ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITIL Managerの視点から」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ITIL Managerの視点から」に関する情報が集まったページです。

ITIL Managerの視点から:
夏休み前こそ再確認――セキュリティインシデント
人間を性善説で見るか性悪説で見るか、という観点は時代遅れ。リアルな世界でもITの世界でも、セキュリティインシデントは確実に存在するし、悪意がなくとも「ついうっかり」や「デキゴコロで」ということだってあるのだ。(2008/8/6)

ITIL Managerの視点から:
BCPは保険にあらず――地震大国で事業を行う覚悟はあるか
地震などの天災やテロといった深刻なものから、単純なオペレーションミスにいたるまで企業システム、そして企業そのものの継続性を脅かすリスクは数多い。あなたの勤務先は予測可能な危機に前もって対策しているだろうか。(2008/7/29)

ITIL Managerの視点から:
ヒトモノカネから「3つのP」へ――ITSMの新資源
企業のビジネスドライバーは「ヒト・モノ・カネ」だと言われてきたが、ITサービスマネジメントの世界ではやや事情が異なる。「3つのP」というリソースが重視されるのだ。(2008/7/24)

ITIL Managerの視点から:
冗長化すべきか否かの判断基準
ITサービスの重要性は、ビジネスへの関与度合いに比例する。これを理解していないと、優先順位を正確に判断できなくなってしまうのだ。(2008/7/9)

ITIL Managerの視点から:
メールやチャットは却下――IT変更管理はオフラインで
社内ITインフラの変更管理に有効な手段「変更諮問委員会の設置」という手法を紹介する。(2008/7/2)

ITIL Managerの視点から:
インシデントの原因は変更管理の不備にある
ビジネスに影響を与えるインシデントのうち、実に90%が、情報システム部などが把握していない「勝手な変更管理」が原因だという。つまり変更管理プロセスをうまく回せば、インシデント発生を防げるということだ。(2008/6/18)

ITIL Managerの視点から:
サービス可用性――その評価手法を知っているか?
「可用性の向上」とはよく聞く標語だが、その基準は意外と知られていない。ただの掛け声に終わらないよう、その評価手法を紹介する。(2008/6/13)

ITIL Managerの視点から:
確率論を究める――交通事故とシステムダウンの関係
今回は、可用性を高めるために先人が残した分析手法を紹介する。温故知新という言葉もある。昔から色々と研究され、編み出された手法を使わせてもらうのは非常に有効な手段である。(2008/6/5)

ITIL Managerの視点から:
究極の選択――落ちないシステムとすぐ直るシステム
MTTR(平均修理時間)が短いシステムとMTBF(平均故障間隔)が長いシステム、あなたならどちらを選択するだろうか。システム管理者にとっての究極の選択である――。(2008/6/4)

ITIL Managerの視点から:
初めてのサービスレベルアグリーメント【その3】
SLAを支援する文書として、OLA(Operational Level Agreement)およびUC(Underpinning Contract)を紹介する。(2008/5/19)

ITIL Managerの視点から:
初めてのサービスレベルアグリーメント【その2】
連載初回では、SLAの意義や作成手順について述べた。今回は、SLAの具体的な中身を解説する。(2008/5/15)

ITIL Managerの視点から:
初めてのサービスレベルアグリーメント
企業のIT担当者ならば、「サービスマネジメント」というコトバに聞き覚えがあるだろう。要は効率の良い、費用対効果の高いシステム管理のことであるが、ITがビジネスの根幹になって以来、未解決の課題となっており、多くのIT担当者がその実現に悩んでいるのだ。(2008/5/13)

ITIL Managerの視点から:
「内部統制報告制度に関する11の誤解」の使える部分を探してみた
3月11日に金融庁が発表した「内部統制報告制度に関する11の誤解」の読み解き連載も、今回が最終回。内部統制への対応状況を見つめ直す上で、役立つ部分を探してみよう。(2008/4/17)

ITIL Managerの視点から:
「内部統制報告制度に関する11の誤解」を誤解せぬよう読んでみた
3月11日に金融庁が発表した「内部統制報告制度に関する11の誤解」という文書を基に、どこまでやれば内部統制として「必要かつ十分」なのかを読み解いてみた。(2008/4/8)

ITIL Managerの視点から:
「内部統制報告制度に関する11の誤解」にツッコミを入れてみた
3月11日に、金融庁が発表した「内部統制報告制度に関する11の誤解」。この内容を踏まえつつ、昨今の「内部統制狂想曲」について考えてみた。(2008/4/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。