ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情報マネジメント トレンド解説」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情報マネジメント トレンド解説」に関する情報が集まったページです。

情報マネジメント トレンド解説(4):
2004年押さえておくべきキーワード:「BPM」
数年前からIT業界の中でキーワードになっていた「BPM(Business Process Management)」が、ユーザー企業側に浸透してきた。多様な製品がBPMを名乗る中、次世代BPMはさらに「人間系業務」に近づこうとしている。(2003/12/26)

情報マネジメント トレンド解説(3):
個人情報保護法がもたらすビジネスへの影響は
2003年半ばからIT業界で盛んに使われるようになったキーワードに「Enterprise Architecture(EA)」がある。EAが目指しているのは、業務プロセスにのっとってシステムを最適化するというフレームワークだ。情報マネージャにとって、EAはどのような意味を持つのか (2003/12/19)

情報マネジメント トレンド解説(2):
2004年押さえておくべきキーワード:「EA」〜企業システム構築におけるEAの効用
2003年半ばからIT業界で盛んに使われるようになったキーワードに「Enterprise Architecture(EA)」がある。EAが目指しているのは、業務プロセスにのっとってシステムを最適化するというフレームワークだ。情報マネージャにとって、EAはどのような意味を持つのか (2003/12/9)

情報マネジメント トレンド解説(1):
ブレーク間近のICタグ〜情報マネージャが押さえるべき課題とは?
ゴマ粒大のICチップを使った無線ICタグのビジネス利用が本格化しようとしている。ICタグの管理サーバなど関連製品の出荷も始まり、流通・小売業界を中心に実証実験が行われている。情報マネージャが押さえるべきICタグのトレンドや課題について、最新情報を基に考えてみる。(2003/11/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。