ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「宮田幸季」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「宮田幸季」に関する情報が集まったページです。

「ブギーポップは笑わない」PV第2弾公開 竹達彩奈、阿澄佳奈、花澤香菜らの出演も明かされる
先行上映イベントの告知も。(2018/11/30)

全員「ドーン!」されるハードモード未来しか見えない…… 「笑ゥせぇるすまんNEW」に江口拓也、阿澄佳奈、関俊彦らがゲスト出演
これからが本当の地獄だ……。(2017/3/22)

まいんちゃんが「んふんふ」で喜怒哀楽を表現 「なめこ」が3分間アニメになって帰ってくるぞおおお
アニメ化に合わせて開かれた囲み取材の様子をお届け。(2016/3/3)

シリーズ初の“最後”とうたった作品――アニメ「遙かなる時空の中で3 〜終わりなき運命〜」アフレコインタビュー
コーエーの人気ゲーム「遙かなる時空(とき)の中で3」がアニメ化され、2010年1月よりAT-Xにて放送されている。そこで、収録を終えたばかりの三木眞一郎さん、宮田幸季さん、中原茂さん、川村万梨阿さん、浜田賢二さん、花輪英司さん、鳥海浩輔さんの7人にお話をうかがった。(2010/3/29)

「セイント・ビースト 〜螺旋の章〜」予約キャンペーンがスタート
(2007/6/8)

「第1回声優アワード」授賞式を開催
(2007/3/5)

ハロウィンを「万マ節」でお祝い――「マ王!収穫祭」開催
10月29日、アニメ「今日からマ王!」のDVDシリーズが第二章「First Season VOL.3」まで発売されたのを記念して、「マ王!収穫祭」が行われた。出演声優たちによるトークショウなども催され、ファンがぎっしり集った会場は大いに盛り上がった。(2006/11/7)

予約特典は日常ボイス集&ドラマを収録したCD――「はかれなはーと 誰がために君はある?」
(2006/10/10)

「IF Bメイト★」第1弾タイトル「仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ」登場
アイディアファクトリーから新ブランド「IF Bメイト★」の第1弾タイトルとして、人気の「仔羊捕獲ケーカク!」をゲーム化した、「仔羊捕獲ケーカク! スイートボーイズライフ」が11月に発売される。(2006/9/4)

ラッセルから乙女向けアドベンチャー「はかれなはーと 誰がために君はある?」登場
「はかれなはーと 誰がために君はある?」は、とある理由で6人の男性から命を狙われることになった女子高校生の物語。でもその男たちから彼女は取り合いされるとか!?(2006/8/29)

帰省ラッシュも凌ぐ勢い?ネオロマ夏の風物詩「遙か祭」
8月12日、13日、パシフィコ横浜では「ネオロマンス・フェスタ 〜遙か祭2006〜」が行われ、悪天候にもかかわらず会場にはたくさんの女性ファンが押し寄せた。帰省ラッシュの最中、ネオロマンスの聖地ではさらなるラッシュが巻き起こっていた。(2006/8/28)

DVD「今日からマ王!」第二章開幕記念イベント「マ王!収穫祭」開催――ITmedia +D Gamesからもご招待
アニメ「今日からマ王!」のDVDシリーズが第二章「First Season VOL.3」まで発売されたのを記念して「マ王!収穫祭」を開催。このイベントにITmedia +D Gamesからも3名をご招待します。(2006/8/24)

「ネオロマンス フェスタ〜遙か祭2006〜」8月12日、13日に開催決定
(2006/6/16)

「あま〜い」言葉に気絶寸前――「ネオロマンス・ライヴ 2005 Winter」
次世代ゲーム機の発売で盛り上がりを見せた12月10日、11日。時を同じくして横浜では、約2万人の女性を魅了したイベントが開催された。(2005/12/22)

あのハイテンション・アニメがゲーム化「今日からマ王!(仮称)」――女性を中心とした開発チームが制作を担当
ナムコから、2004年4月からNHKで放送開始されているハイテンション・アニメ「今日からマ王!」をゲーム化した、プレイステーション 2用アドベンチャーRPG「今日からマ王!(仮称)」が登場する。発売日、価格は未定。(2005/10/21)

「フロンティア ストーリーズ」初回特典CDには全20曲のBGMと書き下ろしドラマ4編が収録
(2005/10/14)

コーエーから「遥かなる〜」のCDとDVDの新譜発売
(2005/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。