ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヤマト運輸」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ヤマト運輸」に関する情報が集まったページです。

電気自動車:
中型トラックもEVに、ヤマト運輸がウォークスルータイプを導入
ヤマト運輸は2020年2月14日、いすゞ自動車が開発した中型トラックタイプの電気自動車(EV)「エルフEVウォークスルーバン」を1台導入したと発表した。(2020/2/18)

スピン経済の歩き方:
楽天の「送料無料」は大丈夫なのか ロジックが微妙
楽天の三木谷社長が強気の姿勢を崩さない。「送料無料」のルールだ。送料が無料になれば顧客満足度が向上するので、売り上げがアップする。売り上げがアップすれば、出店者は配送コストを回収できて、楽天の手数料収入も増える。この「三方良し」の考え方は、微妙で……。(2020/2/4)

AlexaスキルLearning Dayレポート:
Alexaが切り開くVUI(音声ユーザーインタフェース)の世界――アマゾンジャパンのキーパーソンが語る
Amazonの音声アシスタント「Alexa」が作り出す新しいコミュニケーションの形とはどのようなものか。(2020/1/31)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
すかいらーくの「24時間営業撤廃」を手放しに喜べないワケ
「ガスト」や「ジョナサン」を手がけるファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、24時間営業を全廃すると発表した。本件は「働き方改革」という文脈で片付けられやすい。しかし、問題はそれほど単純ではない。これは新たな”実質値上げ”の類型だ。(2020/1/24)

千葉・船橋 ヤマト運輸かたる電話に注意 「伝票濡れて読めない」個人情報聞き出す
運送会社の「ヤマト運輸」を名乗り、電話で「伝票がぬれて読めない」といって個人情報を聞き出す詐欺の電話が千葉県船橋市を中心に増えている。千葉県警は「個人情報を聞き出す電話は詐欺。電話を切って警察に通報してほしい」と注意を呼びかけている。(2020/1/11)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

「こんなのあるんだ」「かわいい!」 ふわふわタイプのエリザベスカラーをつけた猫ちゃんがかわいくて快適そう
めっちゃリラックスしてる。※追記あり(2020/1/7)

スピン経済の歩き方:
企業不祥事トレンドは「人口減少型」、2020年はどうなる?
2019年も、さまざまな企業不祥事があった。レオパレス21やセブン-イレブン、かんぽ生命など、そうそうたる大企業が次々にやらかしたわけだが、20年はどうなるのか。筆者の窪田氏が分析したところ……。(2019/12/31)

7pay、宅ふぁいる便の不正アクセスなど:
マカフィーが2019年の10大セキュリティ事件を発表 第1位は?
マカフィーは2019年の10大セキュリティ事件を発表した。バーコード決済サービス「7pay」への不正アクセスや、ファーウェイ製機器の締め出し、Webサービスへの不正アクセスやSNSでのセキュリティ問題などがランクインした。(2019/12/25)

ヤマト運輸、小型EVトラック、来年500台導入へ
ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は19日、配達用の小型EVトラックを来年1月から東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県に500台を導入すると発表した。(2019/11/20)

ヤマト運輸、小型EVトラック500台導入へ 航続距離は約100キロ
ヤマト運輸が、配達用の小型EVトラックを2020年に500台導入すると発表した。二酸化炭素の削減や人手不足解消につながるとしている。航続距離は約100キロで、サイズはミニバンに近く取り回しや荷物の積み降ろしがしやすい。(2019/11/20)

東京駅で11月11日から:
駅で預かった荷物を当日中にホテルにお届け JR東が旅行者向けに実験開始
JR東日本スタートアップなどが、東京駅で預かった手荷物をその日のうちに指定した宿泊施設に届けるサービスの実証実験を開始した。(2019/11/12)

下請け構造、給与に根深い問題:
「台風19号でもトラックの中止連絡無かった」――走り続けた零細物流が陥る“負の業界構造”とは
台風19号では多くの業界がサービスや営業を停止した。しかし筆者は「中小運輸では走っていたトラックも少なくない」と指摘。運輸業界特有の構造的問題に迫る。(2019/11/8)

メルカリの梱包材、全国のファミマで発売 セブンとローソンに続き
メルカリオリジナルの梱包資材がファミマで発売。宅配ビニール袋(5枚入り140円)、クッション封筒(2枚入り130円)など4商品を取り扱う。発送拠点で梱包材も買えるようにし、ユーザーの利便性を高める狙い。(2019/10/29)

tsumug.edge:
エストニアに住む日本人が見た、既にロボット配達が展開中の今
「電子国家」として世界の注目を集めている北欧のエストニア。その実態について、エストニアに移住した筆者が見た電子国家のリアルをお届けする。(2019/10/29)

ヤマトグループ、28年ぶりキャラクター刷新 「めっちゃかわいい」「なんか違う」と賛否さまざま
デザイナーはSuicaのペンギンと同じ人。(2019/10/23)

Uber Eats、台風の影響で12日のサービス休止 8都府県で キャンペーン中も配達員の安全重視
Uber Japanが台風19号の接近に伴って、12日は東京都などで「Uber Eats」のサービスを終日休止する。配達員の安全を考慮した判断。営業再開が決まった場合は、Uber Eats公式アプリで通知する。(2019/10/11)

佐川急便「(一部地域で)12日の集荷・配達を中止」 台風19号接近に伴う宅配便サービス各社の対応は
早めの発表、ありがたい。(2019/10/11)

女性向け同人誌即売会「COMIC CITY SPARK」、台風19号の影響で1日目の中止を決定 2日目は通常開催予定【追記あり】
約1万1000サークルが参加する大規模なイベント。【11日追記あり】(2019/10/10)

「PayPayフリマ」登場 売上金をPayPay残高にチャージ可能、1%還元も
スマートフォン向けアプリ「PayPayフリマ」(iOS)が登場。モバイル決済サービス「PayPay」と連携する。(2019/10/7)

新アプリ「PayPayフリマ」登場 価格交渉を簡単に、PayPay残高支払いで1%還元
ヤフーがPayPayと連携するフリマアプリを公開。(2019/10/7)

セブン‐イレブンとタッグ:
「買うだけ」にストップ メルカリが封筒や段ボール発売 新規ユーザー獲得に前のめり
メルカリが10月3日、セブン‐イレブンでオリジナル資材を発売する。背景には、ユーザー拡大の狙いがある。メルカリでは、「買うだけ」のユーザーが圧倒的に多いという。また、シニア向けの教室を開くなど、新規ユーザーの獲得に向けて幅広い施策を展開している。(2019/10/3)

ヤマト運輸の送り状発行システム「B2クラウド」が復旧 原因は「アクセス集中など」
ヤマト運輸の送り状発行システム「B2クラウド」が復旧。原因はアクセス集中などで、システム改修によって対応したという。緊急措置として配布していたインストール版は、10月7日午前2時にサービスを終了する。(2019/9/27)

故障時には最速7時間で交換:
IQOS、最新モデルで「連続吸い」需要取り込む 増税後の価格は据え置き ユーザーサポートも充実
IQOSの最新モデル「IQOS 3 DUO」が発売。2本連続で吸えるようになったとともに充電時間も短縮された。サポートなども充実させ、会員プログラムにはステージ制を導入。故障時には、最短7時間で代替品を届けるシステムを構築した。新規ユーザーの増加とともに定着を狙う。(2019/9/26)

ヤマト運輸の送り状発行システム「B2クラウド」で不具合 原因は「確認中」、復旧の時期は「未定」
ヤマト運輸のサービス「送り状発行システム B2クラウド」が利用できない不具合が発生中。親会社のヤマトホールディングスは「現在、不具合の原因を確認している。復旧の時期は現時点では未定」としている。Twitter上では「仕事が進まなかった」と嘆く声も出ている。(2019/9/24)

日本でも「Amazon Hub」展開:
アマゾンも駅やコンビニに「宅配ロッカー」設置 ファミマや小田急などと連携
(2019/9/18)

メルカリ、全国6000カ所で梱包材を無料配布 書店や幼稚園など
フリマアプリ「メルカリ」で売れた商品を梱包できる梱包資材を、全国の書店や幼稚園などで無料配布する。、「梱包・発送作業が大変そうだから」と出品をためらうユーザーが多いとし、梱包材を入手しやすくして出品を促す。(2019/9/13)

ユーザーの利便性を考慮:
メルカリ、消費増税で手数料などに「変更なし」 配送サービス利用料も据え置き
(2019/9/11)

ヤマトの「宅急便をApple Payで送ろうキャンペーン」、最大1万円分のギフトカードが抽選で当たる
ヤマト運輸は、9月9日に「宅急便をApple Payで送ろうキャンペーン」を開始。「宅急便はスマホで送れる。」サービスを利用の際、Apple Payで支払ったクロネコメンバーズへ抽選で最大1万円分のApp Store&iTunesギフトカードをプレゼントする。(2019/9/9)

ヤマト運輸、10月から運賃・料金値上げ キャッシュレスと現金で金額異なる
(2019/9/5)

ヤマト運輸、消費税増税で運賃・料金値上げ 現金よりだいたい安い「キャッシュレス決済運賃」を新設定
現金運賃は10円単位、キャッシュレス運賃は1円単位。(2019/9/4)

クロネコメンバーズ向けに:
ヤマト運輸、スマホで発送手続きを完結 1件につき200円の割引も 「送る」サービス強化へ
ヤマト運輸がスマホで発送手続きを完結できるサービスを開始。9月3日から。クロネコメンバーズの会員が対象だが、一部サービスは非会員でも受けられる。これを機に「送る」サービスの充実を図る。(2019/9/4)

佐川の配達予定、Yahoo! JAPANアプリにプッシュ通知 ヤマトに続き
Yahoo! JAPANアプリなどを通じて、佐川の宅配便の配達予定や不在通知を受け取れるサービスの本格提供がスタート。不在通知も受け取れる。(2019/9/4)

宅急便の発送手続がスマホで完結 ヤマトが新サービス
ヤマト運輸は、9月3日に宅急便の発送手続きをスマートフォンで完結できる新サービスをスタート。専用サイトで住所など必要事項を入力し、ヤマト運輸直営店に持ち込めば発送できるようになる。(2019/9/3)

ヤマト「宅急便をスマホで送る」開始 送り状作成から決済までワンストップ、コンビニ発送も
ヤマト運輸は、宅急便の送り状作成から配送料の決済までスマートフォンで完結できる新サービス「宅急便をスマホで送る」を9月3日にスタートした。まずヤマト直営店で受け付け、今後、全国のセブン-イレブンやファミリーマート店頭にサービスを拡大していく予定だ。(2019/9/3)

サプライチェーンの新潮流「Logistics 4.0」と新たな事業機会(1):
物流の第4次産業革命「Logistics 4.0」とは何か
物流ビジネスへの注目が日増しに高まる中、新たなイノベーションによって、物流の第4次産業革命ともいえる「Logistics 4.0」が起きつつある。本連載では、Logistics 4.0の動向解説に加え、製造業などで生み出される新たな事業機会について紹介する。第1回は、Logistics 4.0までの物流におけるイノベーションの変遷を解説する。(2019/8/22)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2019年7月版:
「リスト型攻撃が原因」「二段階認証なら安全」は本当か?
2019年7月のセキュリティクラスタは、「7pay」が大きな話題となりました。スタートしてすぐに攻撃され、登録者のカード情報が悪用され、あっという間にサービスは中止。その短い間にたくさんのセキュリティ問題が見つかり、「二段階認証」が流行語となりました。そして、「クロネコメンバーズ」も攻撃を受けて、こちらも中途半端な「二段階認証」が話題となる事態に。(2019/8/20)

運賃のPayPay支払いも初体験 長良川鉄道に乗って、温泉と風景に癒やされてきた
途切れた線路、転車台。水田、清流、鉄橋に温泉。エモーショナルな旅、してみました!(2019/8/5)

クロネコメンバーズの2段階認証“スマホだと無意味” ヤマト運輸「サービス全般を再点検していく」
「2段階認証を設定する意味がない」との声。(2019/7/29)

「クロネコメンバーズ」で不正ログイン、3467件に閲覧の可能性
不正ログインの試行件数約3万件。(2019/7/25)

クロネコメンバーズで不正ログイン被害 リスト型攻撃で3467件の個人情報流出か
ヤマト運輸は、同社の会員制サービス「クロネコメンバーズ」で、リスト型攻撃による不正ログインがあったと発表した。(2019/7/25)

「人類滅亡?」「静かすぎて怖い」 クルマが1台も走っていない「阪神高速」写真に注目が集まる MKタクシー「初めてみた」と驚き
大阪「G20」影響で阪神高速道路の各所で通行止めになっています。(2019/6/27)

「アレクサ、ヤマト運輸をひらいて」 スマートスピーカーで荷物の確認や受け取り日時を変更できるAlexaスキル
ヤマト運輸はAlexa搭載デバイスから「クロネコメンバーズ」のサービスが利用できるスキルをリリースした。(2019/6/18)

ソフマップが買い取りアプリ「ラクウル」を提供する狙いとは? 渡辺社長に聞く
ソフマップが、2018年7月からデジタル家電などを売却できる買い取りアプリ「ラクウル」を提供している。これまで店舗を中心にリユース事業を行ってきたソフマップが、なぜスマホ買い取りアプリに挑戦したのか? 渡辺武志社長に話を聞いた。(2019/6/7)

セルフ型店舗「クロネコスタンド」が豊洲に登場 大きな荷物も24時間受け取り可能
「メルカリ」や「ヤフオク!」の発送にも対応。(2019/5/31)

ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型店舗、フリマユーザーのニーズくみ取る
ヤマト運輸が24時間営業のセルフ型直営店を豊洲にオープンすると発表した。(2019/5/29)

セブンでヤフオク発送受付 「ヤフネコ!パック」に対応
「ヤフオク!」で落札された商品を、「宅急便」や「ネコポス」を使って簡単に配送できる「ヤフネコ!パック」が5月8日から、全国のセブン-イレブン店舗で発送できるようになった。(2019/5/8)

10連休の公共機関の営業状況は? 〜郵便・銀行・医療・交通など〜
新幹線は連休後半が狙い目です。(2019/4/23)

クロネコヤマトの子猫、ブタ鼻かと……「有名ロゴが別物に見える」話に「同じ人いた」とうなずき続出
カルビーポテトチップスのキャラがコワすぎた。(2019/4/23)

PR:あなたの手で国内最大級の物流インフラに変革を ヤマトがテクノロジーに強い若手人材を【急募】しているワケ
(2019/4/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。