ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ファイブスターオンライン・エンターテイメント」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ファイブスターオンライン・エンターテイメント」に関する情報が集まったページです。

ファイブスターオンライン・エンターテイメント撤退――「クロスブレイブ」国内サービス終了
「クロスブレイブ」国内サービス終了をもって、ファイブスターオンライン・エンターテイメントがオンラインゲーム運営事業から撤退する。(2010/11/29)

ゲッチャTV Gamez出張所:
来週からは“あの人”がMCに!?
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年7月29日放送分は、世界のアキラ最後のMC。「クロスブレイブ」「ラブプラスアーケード(仮)」「コナミスタイル」東京ミッドタウン店などを紹介します。(2010/8/4)

クロスブレイブ、6月29日より正式サービス開始
(2010/6/28)

オンラインRPG「クロスブレイブ」6月3日よりプレオープンβテスト開始
(2010/6/1)

忘れ去られた古代都市が新マップに――5月27日「モンスターヴェルト・オンライン」大規模アップデート
(2010/5/20)

ITmedia Gamez枠で500名募集:
騎士精神あふれる冒険者を求む――「クロスブレイブ」クローズドβテスト募集開始
ファイブスターオンライン・エンターテイメントは、5月28日〜6月1日の期間にクローズドβテストを予定しているコンビネーションバトルRPG「クロスブレイブ」の参加者を募集している。(2010/5/19)

コンビネーションバトルRPG「クロスブレイブ」クローズドβテスト開催決定
(2010/5/13)

「秋葉原PCゲームフェスタ」出展タイトル発表およびイベントステージ情報発表
(2010/4/16)

ゲッチャTV Gamez出張所:
「torne(トルネ)」や「MHP3rd」など、ずばっと拡大版
最新ゲーム情報番組「ゲッチャTV」2010年3月18日放送分は、話題の「torne(トルネ)」や「モンスターハンターポータブル 3rd」も発表された「モンスターハンター」発表会、そして「ゴッド・オブ・ウォー コレクション」、「モンスターヴェルト・オンライン」と拡大版でお送りします。(2010/3/26)

さよならミス農園娘、卒業イベント盛りだくさん「モンスターヴェルト・オンライン」
(2010/2/10)

ミス農園娘がJAビルに来ましたよ――MMORPG「モンスターヴェルト・オンライン」
ITmediaがあるJAビルの屋上庭園には田んぼもあるわけですが、そんな農業に深い縁のある場所に、ミス農園娘がやってきました。(2009/11/9)

SFをテーマとしたMMORPG「City Fighter Online(仮題)」を発表
ファイブスターオンライン・エンターテイメントが日本で運営することが発表された「City Fighter Online(仮題)」を動画で紹介する。(2009/7/27)

“中華武侠シリーズ”第2弾は、ナインユー新作タイトル「流星胡蝶剣Online」
(2009/7/21)

正式サービスは4月2日から――「モンスターヴェルト・オンライン」
(2009/3/30)

“圧倒的”に日本進出――ファイブスターオンライン・エンターテイメント事業戦略発表会を開催
ファイブスターオンライン・エンターテイメントは3月17日、プレス向けの事業戦略説明会と「モンスターヴェルト・オンライン」の発表を行った。(2009/3/17)

ITmedia +D Games枠で300名募集:
「モンスターヴェルト・オンライン」トライアルサービステスター募集開始
ファイブスターオンライン・エンターテイメントは「モンスターヴェルト・オンライン」のトライアルサービステスターの募集を開始した。(2009/2/18)

ファイブスターオンライン、オンラインゲーム事業始動 「モンスターヴェルト・オンライン」サービス開始
ファイブスターオンライン・エンターテイメントは、オンラインゲーム事業を開始。第1弾にMMORPG「モンスターヴェルト・オンライン」を提供する。(2009/2/13)

中国オンラインゲーム会社がヘラクレス上場へ
(2007/6/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。