ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「情シス部のリバイバルプラン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「情シス部のリバイバルプラン」に関する情報が集まったページです。

情シス部のリバイバルプラン(番外編 ):
働き盛り年代減少で危機を迎える情報サービス産業
この連載ではこれまで、情シス部のリバイバルプランを検討してきた。しかし、情シス部のパートナーである情報サービス産業も、“働き盛り年代の減少”という大きな課題を抱えている。今回はこの問題を番外編として考える。(2006/12/21)

情シス部のリバイバルプラン(5):
人材ポートフォリオを構築して、情シス部をリバイバル
前回は、人材ポートフォリオの基盤である人材像の定義と、人材育成ツールの作成方法を説明した。これで人材ポートフォリオを構築するための準備は整った。今回は、人材ポートフォリオの構築方法と、それを使った情報システム部リバイバルプランの作成方法を紹介する。(2006/11/14)

情シス部のリバイバルプラン(4):
人材ポートフォリオの基盤をどう構築するか?
前回は、情報システムに関する業務機能を、情報システム部とアウトソーサ(委託先企業)との間で最適な役割分担をするためには、人材ポートフォリオを作成する必要があることを説明した。しかし、多くの企業では人材ポートフォリオを作成するための基盤が構築されていないという問題がある。今回は、この問題を解決する方法を紹介する。(2006/9/28)

情シス部のリバイバルプラン(3):
情シス部と委託先企業との役割分担は?
前回は、情報システム部のリバイバルプランを考えるためには、まず、事業活動における情報システムの位置付けを明確にし、情報システムに関する業務機能を明らかにする必要があることから、これらをUISSを活用して検討する方法を紹介した。今回は、業務機能を情報システム部とアウトソーサとの間でどのように役割分担すべきかを検討する。(2006/8/31)

情シス部のリバイバルプラン(2):
UISSを活用して情報システムの位置付けを検討する
(2006/7/27)

情シス部のリバイバルプラン(1):
情報システム部弱体化の原因は?
ユーザー企業の情報システムが企業経営に及ぼす影響の大きさは、日を増すごとに増加し、企業経営の生命線を情報システムが担っているといっても過言ではない。しかし、その情報システムを担当する情報システム部の弱体化が進んでいる。そこでこの連載では、情報システム部の再生の道を探っていく。 (2006/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。