ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「森永理科」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「森永理科」に関する情報が集まったページです。

「テイルズ オブ」シリーズ15周年を祝うファンイベント――「テイルズ オブ フェスティバル 2011」開催決定
2011年5月28日(土)と29日(日)の両日、パシフィコ横浜 国立大ホールにおいて「テイルズ オブ フェスティバル 2011」が開催されることになった。(2011/1/21)

水樹奈々さん、子安武人さんなどが初登場――テイルズ オブ フェスティバル 2010
「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベント「テイルズ オブ フェスティバル 2010」が開催。出演声優によるシリーズおなじみのスキット(朗読劇)の様子や、水樹奈々さん、奥華子さんによるライブの模様を紹介していく。(2010/6/18)

今回も盛大に行います――「テイルズ オブ フェスティバル 2010」開催
6月5日・6日、パシフィコ横浜の国立大ホールにおいて3度目となる「テイルズ オブ」シリーズのファン向けイベントが開催される。(2010/1/29)

「エミル・クロニクル・オンライン」森永理科さん、mikoさん、桜川めぐさん キャラクターソングインタビュー
森永理科さん、mikoさん、桜川めぐさんが歌う、「エミル・クロニクル・オンライン」のキャラクターソングが発売された。発売を記念し、歌姫3人へのインタビューを行った。(2009/7/13)

予測不可能の大乱戦が待っている――「テイルズ オブ バーサス」
「テイルズ オブ」シリーズ歴代キャラクターによる夢の大乱闘が実現するPSP用アクション「テイルズ オブ バーサス」のなんでもありのバトルシステムを紹介する。(2009/6/26)

ねとらぼ:
声優さんがあなたを呼んで「元気出せ!」 音声合成デモサイト
「○○くん、元気出せ! 明日があるって」――女性声優が、あなたの名前を呼んで励ましてくれるサイトがある。(2008/12/24)

EZweb、ボーダフォンライブ!向け「時東ぁみ」着萌えボイスを配信
(2006/6/16)

「R2BEAT」初の公式オフラインイベント、ネッカ秋葉原店で開催
ネオウィズジャパンは6月10日、同社が運営する音楽ゲーム「R2BEAT」のオフラインイベント「R2BEATユーザーサンクスイベント」を、東京・秋葉原のインターネットカフェ「Necca 秋葉原店」にて開催した。(2006/6/12)

工画堂から“メカ少女”シミュレーション「ガジェット トライアル」発進
キャラクターデザインにEin氏を起用したメカ少女戦術シミュレーション「ガジェット トライアル」が工画堂スタジオから6月23日に発売される。(2006/5/31)

「R2BEAT」初の公式オフラインイベント、6月10日に開催
(2006/5/22)

工画堂スタジオから「ブルーブラスター」が登場
メインキャラクターデザイナーに羽音たらく氏、メカデザイナーに小笠原智史氏、獅子猿氏という豪華な顔ぶれとなったタイトル「ブルーブラスター」が2006年6月に発売される。(2006/4/25)

タイトー「ローゼンメイデン デゥエルヴァルツァ」の下僕にならないか?
タイトーは、月刊コミックバーズで連載されテレビアニメも第2期が放送中の「ローゼンメイデン」をプレイステーション 2用ソフトとして2006年3月に発売すると発表した。(2005/12/22)

乙女たちが再び自らの宿命に挑む!! 「ローゼンメイデン トロイメント」
人気テレビアニメ「ローゼンメイデン」の第2期シリーズ「ローゼンメイデン・トロイメント」が10月20日に放映された。そんな本作のアフレコ現場にお邪魔して、出演声優陣や監督からコメントをいただいてきた。(2005/10/26)

“かみさま”はなんと中学生!? TVアニメ「かみちゅ!」キャストインタビュー
6月28日(火)よりテレビ朝日にて放映開始予定の「かみちゅ」。その第2話アフレコ終了後、出演声優陣が本作の魅力について語ってくれた。(2005/6/9)

“ラグスタ”の詳細が発表〜ラジオの公開録音やトークショーなど
(2004/6/8)

「ラグナロクオンライン THE RADIO」3月30日より放送開始
(2004/3/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。