)

Baker's Best:
ΔΣ型A-DコンバータのS/N比
(2007/11/1)

Baker's Best:
乗算型D-Aコンバータの安定性
(2007/10/1)

Baker's Best:
A-D性能の理論と現実
16ビットA-Dコンバータの理論S/N比は98.08dB。しかし、一般的な16ビットSAR(逐次比較)型A-Dコンバータのデータシートを見ると、S/N比は84〜95dBとなっていることが多い。95dBが98.08dBよりも悪い値であることは確かなのだが、この差をどう理解すればよいのだろうか? 理論値と現実のスペックの関係性について考える。(2007/9/1)

Baker's Best:
サーミスタの非線形性への対処
(2007/7/1)

Baker's Best:
IBISとSPICEのギャップ
(2007/6/1)

Baker's Best:
プレゼンの“肝”はストーリー
(2007/5/1)

Baker's Best:
D-Aコンバータの アーキテクチャ
D-Aコンバータの代表的なアーキテクチャであるR2R乗算方式と、R2Rラダー方式について解説する。(2007/4/1)

Baker's Best:
D-Aコンバータ出力のグリッチへの対処
(2007/3/1)

Baker's Best:
「待ち時間」と「セトリング時間」
A-Dコンバータに使用される用語である待ち時間(latency)とセトリング時間(settling time)。この2つの言葉の違いは分かるだろうか。(2007/2/1)

Baker's Best:
D-A コンバータのINLを補正する
(2007/1/1)

Baker's Best:
SPICEを効かせる
(2006/12/1)

Baker's Best:
サレンキー型フィルタの“落とし穴”
サレンキー(Sallen-Key)型のローパスフィルタは、遮断周波数以上の領域では、フィルタのゲインが単調に減衰しないという落とし穴がある。一定の周波数を超えると、周波数の増加とともにゲインも増加してしまうのだ。(2006/11/1)

Baker's Best:
アンチエイリアスフィルタのオペアンプに求められる性能
(2006/9/1)

Baker's Best:
SAR型A-Dコンバータをオペアンプで駆動するときの留意点
(2006/8/1)

Baker's Best:
3つのノイズ源、その探索と各対策
(2006/7/1)

Baker's Best:
SAR vs ΔΣ どちらのA-Dコンバータを選ぶか
デルタシグマ(ΔΣ)型A-Dコンバータと、逐次比較レジスタ(SAR)型A-Dコンバータ、どちらのデバイスを選ぶべきかを検討していく。(2006/6/1)

Baker's Best:
オーバーサンプリングA-Dコンバータ:ノイズフリービットを推定する
(2006/5/1)

Baker's Best:
評価前のチップをESDから守る
(2006/4/1)

Baker's Best:
移動平均の力:デジタルフィルタ
A-Dコンバータを使用する際には、コンバータからのいくつかのサンプル出力に対して、コントローラまたはプロセッサを用いて平均化アルゴリズムを適用すると、変換後の信号を滑らかにすることができる。さらにシステムの実効精度を上げられる。(2006/3/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。