ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「川口春奈」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「川口春奈」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

MVNOに聞く:
九州でシェアを伸ばすMVNOサービス「QTmobile」の戦略を聞く 他社にない特徴とは?
「QTmobile」を運営する九州電力傘下のQTnetは、九州でシェアを伸ばすMVNOだ。九州内では川口春奈さんを起用したテレビCMを放映したり、対面契約が可能な実店舗を構えたりと、大手顔負けの施策で注目を集めている。そんなQTmobileの戦略について、MVNO事業を率いる藤野雄三氏に聞いた。(2019/7/11)

「姉妹みたい」「双子ですか?」 川口春奈&大島優子、新鮮ショートヘアの“そっくりショット”がまるで分身の術
大島さん印象変わった。(2019/6/28)

「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
最高だね。(2019/3/9)

「どこで止めても可愛い事件」「女神以上の女神」 川口春奈がTikTokに降臨、その姿が反響呼ぶ
ありがとうそしてありがとう!(2019/2/13)

18歳でこの色気だと……? 川口春奈、5年前のセクシーショットに「まるで別人」「めっちゃ色っぽい」の声
メイクで雰囲気変わる。(2019/1/26)

視聴率ダウン:
お笑いをつまらなくしたのは誰か セクハラの境界線
ダウンタウン松本さんの番組での発言がセクハラであるという批判。つるし上げに対し、「こんなんじゃ何も言えない」「息がつまる」という声も出る中、ハラスメントへのスタンスを考えます。(2019/1/25)

「本当に付き合ってほしい」 川口春奈&高橋一生、“カップル風”2ショットがお似合いすぎて言葉も出ない
嫉妬の感情すら湧かないぜ。(2018/12/18)

「テレビなら放送事故」 川口春奈、衝撃の“変顔ショット”で清純派女優のイメージを覆してしまう
これを見せちゃうのがスゴい。(2018/10/19)

「芸能人であろうが普通の人間」 川口春奈、“四重苦”のボロボロショットで親近感が急上昇する
何も隠さない川口さん好き。(2018/10/3)

人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
天に召されそうな川口さん。(2018/9/19)

「センスの塊」「えぐいほどかわいい」 岡田結実、まるでアプリ加工後のような変顔クオリティに称賛の声
お父さんゆずり。(2018/9/5)

「激ヤバ写真どうぞ」 川口春奈、“ガラケー時代”の変顔ショットが懐かしさの塊
無邪気はーちゃんかわいい。(2018/8/12)

「まだまだいけますね!」「違和感ゼロ」 片瀬那奈、36歳の制服姿にファンから絶賛相次ぐ
いつまで制服が似合い続けるんだろう。(2018/8/5)

「なんだかとてもセクシー」 川口春奈、ほんのり赤いほほの“ほろ酔い風”ショットにメロメロになるファン続出
おいしい食事とお酒に大満足の様子。(2018/8/4)

“美人姉妹”再び! 川口春奈&中村アン、久々の再会でテンションMAX「素敵な笑顔」「仲良すぎ」の声
ドラマで姉妹役を演じていました。(2018/7/28)

川口春奈、「五輪ペイントでW杯応援」の真相明かす  騒動の広がりにファンから同情の声
まれによくある。(2018/7/5)

「彼氏はヒモ!」 川口春奈、“養ってくれるナース”姿がダメ男を量産してしまう
本物の天使。(2018/6/28)

「いつも想ってます」「パパ愛してるよ!」 川口春奈、亡き父に似た写真とともに愛のメッセージを送る
お父さん向こうで見てるかな。(2018/6/17)

誰かと思った! 川口春奈、普段と違う大人セクシーな姿にファン「美しすぎる」「ドキッとします」
どんどんきれいになるな。(2018/6/2)

ぷくぷくかわいい! 川口春奈、幼少期の3姉妹ショットを公開「末っ子で生粋のわがまま甘えん坊寂しがりやガールです!」
末っ子あるあるだ。(2018/5/30)

「ナチュラルに乗ってる!」 川口春奈、変装ゼロの電車移動ショットにファン驚き
100%川口春奈。(2018/4/18)

はーちゃんは飛びのきたい 川口春奈、チーターに襲われ危機一髪 躍動感ある姿が話題に
「チーターに襲われそうになった写真載せとくね」。(2018/3/16)

はーちゃんはカニ食べたい 川口春奈、手づかみのカオスなディナー満喫し、手がカニ化
カニ食べ行こうー♪(2017/11/28)

また逸材出てきた! “日本一の美少女”高橋ひかる、「高校サッカー選手権」応援マネに就任
透明感しかない。(2017/11/10)

どうした川口春奈? アンニュイなすっぴん風ショットにファンから心配の声があがる
そんな日もある。(2017/11/8)

はーちゃんは垂らしたい 川口春奈の“よだれ祭り”告白にファン歓喜
「そういう無防備なところがかわいい」。(2017/10/3)

「女でも結婚してほしい」 川口春奈の純白ウエディングドレス姿が“理想の花嫁”でしかない
もはや花嫁のイデア。(2017/8/18)

川口春奈、10代の幼カワショットが原石を超えたダイヤの輝き 「なんと田舎っぺの顔を」
絶対モテた(確信)。(2017/6/1)

川口春奈、ついにインスタ開設! そんな目で見つめられたらたまらん!
ブログではすっぴん写真も。(2017/4/8)

QTNetの「BBIQスマホ」が「QTmobile」にリニューアル 5分かけ放題や端末補償サービスも
九州通信ネットワークが、MVNOサービス「BBIQスマホ」をリニューアル。「QTmobile」を新たに提供する。月額料金を1年間割り引くキャンペーンも実施する。(2017/3/2)

福原遥、先輩・川口春奈と感激の2ショット! “まいんちゃん”時代に共演した声優・佐久間レイとの再会も
「プリキュア」新シリーズで声優を務める福原さん。佐久間さんからは声優や人生についてのアドバイスをもらったそう。(2017/1/17)

今年の「JR SKISKI」ヒロインは“岡山の奇跡”桜井日奈子に! 相手役は元THE BOOM宮沢さんの息子
これまで本田翼、広瀬すずなどが通った“若手女優の登竜門”をくぐる者がまた1人。(2016/12/1)

が、ガリ子ちゃん……! 「JR SKISKI」2016年版がまたしても的確に斜め上を突いてきた
その内“本命”に切り替わるかと思われます。(2016/11/24)

川口春奈がなんだか大人っぽくなったぞ! 秋らしいメークに「ファッション誌の表紙みたい」の声も
「疲れがぶっ飛んだ」という人も!(2016/11/7)

さらにかわいくなった? 川口春奈、生まれ変わった新鮮ショットに「美人すぎて震えた」「新しいかわいさ!」
スタンディングオベーションしたい。(2016/11/1)

早くも涙腺崩壊の予感…… 山崎賢人&川口春奈主演、映画「一週間フレンズ」の予告が切ない
俺と友達になってください。(2016/8/3)

映画「一週間フレンズ。」主要キャスト発表 上杉柊平さんや高橋春織さんなど
川口春奈さんと山崎賢人さんが初共演にしてダブル主演。(2016/5/31)

圧倒的純真っ…… 実写映画「一週間フレンズ。」、川口春奈×山崎賢人のW主演が決定!
俺とまた友達になってください!(2016/3/2)

能年玲奈、橋本環奈、桐谷美玲――2014年に一番雑誌の表紙を飾った女性有名人「雑誌の日」に発表
Fujisan.co.jpで取り扱っている約1万誌から、2014年1月1日〜12月31日までに発売された雑誌を対象に調査。(2015/2/27)

530万部突破の漫画「好きっていいなよ。」映画化 福士蒼汰さん&川口春奈さんの3連キスチラシがときめく
……ちゅっ!(2014/1/30)

今年の「JR SKI SKI」が斜め上を超えてる件 どうしてこうなった ※追記あり
全部雪のせいだから。(2013/11/25)

LGとKDDIが“ai(アイ)”を込めたスマートフォン――「isai LGL22」製品説明会
LGエレクトロニクスは、KDDIと共同開発したAndroidスマートフォン「isai LGL22」の製品説明会と新CM発表会を開催。KDDIの田中社長やCMキャラクターを務める川口春奈さんも登場した。(2013/11/20)

「相棒」のトリックに使われたモデルは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ドコモ+au編
毎晩20時ごろから深夜までに放映されている連続ドラマに登場するケータイを、各キャリアのWebサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。2010年冬のドラマでも、数多くの登場人物たちがケータイを手にしていた。(2010/3/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。