ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ゲットアンプド2」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ゲットアンプド2」に関する情報が集まったページです。

「ゲットアンプドX」、2月16日に大型アップデートを実施
今年でサービス6周年を迎える「ゲットアンプドX」が、大型アップデートを実施。「ゲットアンプド2」のステージも期間限定で楽しめるようになる。(2012/2/8)

サイバーステップが合同オフラインイベントを開催
(2010/8/24)

オンラインゲーム最新イベント情報:
男だって純情です
そろそろホワイトデーの季節です。「スカッとゴルフ パンヤ」ではカップイン時に“純情”が手に入るようで?(2009/3/5)

「ゲットアンプド2」GATスタジアムに新モード追加
(2009/2/25)

オンラインゲーム最新イベント情報:
スタート時にチャンスあり
時間に限りがあります。イベント開始直後ほどお得です。(2009/1/29)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ペアルックを狙ってみる
プレゼントした品が翌日自分にも届きます。(2008/12/11)

「ゲットアンプド2」に新機能「ポイントくんスゴロク」が登場
(2008/12/3)

チーム戦の新ステージを実装――「ゲットアンプド2」
(2008/11/25)

「ゲットアンプド2」、新スタイル“忍者”登場
(2008/11/18)

ゲームの楽しさを伝えて世界貢献をしたい――サイバーステップ代表取締役社長・佐藤類氏インタビュー
11月に「ゲットアンプド2」、12月に「コズミックブレイク」と、立て続けにオンラインゲームの正式サービス開始を予定しているサイバーステップ。なぜ、このタイミングでのサービス開始なのか、その理由をサイバーステップ代表取締役社長の佐藤類氏にうかがってみた。(2008/11/18)

オンラインゲーム最新イベント情報:
アイテムを復旧します
応募者の中から抽選で30人分にプレゼント。(2008/11/7)

ハンゲームで「ゲットアンプド2」提供開始
(2008/11/6)

「ゲットアンプド2」本日より正式サービス開始
(2008/11/6)

オンラインゲーム最新イベント情報:
ゲーム内で運動不足解消を図る
オンラインゲームもスポーツの秋? ウオーキング大会が開催される。(2008/10/22)

目指すは世界制覇――「ゲットアンプド2」製作記者発表会
10月21日、秋葉原UDXシアターにおいて11月6日より正式サービスが開始されるサイバーステップの「ゲットアンプド2」の記者発表会が行われた。声優として参加している田中理恵さんや金田朋子さん、そして間島淳司氏も駆けつけた。(2008/10/21)

オンラインゲーム最新イベント情報:
極秘情報が手に入るイベント
密書を無事に届けると、「三国制覇」に関する新情報が明かされる。(2008/10/15)

東京ゲームショウ2008:
「アラド戦記」と「サドンアタック」ステージイベントを「PCオンラインゲームコーナー」で開催
今年からスペースが設けられた「PCオンラインゲームコーナー」に併設されている、「AT-X エンタメch.ステージ」では一般公開日の10月11日、NHN JapanのアクションRPG「アラド戦記」と、ゲームヤロウのオンラインFPS「サドンアタック」のステージイベントが行われた。(2008/10/11)

「ゲットアンプド2」の正式サービス開始日が決定
(2008/10/1)

「ゲットアンプド2」レビュー:
やり込みが充実した、簡単操作でハチャメチャバトル、オンラインバトルアクション登場
簡単操作で爽快なオンラインバトルアクションが楽しめる「ゲットアンプド2」。クローズドβテストに参加して分かった、オンラインゲーム初心者でも楽しめる気軽さと、やり込み要素が充実している本作の魅力をお伝えします!(2008/9/30)

CEDEC 2008:
1本が10本分にもなる――サイバーステップが考える海外展開の重要性
オンラインゲームを自社開発するサイバーステップを代表して、代表取締役社長の佐藤類氏が講演を実施。自社開発を行う意味や、海外展開のメリットなどが語られた。(2008/9/11)

3Dオンラインバトルアクション「ゲットアンプド2」、未公開イラストを公開
(2008/9/2)

「ゲットアンプド2」クローズドβテスター募集開始
(2008/8/21)

サイバーステップ新規タイトル、「コズミックブレイク」&「ゲットアンプド2」のティーザーサイトがオープン
(2007/6/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。