ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Galaxy Tab 2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Galaxy Tab 2」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

専用アプリ不要:
一目で分かるシンプルUI――「Bluetooth接続 カメラシャッター リモコン」
上海問屋が、手のひらサイズのスマホ/タブレット向けワイヤレスカメラシャッターを発売した。価格は1499円。(2014/5/26)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(51):
ウェアラブル時代に見直したいAndroidの加速度/重力センサー、ジャイロスコープ
IoT/ウェアラブル時代に見直したいセンシング技術。Androidがサポートするセンサー一覧や基本的なセンサーアプリの作り方を解説します。(2014/5/22)

ビジネスニュース オピニオン:
アップル対サムスン、特許係争再び
アップルとサムスン電子の2回目となる特許裁判が始まった。アップルは、サムスン電子のスマートフォンなど10機種が技術特許を侵害しているとして、20億米ドルの賠償を求めている。一部からは「Appleは単なる訴訟好きの企業」という批判の声も出ているようだ。(2014/4/3)

Samsung、「GALAXY Tab 3」に8インチ版と10.1インチ版を追加
Samsungが「GALAXY Tab 3」の現行の7インチに8インチと10.1インチモデルを追加すると発表した。それぞれプロセッサやバッテリー容量などが微妙に違う。(2013/6/4)

Samsung、7インチ「GALAXY Tab 3」を5月に発売へ
Samsungが、約1年ぶりに7インチ版GALAXY Tabの新モデルを発表。5月にWi-Fiモデルを、6月に3Gモデルを発売する。(2013/4/30)

製品解剖:
BlackBerryの最新スマホを分解、「GALAXY S III」の採用品を数多く搭載
2013年2月に、社名を、その主力製品と同じBlackBerryに変更した旧RIM。同社の最新スマートフォン「BlackBerry Z10」を分解したところ、ライバルであるSamsung Electronicsの「GALAXY S III」に採用されている部品が、数多く搭載されていることが分かった。(2013/2/20)

「Appleが小型iPadを発売か」のうわさが再浮上――Bloomberg報道
シェア2位の7インチタブレット「Kindle Fire」に対抗する「Nexus 7」をGoogleが発表する中、Appleが10月に7〜8インチのiPadを発表するといううわさが再浮上した。(2012/7/4)

Kindle Fire、米Androidタブレット市場でシェア54.4%に――comScore調べ
Amazonの「Kindle Fire」が、米国のタブレット市場で過半を占めた。2位のGALAXY Tabシリーズは15.4%だ。(2012/4/27)

Samsung、Android 4.0搭載10.1インチタブレット「GALAXY Tab 2 (10.1)」発表
「GALAXY Tab 10.1」の後継モデル「GALAXY Tab 2 (10.1)」は、「GALAXY Tab 2 (7.0)」とともにまず3月に英国で発売される。(2012/2/27)

Samsung、初のAndroid 4.0タブレット「GALAXY Tab 2 (7.0)」発表
Samsungが7インチのIce Cream Sandwichタブレットを発表した。初代GALAXY Tabより薄く、軽くなった新モデルは、3月に欧州で発売の予定だ。(2012/2/14)

せかにゅ:
ホワイト版iPhone 4、問題はカメラ――Apple共同創設者ウォズニアック氏
Apple創設者の1人であるスティーブ・ウォズニアック氏は、AppleはiPhone 4ホワイトモデルの問題を解決しており、まもなく発売するとしている。(2011/1/31)

せかにゅ:
「iPhone 4のガラスカバー、宣伝ほど丈夫じゃない」と集団訴訟
AppleはiPhone 4のガラスカバーは「プラスチックの20倍の剛性、30倍の硬度を持つ」とうたっているが、米男性が普通に使っていても割れるとして訴訟を起こした。(2011/1/28)

せかにゅ:
次世代版Galaxy TabはデュアルコアのTegra 2搭載?
Samsungは次世代Galaxy TabにデュアルCPU「Tegra 2」や7インチのスーパー有機ELディスプレイを搭載するとうわさされている。(2010/12/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。