ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「マクドナルド」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

顧客体験価値ランキング2022:
コメダ、スタバ、マクドナルドを分析 顧客から支持される飲食ブランドの共通項
「顧客体験価値(CX)ランキング2022」を基にカフェ・ファストフードブランドがどのように顧客との強い絆づくりに向けた取り組みをしているのか探っていく。(2022/8/4)

マクドナルドに「ドラえもん」限定メニューがやってくる 縁日気分を楽しめるラムネシェイク&チョコバナナパイ、8月5日発売
パッケージもかわいい〜!(2022/8/3)

8月5日から:
マクドナルド、ハッピーセットに「ドラえもんのひみつ道具」 自由研究を楽しめるおもちゃ
日本マクドナルドは、8月5日よりハッピーセット「ドラえもん わくわくじゆう研究」の販売を開始する。(2022/8/2)

渋くてかっこいいマクドナルドだと……? 深センにある中国第1号店が異世界みたいで映え
明るくにぎやかなイメージと違うマクドナルド。(2022/7/29)

「マクドナルド」「ケンタッキー」「モスバーガー」アプリのお得なクーポン【7月最新版】 1800円引きの特典も
スマホアプリやWebサイトで得するクーポン。対象店舗などで提示すれば、対象商品が安くなる。2022年7月時点で配信されている「マクドナルド」「ケンタッキーフライドチキン」「モスバーガー」アプリのお得なクーポンをまとめた。(2022/7/23)

マクドナルド公式「大事なことなので15回言います」 迫ってくる「15ピース390円」の圧が強すぎると話題に
「チキンマックナゲット」のキャンペーンは7月20日から。(2022/7/17)

ランチ時の忙しいマクドナルド、店員視点からはどう見える? 最適化された厨房での動きに感動する声
ハンバーガーを作る工程の一部が店員視点で見られます。(2022/7/13)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
iPhone誕生から15年の軌跡 ナイキやディズニー、マクドナルドが束になっても届かない驚異的な成長力に迫る
iPhoneが生誕15周年を迎えた。今回は、Appleの驚くべき成長について紹介しよう。(2022/7/11)

マクドナルドの「ナゲットの箱」がいつのまにか新しくなっていた? 「ソースがピッタリはまる」と話題、実は試験導入中だった
“謎のミシン目”付きの箱ができた経緯を聞きました。(2022/7/9)

マクドナルドに北海道産メロン&福岡県産いちごのフラッペがやってきた 爽やかな果汁×練乳の夏を感じるひんやりスウィーツ
どちらにしようか迷っちゃう。(2022/7/6)

「PayPayあと払い」がオンラインサービスに対応 マクドナルドやコミックシーモアから順次拡大
当月利用した金額を翌月27日にまとめて支払える「PayPayあと払い」が、オンラインサービスでも利用可能に。コミックシーモア、出前館、マクドナルド(モバイルオーダー限定)などから順次拡大していく。(2022/7/5)

シャア専用マクドナルドに“ご本人”登場!? 全力のコスプレが「シャアでも並ばないと買えないのか」「通常の3倍目立つ」と話題
事前に電話で来店許可を取る律儀なシャア。(2022/6/29)

新潟県産コシヒカリを100%:
マクドナルド“夜限定”の新商品「ごはんチキン ガーリックベーコン」 期間限定で発売
昨年販売の「ごはん海老 旨辛仕立て」と「ごはんてりやき」も再登場、期間限定で発売される。(2022/6/25)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「マクドvsバーキン」です。(2022/6/24)

GM、McDonald's、Targetのデジタルマーケティング戦略【中編】
マクドナルドがBTSとコラボした“深い理由”
デジタルチャネルの充実は、企業のマーケティング方針を大きく変え始めている。McDonald'sが進めたアーティストとのコラボレーションも、こうした変化を意識した取り組みだという。どういうことなのか。(2022/6/22)

ようこそ:
“シャアお墨付きのメニュー”が登場 マクドナルドで6種類を展開
日本マクドナルドは、テレビアニメ『機動戦士ガンダム』で主人公アムロ・レイの宿敵として数々の戦いを繰り広げてきた、“赤い彗星”シャア・アズナブルとコラボレーションした商品を発売する。(2022/6/15)

マクドナルドで6月22日から「ガンダム」コラボ開始 見せてもらおうか、地球のハンバーガーの性能とやらを
ようこそ「シャア専用マクドナルド」へ。(2022/6/15)

数年で1000店:
代替「マック」、モスクワで開店 味は?
ウクライナ侵攻でロシアから撤退した米大手ハンバーガーチェーン「マクドナルド」を代替する露資本のチェーン「フクースノ・イ・トーチカ」が12日、首都モスクワなどで開店し、市民らが行列を作った。(2022/6/13)

丸亀製麺ユーザーが、他の店を利用するのはどんなとき? 競合はなんとマクドナルド
スパコロは、東京都在住の15〜69歳を対象に行った「競合探索調査 丸亀製麺編」の結果を発表した。「丸亀製麺」を利用しようとした時の他の候補はどこか聞いたところ、1位はなんと「マクドナルド」だった。(2022/6/9)

マクドナルドに夏らしいオレオメニュー2種が登場 チョコミントフラッペ&バナナロールケーキでココアのコンビネーションを楽しんで
オレオクッキーシリーズに新作が仲間入り。(2022/6/8)

Marketing Dive:
メタバースにもう暗雲? マクドナルドのNFT企画はなぜ炎上したのか
マーケターがメタバースを自社の戦略にどう取り込むかを検討する上で、最重要事項となるのが「ブランドセーフティ」だ。(2022/6/2)

これは400億の男……!? マクドナルドの広告がどこかで見た柄だと話題
マックがあったら入りたい!(2022/5/31)

「匠紀の国屋」として始動へ:
廃業決めた老舗和菓子店を救済 社長が語った「マクドナルドを見習え」の真意
看板商品「相国最中(しょうこくもなか)」などで知られ、5月16日に廃業を発表した和菓子店「紀の国屋」。26日、スイーツのインターネット販売を手がけるアイ・スイーツ(東京都文京区)は、紀の国屋の元従業員20人を雇用し、「匠紀の国屋」として新たに事業を始めると発表した。廃業の発表からわずか10日で新ブランドでの再始動が決定――という急転直下の事態に驚きの声が上がる。この間に一体、何があったのか。アイ・スイーツの社長に話を聞いた。(2022/5/26)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
マクドナルドのテークアウト/デリバリー成功の要因はどこにあった? 絶好調で時短協力金も辞退
決算書で分かる日本経済の動向ということで、4回連続で飲食企業4社の決算を取り上げて、日本の飲食企業の現状を見ていきます。今回取り上げるのは日本マクドナルドホールディングス、ハンバーガーチェーンのマクドナルドの国内展開をしている企業です。(2022/5/13)

ウルトラマンっぽいロゴが作れる「ウルトラマン風ロゴメーカー」 マクドナルドが公開
映画「シン・ウルトラマン」公開を記念したキャンペーンの一環です。(2022/4/20)

好きなハンバーガーチェーン店 モスバーガー、フレッシュネスバーガーをおさえた1位は?
レビューは、日本全国の10歳以上の男女に、「好きなハンバーガーチェーン店」についての調査を行った。好きなハンバーガーチェーン店1位は「マクドナルド」だった。(2022/4/19)

au PAY、「マクドナルド モバイルオーダー」で最大10%のPontaポイント還元
KDDIは、4月20日〜5月8日に「マクドナルド モバイルオーダー」でau PAYを利用すると最大10%のPontaポイントを還元するキャンペーンを開催する。還元上限は1au IDあたり1回500円、期間あたり1000円。(2022/4/19)

横断歩道がフライドポテトに変身!? マクドナルドに誘導されるマレーシアの道路がグリム童話っぽい
横断歩道でマックフライを表現。(2022/4/16)

au PAYがアプリ版「マクドナルド モバイルオーダー」の支払いに対応 スマホ向けWeb版も4月中旬に対応予定
KDDIのスマホ決済サービス「au PAY」が、4月5日からアプリ版「マクドナルド モバイルオーダー」の支払いに利用できるようになった。スマートフォン向けWeb版でも、4月中旬をめどに対応する予定だ。(2022/4/6)

ポテトが人気:
子どもが喜ぶ外食チェーン 1位は「マクドナルド」、2位は?
子どもが喜ぶ外食チェーンはどこだろうか。中学生以下の子どもをもつ親に聞いた。(2022/4/3)

テーブルが無くても大丈夫! 車内でもマックのハッピーセットを食べてもらえるナイスアイデアが話題に
英マクドナルドもツイートしていた画期的な方法です。(2022/4/2)

スケールアップして帰ってきた秋葉原のマクドナルドに、バーガーキングがまたも縦読み広告で煽る 「店のデカさより大事なこと」
そう来たか……!(2022/3/31)

ドコモ、マクドナルドで最大100万人に1000ポイントが当たるキャンペーン
NTTドコモは、3月22日〜4月23日に「マクドナルドでdポイントを『ためる』『つかう』と抽選で最大100万名様に最大1,000ポイントが当たる!キャンペーン」を開催する。(2022/3/22)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
「マクドナルド」「IKEA」「スタバ」他、ロシアからグローバルブランド続々撤退で現地雇用への影響は?
経済制裁の大合唱がクレッシェンドする中、市井の人々へのインパクトも甚大になっています。(2022/3/21)

バーガーキングに煽られつつ閉店した秋葉原のマクドナルドの逆襲 バーガーキングより大きそうな新築ビルで帰ってきた
バーガーキング、どうする……?(2022/3/17)

マクドが露営業停止 冷戦終結「象徴」去る スタバ、コカ・コーラも
【ワシントン=塩原永久】米ファストフード大手マクドナルドは8日、約850店を持つロシアで全店舗の営業を一時停止すると発表した。同社のロシア進出は冷戦終結の象徴とされたが、ウクライナ侵略に抗議する世界的な動きに「加わる」(同社首脳)としている。コーヒーチェーン大手のスターバックスや、飲料大手コカ・コーラなども同日、事業停止を決めた。(2022/3/9)

マクドナルドの「バリューランチ」が「ひるまック」に名称変更 朝マック、夜マックに続く“昼”マック誕生
ついに“朝・昼・夜”のマックがそろいました。(2022/3/7)

全体の2割の商品が対象:
マクドナルドの「ハンバーガー」「チーズバーガー」、3月14日から20円値上げ 原材料価格高騰などで
日本マクドナルドが3月14日から全体の2割の商品を対象に価格改定すると発表した。主力商品の「ハンバーガー」「チーズバーガー」の店頭価格を20円値上げするという。同社は値上げの理由について「昨今の小麦や牛肉をはじめとする原材料価格の高騰や人件費、物流費の上昇などを受け、慎重に検討した結果」と説明している。(2022/3/4)

マクドナルド、一部商品を10〜20円値上げ ハンバーガーなど
値上げは全体の約2割の商品。(2022/3/4)

宮崎あおい、約30年ぶりのマクドナルドCMで“小悪魔風”先輩社員に 「一緒にてりたま食べよっか!」
5、6歳のころにエキストラで出演。(2022/3/2)

【期間限定】マクドナルド「ひとくちチュロス」実食レビュー ひょいっとつまめるフィンガースイーツは独り占めしたいおいしさです
甘さ控えめがうれしい。(2022/2/16)

モスバーガーのフレンチフライポテトも販売制限 3月中旬の制限解除の見込み
マクドナルドが回復したと思ったら……。(2022/2/9)

マクドナルドのモバイルオーダーでdポイント最大10%還元 2月28日まで
NTTドコモと日本マクドナルドは、マクドナルドのモバイルオーダーで「d払い」を利用すると最大10%のdポイントを還元するキャンペーンを開催。期間は2月9日〜2月28日。(2022/2/8)

マクドナルド「マックフライポテト」の全サイズ販売を再開 2月7日から
うれしすぎる。(2022/2/4)

2月7日より:
マクドナルド、ポテトの販売再開 全サイズ対応
日本マクドナルドは、2月7日よりポテトの販売を再開すると発表した。カナダでの水害被害やコロナ禍での物流網の混乱に伴い、一時的にSサイズのみの販売としていた。(2022/2/4)

【期間限定】マクドナルド「とろけるホットパイ」2種を実食レビュー 大人なショコラ&甘々メープルが冬にぴったりな味わいです
寒い時期にぴったりな濃厚味、たまりません。(2022/1/19)

マクドナルドはなぜ国産じゃがいもを使わない? ポテト販売休止でTwitterに流れるウワサ、真相を取材した
理由は大きく「サイズ」「味」「消費量」。(2022/1/14)

マクドナルドのハッシュポテトが一部店舗で販売休止に 1月13、14日には販売再開
ハッシュポテト、お前もか……。(2022/1/11)

マクドナルドでコーヒー全サイズ100円 1月12日から期間限定
「ラッキーイエローウィーク」としてコーヒーカップもイエローカラーに。(2022/1/11)

1月9日から1カ月間程度:
日本マクドナルド、「マックフライポテト」M・Lサイズを再び休売 原材料の輸入に遅延
日本マクドナルドは「マックフライポテト」のM・Lサイズの販売を再び休止すると発表した。原材料であるポテトの輸入が遅延しているため。全国2900店舗が対象で、期間は同月9日から1カ月程度だという。(2022/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。