ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

  • 関連の記事

「Open Pluggable」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Open Pluggable」に関する情報が集まったページです。

光伝送技術を知る(3):
データセンターを支える光伝送技術 〜エンタープライズデータセンター編
現代において、最も重要な社会インフラの一つともいえるのがデータセンターだ。データセンターには光伝送技術が欠かせない。今回は、データセンターに使われる光伝送技術について、エンタープライズデータセンターやハイパースケールデータセンターを取り上げて、解説していく。(2018/8/16)

DBA必読! 開発/運用管理がもっと楽になる:
PR:12c R2の「現場で役立つ」新機能は? コーソルのエキスパートのお勧めはコレ!
先頃、オンプレミス向けの提供が開始された「Oracle Database 12c R2」。待望の新版では多くの機能強化が図られているが、現場のベテランエンジニアはどこに注目しているのだろうか? コーソルの新人エンジニアが同社のエキスパートに聞いた。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2017/6/1)

デジタルサイネージをクラウドで運用、NECが中小向けにサービス化
デジタルサイネージ市場でのクラウド活用ニーズの拡大を見込み、中小規模デジタルサイネージへのクラウド導入を支援する「PanelDirector for Cloud サービスパッケージ」を発売。ディスプレイに内蔵可能な専用コントローラーも同時発売する。(2016/12/5)

NECディスプレイ、長寿命設計のレーザー光源採用DLPプロジェクタ
NECディスプレイは、レーザー光源式を採用したDLPプロジェクタ「NP-PX602UL-WHJD」「NP-PX602WL-WHJD」の2製品を発表。光源部の寿命は約2万時間の長寿命設計となっている。(2015/1/19)

連載:業開中心会議議事録:
2015年に到来する大変革「次期.NET/ASP.NET/Visual Studio、Windows 10」に備えよう ―第7回 業開中心会議
クラウドの隆盛、多様なデバイスの登場でITの世界は大きく変わりつつある。これに合わせるかのように、.NETやVisual Studioなど、マイクロソフトが提供する開発フレームワーク/ツールも次期バージョンでは大きく変化する。今回の会議ではこれら次世代の.NETがテーマとなった。(2014/12/19)

日本OpenStackユーザ会の人たちが注目したもの:
OpenStack Summit Atlanta、何があったか報告します!
5月第3週に米アトランタで開催されたOpenStack Summit Atlanta 2014。日本OpenStackユーザ会に参加している人たちは何に注目したのか。6月19日に日本OpenStackユーザ会が開催したOpenStack Summit Atlanta 報告会の内容を報告する。(2014/7/9)

ユーザー目線でチェック! Oracle Database 12cの知りたいところ(2):
データベース統合の新たな手法「マルチテナント・アーキテクチャ」
連載第2回の今回は、目玉機能「マルチテナント・アーキテクチャ」についてレビューしていきます。ライセンスの制限やアラートログの扱いや、3種類の「コンテナ」の違いなど、実際に評価する前に知っておきたい情報を紹介していきます。(2013/9/13)

NECおよびNECディスプレイソリューションズ:
デジタルサイネージ専用のOPS準拠コントローラと対応ディスプレイの出荷開始を発表
NECおよびNECディスプレイソリューションズは、Open Pluggable仕様準拠の制御モジュール「OPSコントローラ」と、OPS準拠モジュール対応のスロットを装備した業務用液晶ディスプレイ2機種を製品化し、6月30日から日本市場向けに出荷を開始すると発表。(2011/5/26)

ESEC2011 開催直前情報!!:
IAで組み込みの世界を変革する 〜Smart. Connected. Transforming.〜
「Smart. Connected. Transforming.」のスローガンを掲げ、ESEC2011に出展するインテル。パートナー20社による最新ソリューション展示、次世代の組み込み機器を見据えた8つのコンセプトモデルは必見だ!(2011/4/28)

NECとMS、Intelがデジタルサイネージ事業で戦略的提携
今回の協業により、NECは「PanelDirector」のブランドで国際展開を計画するほか、3社共同のマーケティング活動も行う予定だ。(2010/11/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。