ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「minis」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「minis」に関する情報が集まったページです。

もちろんPCやテレビも:
スタイリッシュな「AM」シリーズでスマホ・タブレットを大掃除
年末の大掃除では、スマホやタブレット、PCやテレビなど、身の回りのデバイスもキレイにしたいもの。そこでお勧めなのが、スタイリッシュなガジェット用クリーニング用品の「AM」シリーズだ。(2013/12/6)

プレアデス、デンマークAM Lab製のガジェット向けクリーニング用品を10月下旬に発売
プレアデスシステムデザインは、10月下旬からデンマークAM Lab製のクリーニングアクセサリー10製品の取り扱いを開始する。想定実売価格は1300円から3200円。(2013/9/27)

これで落としても安心――iPad用保護ボール「iballz minis」発売
iPadやiPad 2の四隅にボールを取り付け、落下から守る保護ボール「iballz minis」が発売される。(2011/6/27)

日々是遊戯:
「モバイルキャリアとの契約は必須?」 PlayStation Vitaの気になるアレコレ
先日開催されたE3 2011で正式名称が発表された、NGP改め「PlayStation Vita」。そんなPS Vitaの素朴な疑問に、ソニー・コンピュータエンタテインメントアメリカがFAQで答えてくれています。(2011/6/15)

「PSP go」欧米で発売 テザリングも可能に
UMDドライブのない「PSP go」が欧米で発売された。Bluetooth携帯を経由してネットに接続するテザリング機能も使える。(2009/10/2)

ソニー、欧米でPSP向けミニゲーム配信と電子書籍リーダー提供
PSP向けに100Mバイト以下のミニゲーム「minis」を配信し、電子書籍リーダーと電子コミックサービスを提供する。(2009/8/19)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(後編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。後編ではSCEについて。(2009/6/18)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(前編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。前編ではマイクロソフトと任天堂のカンファレンスについて。(2009/6/17)

Wiiで脈拍測定も 任天堂、E3で新作発表
任天堂はE3で、Wiiで脈拍を測定できるアクセサリー「Wii Vitality Sensor」や、「Wii Fit」新作、DSiとFacebookの連係機能などを発表した。(2009/6/3)

「Flash Lite」コンテンツで海外に進出――CELLの海外戦略
海外市場でもFlash Liteアプリやコンテンツの普及が始まっている。Flash Liteゲームの開発を行うCELLに、同社の海外戦略を聞いた。(2006/11/7)

Verizon Wireless、Flashアプリケーション導入
Verizonがハイエンド端末向けにFlashアプリケーションを発売した。(2006/10/26)

E3 2006「任天堂ブース」:
またまたマリオがバスケしちゃいます――ニンテンドーDS新作情報3本立て
Wiiのプレイアブル出展にばかり目がいきがちな任天堂ブース。しかし、今が旬のニンテンドーDSのラインアップに彩りを添えるであろう、充実の最新作たちにも注目していきたい。ここでは任天堂発の3つのニンテンドーDS新タイトルをご紹介しよう。(2006/5/14)

E3 2006:
「任天堂メディアブリーフィング」で紹介されたタイトル――ニンテンドーDS編
「任天堂メディアブリーフィング」にて発表された、今後登場するニンテンドーDSタイトルを掲載しよう。(2006/5/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。