ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モンスターハンターG」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モンスターハンターG」に関する情報が集まったページです。

日々是遊戯:
歴代パッケージアートで振り返る「モンスターハンター」シリーズの歩み
最新作「モンスターハンター3(トライ)」で家庭用8作品目となる「モンスターハンター」シリーズ。ここで一度、歴代のパッケージアートとともに、シリーズの歴史を振り返ってみましょう。(2009/8/21)

今あるアイデアをすべて詰め込んだ自信作――「モンスターハンター3(トライ)」完成披露発表会
8月1日の「狩猟解禁」まで、いよいよあと1カ月をきった「モンスターハンター3(トライ)」の完成披露発表会が7月3日、東京・六本木にて開催された。ここでは発表会のリポートとあわせて、発表会後に行われた試遊イベントの様子をお伝えする。(2009/7/6)

黒いWiiが同梱――「モンスターハンター3(トライ) スペシャルパック」発売決定
Wii本体とクラシックコントローラRPOがセットが同梱された「モンスターハンター3(トライ)」のスペシャルパックを発売する。しかもその同梱版、黒いんです。(2009/6/4)

「モンスターハンター3(トライ)」の武器ジャンル紹介
カプコンが今夏発売予定のWii用ハンティングアクション「モンスターハンター3(トライ)」の武器ジャンルを紹介しよう。(2009/5/7)

連休は狩りですか?
まとまったお休みがもらえたので、ジャングルや砂漠、時には火山地帯へ狩りに出かけます。(2009/4/30)

GW直前バイヤーズガイド:
どこにも行く予定がないアナタに――今年のGWはおウチで楽しもう
16連休と言われても先立つものがなければ、家に引きこもるしかないじゃないか。逆転の発想で今年のGWはおウチで楽しく過ごしましょう。(2009/4/28)

「モンスターハンター3(トライ)」に新武器・スラッシュアックス登場
カプコンが今夏発売予定のWii用ハンティングアクション「モンスターハンター3(トライ)」に新武器を投入する。(2009/4/27)

「モンスターハンター3(トライ)」の操作タイプは3種類――シリーズ5周年パーティーで明かされたこと
カプコンの「モンスターハンター」シリーズの5周年を記念した「モンスターハンター 5周年アニバーサリーパーティー」が開催。Wii用ソフト「モンスターハンターG」に同梱される「モンスターハンター3(トライ)」体験版の内容などが発表された。(2009/3/12)

もうすぐ実写“お団子”公開
今週末公開の実写版を控えて、ランキングもあのゲームの記事が人気です。(2009/2/25)

Wiiポイントでの決済を予定――「モンスターハンターG」
4月23日に発売予定のWii用ソフト「モンスターハンターG」から、仲間とメンバーを組んでクエストに挑むネットワークモードを公開。ネットワークモードをプレイするには、インターネットに接続できる環境のほかに、別途利用料が必要となる。(2009/2/16)

「モンスターハンター3(トライ)」は“今夏”に発売――新発表ありの「狩人達の宴G」披露会
カプコンの「モンスターハンター」シリーズとパセラのコラボレーションイベント「狩人達の宴G」の披露会が開催。Wii用ソフト「モンスターハンター3(トライ)」の発売時期が明らかになるとともに、シリーズ誕生5周年を祝うイベントなどが発表された。(2009/2/13)

「モンスターハンターG」4月23日発売決定――スターターパック版も
カプコンは、Wii版「モンスターハンターG」を4月23日に発売する。価格は3990円(税込)。同日数量限定で、オリジナル仕様クラシックコントローラなどが同梱したスターターパックも発売される。(2009/1/15)

正しい正月の過ごし方?
おせちを食べてお雑煮食べたら、あとはゲームです。あれ、なんかデジャブ……。(2009/1/8)

クラシックコントローラ必須のWii版「モンスターハンターG」が登場
2005年にプレイステーション 2用ソフトとして登場したハンティングアクションゲーム「モンスターハンターG」が、Wii向けに発売される。(2008/12/26)

2007年度の国内ゲーム市場規模は6679億円――メディアクリエイト調べ
メディアクリエイトは、2007年度〜2008年第1四半期の国内ゲーム市場規模を発表した。2007年度はソフト・ハードともに対前年度比ほぼ横ばい。同社によると「モンスターハンターポータブル 2nd G」は発売2週で実売で140万本を達成。(2008/4/11)

「モンスターハンターポータブル 2nd G」レビュー:
狩りのお祭り、ここに開催!――“G”のハンターライフは最高にグレート
みなさん、回復薬グレート飲んでますか。こんがり肉食べてますか。というわけで「モンスターハンターポータブル 2nd G」です。前作からあらゆる面でボリュームアップ、バージョンアップしてます。これはもう、本当にお祭りなのです。(2008/4/9)

東京ゲームショウ2007:
「モンスターハンターポータブル2nd」新情報発表。あのミリオンタイトルの続編は“G”級!――カプコンブース
東京ゲームショウ2007のカプコンブース特設ステージにおいて「モンスターハンターポータブル2nd」新情報発表会が行われた。「モンスターハンターポータブル2nd」の新情報? 新しいダウンロードクエストかな? そんな甘い考えで臨んだ筆者が甘かった……。シリーズ最新作が、どどんと発表されました!(2007/9/20)

PR:“モンハン”推奨ディスプレイに認定!――BenQ「FP241VW/FP94VW」のゲーム性能に迫る
“ゲームプレイに最適な液晶ディスプレイ”をうたうBenQの「FP241VW」と「FP94VW」が、人気オンラインゲーム「モンスターハンター フロンティア オンライン」の推奨製品に認定された。今回は実際にFP241VWとFP94VWでモンスターハンター フロンティア オンラインをプレイし、ゲーム用ディスプレイとしての性能をチェックする。(2007/8/31)

「モンスターハンター ポータブル 2nd」レビュー:
狩猟の季節到来! PSPでのハンターライフはここまで快適になった
カプコンの狩猟アクション「モンスターハンター」シリーズの最新作がPSPで登場した。新しいモンスター、武器、防具システム、クエスト――確実なボリュームアップとともに徹底してユーザーフレンドリーに作り直された本作は、狩人たちの心を熱くする快作に仕上がっている。さあ、貴方もポッケ村で、ハンター生活を始めませんか?(2007/3/20)

「モンスターハンター2(ドス)」レビュー:
頼みは己の腕前のみ――ようこそ、狩って狩って狩りまくるハンティングアクションの世界へ
「モンスターハンター ポータブル」のヒットも冷めやらぬなか、ついにシリーズ最新作が姿を現した。まだ見ぬ狩り場、まだ見ぬ武器、そしてまだ見ぬ強大なモンスターたち……。ようやく“解禁”となったドスの世界を、さっそくのぞいてみることにしよう。(2006/3/6)

「モンスターハンター2(ドス)」発売記念インタビュー:
今だからこそ振り返る「モンスターハンター」――家庭用初の本格オンラインアクションはこうして生まれた
独自の生態系を持つ強大なモンスターが住む世界で、いちハンターとしての生活を送るハンティングアクション「モンスターハンター」。このたび、プロデューサーを務める田中剛氏に、最新作「モンスターハンター2(ドス)」を含めたシリーズについてのさまざまな話をうかがうことができた。(2006/2/22)

東京ゲームショウ2005――カプコンブース:
あの興奮がパワーアップして帰ってきた! 「モンスターハンター2[dos]」と「モンスターハンターポータブル」
大盛況のカプコンブースの中でもひときわにぎわっている「モンスターハンター」コーナー。アイルーの着ぐるみさんも参加者たちを熱く応援! そんな「モンスターハンター」シリーズの新作試遊台に触れてきたのでさっそくリポートします。(2005/9/17)

CEDEC 2005:
理論値を元に制作を進めていては、新しいモノは生み出せない
「CEDEC 2005」において、「コンシューマゲーム機におけるオンラインゲームの開発と成功 〜モンスターハンター開発過程から〜 」と題されたセッションが開催。オンラインのアクションゲームという本作が生み出された経緯について語られた。(2005/9/1)

「大神」から次世代機向けタイトルまで、各プロデューサーがその魅力を語る――カプコンプレスカンファレンス
現行機にて開発中のタイトルから次世代機向け新作まで、各プロデューサーよりタイトルの魅力が語られた本カンファレンス。まずは公開されていたタイトルを中心に紹介する。(2005/5/17)

KDDIの「マルチマッチングBB」が韓国でもサービスを開始
KDDIは、オンラインゲームのプラットフォームサービス「マルチマッチングBB」の韓国でのサービスを1月20日から開始する。第1弾のタイトルとして、カプコンの「モンスターハンターG」を提供する。(2005/1/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。