ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「松岡由貴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「松岡由貴」に関する情報が集まったページです。

「テレビからはドキンちゃんの声が聞こえるのに」 鶴ひろみさんの突然すぎる訃報に声優界などから悲しみの声
「ドラゴンボール」のブルマ役や、「それいけ!アンパンマン」のドキンちゃん役などで人気を博しました。(2017/11/17)

アニメ10周年の「涼宮ハルヒの憂鬱」第1期を“極音上映” キャストによるトークショーも
東京の「立川シネマシティ」と兵庫の「塚口サンサン劇場」の2劇場で開催。(2016/6/17)

古田雄介のアキバPickUp! 番外編:
「いろんな人に深く自作を楽しんでほしい」――2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣
自作PCの祭典「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 夏の陣」が開催され、コアな自作ユーザーから声優ファン、女性やカップルまで、幅広い客層がベルサール秋葉原に集まった。(2010/6/14)

平野綾、杉田智和、茅原実里、後藤邑子、小野大輔――SOS団が集結した「涼宮ハルヒの消失」初日舞台挨拶
映画「涼宮ハルヒの消失」の初日舞台挨拶に平野綾さん、杉田智和さん、茅原実里さん、後藤邑子さん、小野大輔さん、桑谷夏子さん、松岡由貴さん、あおきさやかさん、白石稔さん、松元恵さん、石原立也総監督、武本康弘監督が駆けつけた。(2010/2/17)

全力全開! 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」アフレコ現場に突撃
2010年1月23日に劇場版「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」が全国公開される。アフレコを終えたばかりのスタジオにお邪魔し、キャスト陣にコメントをいただいた。(2009/10/20)

平野綾さんたちによる生アフレコも――涼宮ハルヒの連動キャンペーン スペシャルステージ
5月24日、涼宮ハルヒの連動キャンペーン スペシャルステージが東京ジョイポリスで開催された。当日は平野綾さん、後藤邑子さん、杉田智和さん、小野大輔さん、白石稔さん、松岡由貴さんらが登場した。(2009/6/25)

「涼宮ハルヒの約束」レビュー:
「ただのゲームには興味ありません」――話題の超監督がゲームで大暴れするそうです
同名小説が原作で、2006年にアニメ化された「涼宮ハルヒの憂鬱」がPSP用ゲームとなって登場。アニメで魅了された筆者がプレイし、本作の魅力を確かめてみました。(2008/1/18)

「秋葉原エンタまつり2006」にプレイアブルでPS3タイトル多数出展――ステージイベントも開催
10月21日〜29日に東京・秋葉原で開催される「TIFF in AKIHABARA 秋葉原エンタまつり 2006 TOKYO ASIA-PACIFIC ENTERTAINMENT FESTIVAL」において、PS3およびPS2、PSPの試遊イベントが開催される。都内でいち早くPS3を遊ぶチャンス到来!(2006/10/20)

「極上生徒会」の最終話アフレコ現場に再び潜入! そしてPS2ソフトもいよいよ発売
PS2ソフトの発売も間近に控え盛り上がるアニメ「極上生徒会」の最終話アフレコ現場に潜入。最終話を録り終わったばかりの声優さんたちにコメントをいただいた。また、併せてPS2ソフト「極上生徒会」の最新情報もお届けする。(2005/9/13)

「トリニティ・ブラッド」DVD発売記念 生天目仁美さんトークショー――生天目さんの意中の彼が登場!?
現在放映中のアニメ「トリニティ・ブラッ」のDVD発売を記念して、シスターケイトを演じている人気声優・生天目仁美さんのトークショーが行われた。発表された新作アニメ情報などを中心にイベントの様子をお届けしよう。(2005/7/20)

「武蔵伝II ブレイドマスター」登場キャラクターの声優陣を一挙公開
(2005/5/13)

コナミがお送りする(美)少女アニメ「極上生徒会」のアフレコ現場に潜入!
この夏、PS2でのゲームの発売も予定されている、コナミがお送りする(美)少女アニメ「極上生徒会」。先日、都内のスタジオにて、この「極上生徒会」のアニメ第1話のアフレコが行われたのだ。ここでは、その時の模様と、キャラクターの声を担当する声優さん+監督のコメントをお届けしよう。(2005/3/18)

「エンジェリック・ヴェール新伝〜エフェメール島綺譚〜」のプロモーションムービーを公開中
(2005/3/8)

「エンジェリック・ヴェール」シリーズ第3弾、3月10日発売
(2005/2/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。