ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「mixiチェックイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「mixiチェックイン」に関する情報が集まったページです。

「Mashup Awards」でミクシィ賞 ちょっとギークな女子中学生の日常をのぞいてみた
「Mashup Awards」でミクシィ賞を受賞した女子中学生がいる。学校の友達とはGmailでやりとりし、ネトゲやニコ動で盛り上がる。サーバ技術者の母親とはネットや電子工作が共通の話題だ。(2012/2/21)

短期集中連載・mixiはどこへ行く?:
第1回 mixiを使っているのは誰なのか、そして新インタフェースの理由
国産老舗SNSであるmixiは、さまざまな機能を取り込みながら成長を続けている。本連載では、笠原社長、原田副社長へのロングインタビューを元に、mixiのこれまでとこれからの変化について考察する。(2011/10/31)

「mixiモバイル」が6月22日にリニューアル
ミクシィは、携帯電話向け「mixiモバイル」のリニューアルを6月22日に実施する。投稿機能をホーム画面の上部に集め、複雑化したUIをシンプルなデザインのものへ改善する。(2011/6/17)

iOSでジオ(GEO)プログミラング入門(2):
Flickr APIと位置情報を使い画像をiPhoneの地図に表示するには
iPhone/iPad/iPod touchで動く位置情報アプリを作成するための「測位機能の取り扱い」「地図の取り扱い」「サーバとの通信」という重要なポイントを解説します(2011/6/6)

mixi連携Androidアプリ「ソーシャルフォン」 ソフトバンク端末向けに先行公開
mixiの更新情報を管理できるAndroidアプリがソフトバンク端末向けに公開された。(2011/2/25)

「mixiチェック」「mixiチェックイン」がNFCで可能に
「mixiチェック」「mixiチェックイン」がNFCに対応。「Nexus S」と、NFCを使ったAndroid向け情報サービス「taglet」を使うことで、端末をかざすだけでmixiチェック/チェックインができるようになる。(2011/2/10)

「mixiチェックイン」がスマートフォン対応
「mixi」のスマートフォン版「mixi Touch」で、位置情報サービス「mixiチェックイン」に対応した。(2010/12/16)

出張者に人気の位置情報サービス、トップは「国盗り合戦」
本社・支社や取引先などとの折衝に携わるビジネスパーソンにとって、切っても切り離せないのが出張。最近1年間に出張をした人のうち、出張が好きな人は77.1%と、嫌いな人の22.9%を大きく上回った。ライフネット生命保険調べ。(2010/11/15)

「Facebookよりうまく収益化している」と笠原社長 mixi連携は「歓迎」
ミクシィの笠原社長は、ライバルのFacebookがmixiと連携したことを歓迎。「mixiはFacebookよりうまく収益化している」と自信をみせつつも、今後の飛躍に向けた準備を進めているという。(2010/11/5)

mixi連携Androidアプリ「ソーシャルフォン」 アドレス帳とマイミク同期
mixiの更新情報をチェックしたり、端末のアドレス帳とマイミク情報を同期させられるAndroidアプリ「ソーシャルフォン」が来年2月に登場する。(2010/11/4)

位置情報サービス「mixiチェックイン」200万投稿突破
携帯電話のGPS機能を利用して、今いる場所の情報を共有できる「mixiチェックイン」の投稿数(チェックイン件数)が開始から1カ月で200万件を突破した。(2010/10/6)

mixiモバイルで“今いるスポット”の情報を共有――「mixiチェックイン」
ミクシィが9月6日、興味のある情報をマイミクシィと共有する機能「mixiチェック」の導入に合わせ、mixiモバイルで今いる場所を共有する新サービス「mixiチェックイン」をスタートした。(2010/9/6)

mixiに“Likeボタン” mixiモバイルは位置情報サービス導入
mixiで、興味のある情報をマイミクと1クリックで共有できる機能がスタート。mixiモバイルには、foursquare的な位置情報サービスが加わった。(2010/9/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。