ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ミキハウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ZOZO前澤社長“大誤算”?「ゾゾ離れ」招いた割引サービス終了、新事業は先行き不透明
 月旅行計画や1億円バラマキなどで世間を騒がせた末にツイッターを休止してから77日。ZOZO(ゾゾ)の前澤友作社長(43)は黙り続けてはいられなかった。同社がタイトルスポンサーを務める米ゴルフツアーでタイガー・ウッズ(43)の参戦が決まったことでツイートを再開。決算説明会でも中国進出など複数の新事業をぶち上げた。ただ、足元をみると、最終利益は20%減となり、「ゾゾ離れ」を招いた有料会員サービスも終了に追い込まれた。先行きについてもアナリストは不透明感が強いと指摘する。(2019/5/7)

「ZOZO離れ」歯止め不透明……割引表示「軌道修正」も新たな離脱組
有名ブランドの撤退が相次いでいるZOZO(ゾゾ)が、原因となった割引キャンペーン制度の価格表示について軌道修正した。一連の“ゾゾ離れ”についても公式に言及、「出品点数は増えている」と強調したが、夕刊フジの取材では新たな「離脱組」も出ており、歯止めとなるかは不透明だ。(2019/3/1)

「情けなく、申し訳ない」:
ZOZOが初の減益 要因を検証してみた
インターネット衣料品通販大手ZOZO(ゾゾ)が平成10年の会社設立以来初の減益となる。採寸用ボディースーツ「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。ツイッターで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、主力のネット通販サイト「ゾゾタウン」では出店を取りやめる“ゾゾ離れ”が顕在化。時代の寵児(ちょうじ)の足元は決して盤石ではない。(柳原一哉)(2019/2/25)

ZOZO初の減益へ ゾゾスーツのPB大誤算、アパレル各社離反も痛手
ZOZOが1998年の会社設立以来初の減益となる。「ゾゾスーツ」を活用したプライベートブランド(PB)事業でつまずき、大誤算の急ブレーキとなったのだ。Twitterで「必ず挽回します」と表明した前沢友作社長だが、出店を取りやめる“ZOZO離れ”が顕在化している。(2019/2/21)

止まらない“ZOZO離れ”……一律割引「ARIGATO」にブランド困惑
オンワードにミキハウス……。ZOZOTOWNから有名ブランドが続々と退く姿勢をみせている。同様に撤退を決めた有名アパレルブランドの役員が夕刊フジの直撃に「あまりにもビジネスの方向性として合致しない」とZOZOの経営手法に首をかしげた。(2019/1/21)

止まらぬZOZO離れ……「ミキハウス」も出品見合わせ 全10%割引「ARIGATO」で
「1億円のお年玉企画」や「月旅行」などが話題のZOZO前澤友作社長だが、有名ブランドの“ゾゾ離れ”が止まらない。昨年末にオンワードがZOZOTOWNから退店を決めたのに続き、大手子供服ブランド「ミキハウス」も出品を見合わせたことが夕刊フジの取材で分かった。(2019/1/18)

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る
一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。(2018/7/3)

日本企業と中国4億人ユーザーを結ぶ:
「越境EC2.0」へ、インアゴーラが「淘宝全球購(タオバオグローバル)」と業務提携
中国向け越境ECプラットフォーム「豌豆(ワンドウ)プラットフォーム」を運営するインアゴーラは2016年11月29日、資金調達および大型業務提携に伴う新戦略発表会を実施した。(2016/11/30)

赤ちゃん39人が第九「歓喜の歌」を大合唱 泣き声や笑い声で作るミキハウスCMが癒し効果高い
世界中の赤ちゃんが登場。(2016/6/3)

2010年の新築分譲マンション、人気トップは「大崎ウエストシティタワーズ」
住宅・不動産情報ポータルサイト「HOME'S」を運営するネクストは、ページビューなどをもとにした人気物件ランキングを発表。新築分譲マンション部門のトップは「大崎ウエストシティタワーズ」、新築一戸建て&土地部門のトップは「カサレス鎌倉」だった。(2011/2/3)

ミキハウス、コミュニティーサイトで潜在顧客の獲得狙う
三起商行は、肌着やベビー服関連のコミュニティーサイト「ミキハウスBCP」を開設し、潜在顧客である妊娠中の女性の取り込みを狙う。(2009/12/18)

異業種提携によるSNS/ブログ一体型コミュニティー「Macoron!」
カレンが企画運営・事務局を行い、アシックス、ジグノシステムジャパン、日清食品、日本トイザらス、ミキハウス 、ユニチャーム、ワールド・ファミリーのコンテンツ提供およびサポートによって運営される無料コミュニティーサイト「Macoron!」がオープンした。(2006/5/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。