ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スーパーマリオ3Dランド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スーパーマリオ3Dランド」に関する情報が集まったページです。

テレッテッテテッテーテンッ 「スーパーマリオブラザーズ」のBGMがJOYSOUNDでまさかのカラオケ配信 歌詞もあるぞ
背景映像には歴代「マリオ」シリーズ18タイトルのゲームプレイ動画が流れる!(2015/11/30)

公式二次創作の時代へ ニコニコ動画で利用できる任天堂タイトルが発表 
もはやグレーではない!(2014/12/1)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2012年、ゲーム業界今年の10大ニュース
極々私的にゲーム業界の1年の動きを振り返ってみました。(2012/12/28)

「実は俺ってゲームがうまくね?」 プレイヤーの学習能力をさり気なく引き出す巧妙な仕掛け
なに? すべて開発者の手のひらで踊っていたとでもいうのか!? 経験値がゲームを面白くする。(2012/6/29)

週間ゲームソフト販売ランキング:
完売とかめでたいですね
ポメラニアンも生き残りに必死。トップはPS3「TOKYO JUNGLE」でした。(2012/6/14)

週間ゲームソフト販売ランキング:
50万本突破! 「テリーのワンダーランド3D」
5月28日〜6月3日の週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/6/8)

なぜ、人はゲームにハマルのか?:
第18回:「待って、もう1回!!」――いつの間にかゲームがやめられなくなるフシギな呪文PART2
リスタートの仕組みのスッゴイしかけ。「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の18回目は、続けたくなる“魔法の言葉”について。(2012/4/9)

週間ゲームソフト販売ランキング:
新年度開始 いわゆるタイトル枯れの季節がやってくる?
新年度になりました。2012年度最初の販売ランキングトップに輝いたのは「キングダム ハーツ 3D [ドリーム ドロップ ディスタンス]」でした。(2012/4/5)

日々是遊戯:
歴代マリオの「死に様」だけを集めてみたら大変なことになった
「ドンキーコング」でデビューを飾って以来、何度も何度も何度も何度も何度も死んでは立ち上がり、ぼくらを楽しませてくれたマリオ。本当におつかれさまです……。(2012/3/26)

週間ゲームソフト販売ランキング:
今年度もラストスパート
PSP「テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ(限定版含む)」と3DS「牧場物語 はじまりの大地」がいい感じです。(2012/3/1)

ニンテンドー3DSに新色「コバルトブルー」
ニンテンドー3DSに新カラーバリエーション「コバルトブルー」。「ファイアーエムブレム」新作の同梱版を限定販売することも告知された。(2012/3/1)

3DSに新色「コバルトブルー」登場 パック商品も3種類
3月22日にニンテンドー3DSの新色「コバルトブルー」が発売される。「モンスターハンター3(トライ)G」「スーパーマリオ 3Dランド」「ファイアーエムブレム 覚醒」のパック商品も。(2012/3/1)

週間ゲームソフト販売ランキング:
ソーシャルなゲームにユーザーを取られている?
PS3「アーマード・コア V」がランキングトップの1月23日から1月29日の期間集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。(2012/2/3)

週間ゲームソフト販売ランキング:
ほぼ無風
新作タイトルがなかったため、ランキングにあまり動きがありません。(2012/1/12)

週間ゲームソフト販売ランキング:
2011年のゲーム市場規模は前年比92%
ソフトの市場規模が約2746億円と前年比で86.3%の減少となったゲームソフト。もっとも売れたソフトは3DS「マリオカート7」でした。(2012/1/6)

日々是遊戯:
「パルテナ」発売日は3月22日。本格インターネット対戦も搭載と生配信で明らかに
第2回ニンテンドーダイレクトが12月27日正午に配信され、3DSの「新光神話パルテナの鏡」をはじめ、多数の新作情報が公開されました。(2011/12/27)

年末特別コラム:
独断と偏見で選ぶ! 2011年、ゲーム業界今年の11大ニュース
なんで11大ニュース? それは今年が2011年だから! きわめて私的にゲーム業界を振り返ってみました。(2011/12/27)

週間ゲームソフト販売ランキング:
「モンスターハンター3(トライ)G」記録樹立
「モンスターハンター3(トライ)G」が売れている。そしてついにニンテンドー3DSも累計販売台数300万台を突破!(2011/12/15)

週間ゲームソフト販売ランキング:
マリオさん、今回もぶっちぎる
3DS「スーパーマリオ 3Dランド」に続き、「マリオカート7」が初週トップで登場しました。(2011/12/8)

週間ゲームソフト販売ランキング:
かわいいリンクが躍って弾き語る
Wii「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」がもっとも注目された11月21日〜11月27日までに集計したゲームソフト販売ランキングです。(2011/12/1)

週間ゲームソフト販売ランキング:
さすが俺らのミクさん
2011年11月7日〜11月13日の期間に集計した週間ゲームソフト販売ランキングです。ニンテンドー3DSが好調ですね。(2011/11/17)

動物愛護団体PETA、「スーパーマリオ」批判は「注目してもらうためのジョーク」
「スーパーマリオ」のタヌキマリオが毛皮を肯定していると批判していた動物愛護団体PETAが、タヌキの問題に注目してもらうためのジョークだったとコメント。「私たちはマリオが大好き」としている。(2011/11/17)

日々是遊戯:
タイムズスクウェアにリアル「スーパーマリオ3Dランド」が出現しアメリカ人大喜び
ニューヨークがキノコ王国に! 11月13日に北米ローンチを迎えた「スーパーマリオ3Dランド」の発売イベントが楽しそうです。(2011/11/16)

動物愛護団体が「スーパーマリオ」批判 「タヌキマリオは毛皮を肯定」
動物愛護団体PETAが、「スーパーマリオブラザーズ」に登場するタヌキマリオが毛皮を肯定していると批判。血の滴るタヌキの毛皮を着たマリオを追いかけるゲームも公開している。(2011/11/15)

週間ゲームソフト販売ランキング:
さすがのマリオさん
任天堂の3DSタイトルとして初のランキングトップを奪ったのは「スーパーマリオ 3Dランド」でした。(2011/11/10)

日々是遊戯:
もう紙の説明書はいらない? 説明書を廃止した「スーパーマリオ 3Dランド」
「スーパーマリオ 3Dランド」を買って、ビックリしたのが「説明書が入っていない」こと。これからは説明書も電子化が進んでいく……?(2011/11/7)

「ゲーム専用機限界論を払拭したい」──3DS年末商戦にかける任天堂
最終赤字に転落する見通しになった任天堂だが、年末商戦以降、3DS向け有力ソフトの大量投入で普及を図り、「一部で報じられている、ゲーム専用機限界論を払拭していきたい」と岩田社長は意気込む。(2011/10/28)

日々是遊戯:
わずか8×8ピクセルで「スーパーマリオ」を完全再現!? など、海外マリオグッズ3連発
「スーパーマリオ3Dランド」発売まであと1カ月弱! ということで、今回はマリオグッズ小ネタ集です。(2011/10/12)

日々是遊戯:
3DSカンファレンスで見つけたヘンなもの。「ARおドールカード」ってなんだ?
ニンテンドー3DSの大きな特徴のひとつである「AR」機能。これを使った、ちょっと面白いカードゲームが「ニンテンドー3DSカンファレンス 2011」に出展されていました。(2011/9/18)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
剣を振るとキノコに切れ目が! 「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」の新しさ
制作5年、関わったスタッフは総勢100名を超えるという「ゼルダの伝説 スカイウォードソード」。宮本茂氏も太鼓判を押す「超弩級」の大作を、実際に遊んでみました。(2011/9/13)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3Dなのに2D!? 「スーパーマリオ3Dランド」に宮本茂の自信を見た
「3Dマリオ」シリーズの最新作であり、なおかつ「誰でも気軽に遊べるマリオ」を目指して作られたという「スーパーマリオ3Dランド」。果たしてその仕上がりは?(2011/9/13)

ニンテンドー3DSカンファレンス 2011:
3DSに「モンハン4」「どうぶつの森」「トモダチコレクション」――任天堂が負けられない戦いに挑むタイトルたち
年末から2012年にかけての3DSのラインアップで任天堂の本気を見た。ニンテンドー3DSに「モンスターハンター4(仮題)」も!(2011/9/13)

「ビデオゲームの歴史上例がないのでは」 大量ソフトで攻勢をかけるニンテンドー3DS
任天堂が年末商戦から来年にかけて発売する3DS向けゲームソフトを発表。カプコンが「モンスターハンター4」を3DS向けに開発表明するサプライズも。(2011/9/13)

ニンテンドー3DS、1万5000円に値下げ決定 買い損と思われないための施策も用意
任天堂は8月11日より、現行2万5000円で販売しているニンテンドー3DSを1万5000円で提供すると発表。すでに購入しているユーザー向けにソフトの無償配信などの救済策を用意した。(2011/7/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。